これからの日本人、組織、企業にコーチングの導入が必要な理由


今回のテーマは、

これからの日本人、組織、企業に
コーチングの導入が必要な理由

について紹介します。

現在の疲弊している日本社会において、

こんな時代だからこそ、
日本人にコーチングが必要な理由を
これから述べていきたいと思います。

日本ではここ10数年に渡り、
明とし3万人以上もの自殺者がいて、
大きな社会問題にもなっています。

毎年3万人以上の人が、
人生に絶望して見時から命を絶つ…

そんな状況だからこそ、

どんなに絶望的な状況に見えたとしても、
必ず希望に変えられることを

多くの人に知って欲しいのです。

その為に日本にも
もっとコーチングの考えは浸透して
行かなければいけないと思います。

日本にもっとコーチングの考えが
浸透すればより幸せで豊かな人生を
送る人が増えると思うのです。

なので今回は、
これからの日本人、組織、企業に
コーチングの導入が必要な理由を
具体的に考えて行きましょう。

スポンサーリンク

管理主義から協働主義へ

これからの日本にコーチングの
導入が必要な理由のひとつ目が

「従来の管理主義では対応できない」

と言う点です。

企業に置いて、1990年代から、

激しい競争を勝ち抜くために、
自らが改革することを求められてきました。

組織内で情報を出来るだけ早く共有し、
より柔軟な決断を下す必要が出てきたのです。

なので従来のように、

上司が部下を指導する

と言う管理主義では、
目標達成のスピードが遅く、

素早い経済の変化には
対応できなくなってきています。

そこで最近では多くの企業が、
従来の管理主義ではなく、

コーチングの手法を取り入れ、
上司と部下がコミュニケーションを取り合って、

部下に自発的行動を促し、

目標達成のスピードを向上させる
必要性があるのです。

コーチングを導入しない企業は

これから厳しい企業間の
生存競争に勝ち残れないのです。

コーチングのスキルと言うのは
これからの日本でのビジネスの発展にとって、

必要なスキルです。

従来のリーダーシップ理論に
とらわれることなく、

柔軟にコーチングスキルを
取り入れていくべきでしょう。

大リーグと日本の野球で練習の考えが違う

もちろんアメリカが正しく
日本が間違っているとは決して言いません。

しかし、日米で人の育て方に関して
興味深い違いがあるのも事実です。

例えば、野球の世界で
大リーグでコーチ体験のある

立花龍司さんが興味深い話をしていたのですが、

「日本はさぼる人に
合わせて練習メニューを組み、

アメリカでは自分で努力する人に
合わせて練習メニューを組む」

という事です。

キャンプインと共に厳しい練習をする日本に比べ、

アメリカでは選手の家族としゃべりながら
平和に練習をするそうです。

メジャーリーグのキャンプの
練習時間が短いのは、

キャンプインの段階までに、
選手が各自で基礎トレーニングを積み、

既にゲームの感覚をつかむ
実践練習に入るコンディションになっている、

一方で日本の選手たちも、
基礎レーニングをしてキャンプに望みますが、

キャンプインと同時にまた、
自主トレと同じく体力づくり的な練習を恥じ間ます。

これは日本の指導者の間に、
自主トレでは十分ではないと言う
認識があるからだといいます。

長所を伸ばすコーチング

日本のプロ野球は自主トレを
さぼる人に合わせて

練習メニューを組む一方で、

メジャーリーグでは、
自分で練習してくるのが当たり前
という前提でメニューを組みます。

人間は進んで努力する面もあれば
さぼる一面もあります。

どちらが本当に正しいか
決めるのは難しいですが、

・人間はさぼる習性があるから
お尻を叩いて管理しなくてはいけない

・人間は前向きに行動する習性があるから
信じて任せた方がうまくいく

メジャーリーグでは、
ユニークなバッティングフォームや
ピッチングフォームの選手が多く、

日本では型にはめたがる指導者が
多いと言われています。

メジャーでは長所を活かすのが基本に対し、

日本では短所を矯正することが
基本になっていることを象徴的に表すような話ですね。

長所に目を向けて
相手の力を引き出すと言う意味では、

相手を信じ自主性を重んじる
アメリカ型の指導の方が

才能を伸ばしていけるでしょう。

そういう意味でもコーチングは、
長所を伸ばし自主性を引き出すやり方なので、

これからの日本にも
必要になる考えになってくるでしょう。

正直に自分のことを話す

次にこれからの日本人、組織、企業に
コーチングの導入が必要な理由の
二つ目として挙げられるのが、

「自分の事を正直に話せる人がいない。」

と言う点です。

人は、自分が考えていることを整理する為にも、
無意識に話を聞いてくれる人を求めています。

話を聞いてくれる人を求めている

とは言え、

自分の弱さや、抱えて困っている問題を、

そう簡単に

知人や友人、または会社の同僚には
なかなか正直に話せるものではありません。

そう言う話をすると、

「●●さんは私達の抱えるイメージと違う人」

というマイナスのイメージのレッテルを
張られるのが怖いのです。

そのレッテルが噂話として、さらに
多くの人たちに広がってしまうと、

自分に貼られたレッテルをはがすのに、
多くの時間とエネルギーを使うようになります。

ですから私たちは、

自分の弱さや、
問題を他人に知られないように、

「見せかけの自分」

という仮面をかぶって生活しています。

人は、自らの不満や問題を
誰かに聞いてもらい吐き出すだけで、

心がずいぶんと楽になるものです。

しかし、今では人間同士が

心を吐き出してコミュニケーション
出来る機会が少なくなっています。

だからこそ、

コーチングと言うスキルが
必要になってくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>