コーチングとコミュニケーション、カリスマ性を高める方法

コーチングとコミュニケーション、カリスマ性を高める方法
今回のテーマは、

コーチングとコミュニケーション、
カリスマ性を高める方法

について紹介します。

ブッダやモハメッド、孔子、老子、
イエスキリストといった偉大なカリスマは
なぜ人の心を惹きつけれるのでしょうか?

そして私たちも、
カリスマ性を高めて、

人々の心を惹きつけることが
できるのでしょうか?

その答えはコーチングに隠されています。

コーチングをマスターすることが
あなたのカリスマ性を高める方法と言えます。

周りに影響力を持つ
つまり周りの人を動かすことができる

このひとの言うことなら間違いない!

と感じてもらえる
コミュニケーション力がポイントです。

この人についていきたいと思われる事は、

ビジネスにおいても、
私生活においても、

非常に有利に運びます。

そんなカリスマ性を高める方法について
今回は探っていきましょう。

スポンサーリンク

しっかりしたコーチング理論を身につける

カリスマ性=結果を出した人

…では決してないようです。

名選手が必ずしも名監督になれないように、

ビジネスの世界でカリスマ性を持って
大きな成功、結果を出した人も

選手や部下を育てるのは苦手だったりします。

では、どんな人が人の才能を引き出し
成功に導ける人物になるのでしょう。

結局の所、

コーチングの技術を身に付けた人

というのが、コーチに適した人物です。

そうすることで、
サッカーのコーチが、ビジネスのコーチになり、
子育てのコーチでも成功できるのです。

ただし、それは

しっかりと裏打ちされた方法論を、
しっかりと身に付けておく事。

が必須になると言う事でもあります。

つまりカリスマ性と言う
他人に影響を与えるスキルは、

結果を出す+コーチング力

自分が成功した経験だけでは不十分で、

しっかりした理論の元
他人を成功に導ける必要があると言う事です。

成功体験はスコトーマになる

なぜ、
コーチングの技術を身に付けた人が
コーチとして適切なのかと言うと、

過去の成功体験による
スコトーマ(盲点)がない事、

が最大の理由です。

天才的なプレーで選手時代を
過ごしたプロ野球選手は、

独自のセンスと才能で
自らの能力を引き出しました。

天才的セールスマンは
独自の感性と意欲で圧倒的に
売り上げを高めて行くことができます。

ところが一転してそういった人物が
教える側、育てる側に回った時、

「俺は野球の天才だから」
「ビジネスの天才だ」 

という高いセルフイメージのまま
後進の育成に回った時

「なぜこんな事もできないのか?」

よくわからないのです。

自分が当たり前に自然に
できたことを他人に教えるのは
とても困難なことなのです。

そういう意味でも、
過去の成功に縛られる事が、
実は一番怖い事なのです。

しかしここで、
しっかりとっした理論に裏付けされた
コーチングを学んだ人は、

自分自身の成功例を引き合いに出し、
相手の押し付けてしまう、、

こう言ったことがなくなりますし、

先入観が少ないため、
純粋な目線で物事を見ることが出来る。

これが、コーチングをする人の
大きな武器になるのです。

イエスキリストの伝える力

また、人に伝える力、
コミュニケーション能力が高い事は、

カリスマ性、相手への影響力、
能力を引き出す力の秘訣です。

偉大の宗教家は、
その教えが素晴らしいだけでなく、

その言葉を「どのように語るか?」
は言葉以上に重要だったりします。

イエス・キリストが
カリスマ的な指導者である事は、

キリスト教徒ではなくても
認めるところでしょう。

しかし、いくらイエス・キリストでも、

漁師の所に行きいきなり

「お前キリスト教徒になれ!」

と言っても、彼らの心を
動かすことはできないでしょう。

しかし、

「私についてきなさい、
人間をとる漁師にしてあげよう」

そういう伝え方が
何よりも重要だったと言う事が、

聖書などを読むとよく分かります。

カリスマ性の高い偉大な宗教家ほど、
他人を動かす言葉の使い方を知っていると感じます。

そういった視点で、
ブッダやイエスの言葉を理解すると

あなたのコミュニケーションも
変わってくるかもしれません。

コーチング、コミュニケーションの技術を磨く

人を適切に動かすコミュニケーション、
コーチングの技術と言うのは、
適切に学べば、どの分野にも応用できますし、

誰に対しても
パフォーマンスをあげることが出来ます。

例えば、大手商社に、
有能な新入社員が入ってきたとします。

鳴り物入りで入社しても
ほとんどの場合、3年もたつと

「ただの人」

…になってしまいます。

なぜかと言えば、

一流社員一人で、企業の体質など
変えられるはずもなく、

どんな人であれ、その企業のカラーに
染まってしまいます。

結果的に、視野が狭くなるのです。

以前に紹介した、
バイオパワーや
リミティングビリーフにより

能力の発揮が邪魔される事に
すごく似ています。

そう言った人、

例えば同じ会社の先輩社員から
コーチングされたとしても、

既存の引き出しは受け継ぐことが出来ますが、

他業種の事となると、
さっぱりわからないと言う事になりかねません。

応用力もなく、
どこでも通用するスキル

つまり、
しっかりとしたコーチング力ではないのです。

大手会社に在職している人が、
他業種の人をコーチングしにくいのは、

こういった現実を把握していない点に
あると言うのが、私の意見です。

カリスマ性を発揮しよう

こう言った人がうまく
他人の能力を引き出すために必要なのは、

相手に納得させるためのカリスマ性

。。です。が、

カリスマ性なんてちょっとしたことで
付けれるものではありません。

しかし、真のコーチング理論を
身に付けることが出来れば、

あなたに対してカリスマ性を
周りの人も自然と感じるようになるのです。

もちろんそのカリスマ性も悪用すれば、
ヒトラーのように社会を混乱させてしまう
事もあるかもしれません。

しかしその能力を適切に使えば
他人を成功に導き

社会に良い影響を与える事もできるのです。

という事で、

カリスマ性を高める方法として
コーチングとコミュニケーション、

特に私はしっかりしたコーチングスキルの
理論体系を基礎から学ぶことをおススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>