日本とアメリカのリーダーシップの役割の特徴、考え方の違い


今回のテーマは、

日本とアメリカのリーダーシップ
の役割の特徴、考え方の違い

について紹介します。

古今東西の成功者はほぼ例外なく
「人材」こそが成功のための最大の資源
であることを熟知しています。

ビジネスでも家庭生活においても、
成功する人は、

共に目的地を目指す人たちに、

「どうすればもっとうまくやれるだろう」
「もっといい結果を出すためにはどうしたらよいだろう」

…と問いかけ、
効率的に答えを引き出すことに長けています。

つまり、リーダーシップを発揮する
能力がずば抜けて高いのです。

どんな優秀な人間でも、
才能豊かな人材を集めた有能なチームに
太刀打ちできないことをよく知っているからでしょう。

ではこれから日本とアメリカの
リーダーシップの考え方の違いを通じて、

あなたがこの社会でより成功する為に
必要な人間関係やリーダーシップについて
考えて行きましょう。

日米のリーダー間の違いの特徴

日本とアメリカのおける
リーダーシップに対する考え方、

どちらが優れているとは
一概には言えませんが、

それぞれに素晴らしい部分があり、
またそれぞれにスコトーマ(盲点)があります。

日本では従来からの考えとして、

リーダーと言うのは、

「人の上に立つ人は徳がないといけない」

と考えられてきました。

「リーダーは誰から見てもいい人」

でなければいけないと考えられていて、

仕事ではもちろんのこと、

性格やプライベートでの行為ですら
いい人であることが重視されてきました。

ある種の完ぺきな人格者であることが求められる。

たしかに理想的ではありますが…
人間は完ぺきではありません。

これまでの日本では、
政治や経済の世界などで突出した
才能を持つ優れたリーダーたちも

ちょっとした私生活のスキャンダルや噂が原因で
足を引っ張られたり失脚してしまったり、

ちょっとした事が原因で叩かれる…

これではなかなかリーダーが
育たない風潮が出来上がってしまいます。

アメリカではリーダーに「良い人」は求めない

一方でアメリカでは

リーダーと言うのは、

「あくまで役割の一つ」

…と割り切って考えられていました。

つまり、リーダーだからと言っても、
必ずしもいい人である必要はないと考えていて、

むしろ、

「人から好かれたいという欲求が強い人は
リーダーとしては適切ではない」

…と言うデータすらあるのです。

「人から好かれるべきか、、」

というのはなかなか正解の導き出しにくい
考えさせられる問題ですが、

「人から好かれたい」という信念が一度
できてしまうとリミティング・ビリーフが作られ
行動のブレーキがかかることがあります。

例えば、人から好かれたがる人は、

組織にとって必要な改革でも、

「これをやると皆から嫌われるんじゃ、、、」

と思って思いきったことが出来ない
とすると問題もできますね。

現状維持を目指して
波風を立たないで進む、

特に競争の激しいビジネスの世界では
こういったリーダシップでは
勢いのある組織は育ちません。

リーダーの役割って何?

もちろん、人間は誰しもが人から好かれたい
と言う気持ちを持っていますが、

それはあくまでも人間関係としての願望であって、

組織を運営するリーダーが持つ
感情としては誤りだと言って良いでしょう。

そして、

好かれたいと言う気持ちは
リーダが持つべき感情ではない。

こう言った考え方は、リーダー
以外の人も理解していく必要があるのです。

アメリカなどでは、

「あの人は個人的には嫌いだが、
リーダーとしては評価できる」

・・そう考える人が多いのです。

「個人的な感情」と「組織的な成果」を
分けて考えることができると言う事。

一方で日本では、、

「憎まれっ子世にはばかる」

ということわざもある通り、

人から好かれていない人が
社会的に重要な仕事をしてきたという
例は数多くありますが、

そのことわざに感じるイメージは
やはりネガティブなイメージですね。

それよりもリーダーシップを
発揮する人への評価は、

「あの人は人間的には嫌いだけど
その手腕は素晴らしい」

など、能力と性格は分けて考えるべきでしょう。

日米のリーダーシップの役割の
特徴、考え方の違いを知れば、

良い部分を取り入れられるでしょう。

嫌われる事を恐れないリーダーシップの特徴

しかし、これからの日本でも、

ビジネス、政治、経済の分野で
リーダーのポジションの人たちは、

嫌われる事も恐れない有能なリーダシップ

が強烈に求められていくでしょう。

私たちも、個人的な好き嫌いと
リーダーとしての仕事に対する評価を

分けて考えなくてはいけない場面が
どんどん増えていくのではないでしょうか。

アメリカが良くて日本がダメ。。。

そう言うつもりは全くないのですが、

やはり国際的な競争力が
求められるこの現代社会において、

足の引っ張り合いをするのではなく、

能力をしっかり評価する
空気をしっかり作らないといけません。

リーダーはリーダの仕事をまっとする
これが大切ですね。

リーダーは敬意と感謝を表せる人

アメリカ的であれ、日本的であれ、

いずれにせよ、
リーダーシップの本質は人間関係です。

アメリカ的に結果主義に偏り

「成果が出ればOKなんだから、
リーダーは社員をリストラしまくればいい」

と人を無視した考え方では
組織の長期的な繁栄はないでしょう。

際立った結果を出せるリーダーは、
他人に対して敬意と感謝の気持ちを
示せる人です。

「エクセレント・カンパニー」の著者
トム・ピーターズとロバート・ウォーターマンは

優良企業のエッセンスを抽出した
優れた本を世の中に送り出しましたが、

その中の一つに
「人間に対する熱い関心がある」
「優良企業では、個人を尊重する文化がある」
と述べています。

どんな企業であれ、
人を有効活用する事は重要な課題なのです。

ただ、こういったリーダーシップに
関する信念や理念は

「言うは易く行うは難し」です。

人を尊重すると言うのは大切ですが、

それは「人から嫌われないようにする…」
とは微妙に異なるものなのです。

NOと言える勇気を持とう

もしあなたが、

仕事を手際よくこなし、
人間的にも穏やかで、
誰からも好かれるタイプ、、

…だとしても、

それがこれからの世の中、必ずしも
喜ばしい事ではなくなるのです。

そんな人ほど、実は、

上司や、同僚、部下からあてにされて、

ちょっとした油断をきっかけに
あなたの周りには色々な
相談や頼みごとでいっぱい。

自分の事を器用貧乏だと、
恨めしく思ったりするのです。

たくさんの仕事が自分の周りに集まってくる

このことが逆に本来の仕事に
支障が出てくると言う事があれば、

あなたのマネジメント力は
決してほめられたものではないと言う事です。

それどころか、

仕事を抱え込んでしまう人と言う
レッテルを張られ、

マイナス評価をされる危険すらあります。

人から頼まれると、嫌とは言えない、

そう言う人は、いくら器用で会っても、
会社にとってのお荷物と言う風に
考えられても仕方ないです。

そんな人こそ、

自分に何かかけてるものは無いか?

そう考える必要があります。

これからの社会に求められるのは、
適切なリーダシップを発揮できる能力であって、

いい人から脱却することなのです。

日本とアメリカーのリーダーシップの
役割の特徴、考え方の違い
ぜひ参考にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>