ブレない自分の軸を見つけ出す、粘り強さを身につける方法

ブレない自分の軸を見つけ出す、粘り強さを身につける方法
今回のテーマは、

ブレない自分の軸を見つけ出す、
粘り強さを身につける方法

について紹介します。

さて、前回まで、

自分自身を良く知る事や
ゴール設定の大切さを
学んできましたが、

あなたがどこに行きたいか?

という夢や目標は少しずつ
見えてきたのではないでしょうか?

今回は、自分の夢を実現する為に
自分の軸を強く持つ方法について
紹介しましょう。

人が成し遂げることというのは、
全て粘り強さによってもたらされるものです。

自分が何を望んでいるか明確にし、
そのために必要な行動に着手し、

どんな困難にあっても
達成まであきらめない力こそ、

成功に不可欠なものです。

そのために揺るぎにない
勇気と自信を育むことができれば、

つまりぶれない自分の軸さえ持てば、
この世のあらゆる可能性があなたの前に
広がるのです。

スポンサーリンク

自分の軸を見つけ出す方法

人は生きていると困難に必ず遭遇します。

しかし大きな結果を出す人と、
小さな結果しか出せない人の違いは、

そういった逆境や困難を
成長の糧に出来るかどうかです。

結果を出せない人は、そういった
困難な逆境の前に屈してしまうのです。

ナポレオン・ヒルは
「思考は現実化する」の中で、
こう書いています。

「成功を手にする前には、
一時的な挫折や失敗を味わう覚悟が必要だ。

挫折に打ちのめされたら、
すぐさまやめるのが最も簡単で、
理にかなった手段だ

だから大半の男女はそうするのだ」

…と、

何があっても諦めないで
前に進むパワーこそが成功者の資質です。

粘り強さを身につける人こそ
目標を達成できる人です。

そのために何があってもぶれない
自分の軸を見つけ出すのは必要不可欠なのです。

そして、
ブレない自分の軸を見つけ出すには、

・恐怖心を克服すること
・セルフイメージを盤石にすること

この二つの方法があります。

まずは恐怖心の克服する方法から
解説していきましょう。

恐怖心が生まれる原因とは?

ここで少し想像して見て下さい。

この世の中に恐れるべきものが
何一つなかったとしたら、

あなたは何をいったいするでしょう。

恐怖心というのは
「無知」が故に起こるものです。

情報がもし不十分な場合、

人は自分の行動の良く末を
考えてく不安になるものです。

知らない…無知が故に、

変化や未知のものを恐れ、
新しいものや異質のものを
排除しようとするのです。

逆に言えば、
情報を知って経験を積むことで、

自分の軸や自身は育まれます。

あなたも、例えば、
車の運転や、スキーなど、

他にもな何か特定の仕事の分野で
既に習得できているがゆえに、

恐怖心を感じないと言う事があるはずです。

知識と経験が裏付けとなって、
何が起きても対処できる自信があるからです。

恐怖は目に見えないから怖いのです。

でもいつまでも恐れていても
前には進めません。

恐怖を分析するエクササイズ

では恐怖心の原因が分かった所で、
次に自分の恐怖心を

客観的に特定し、定義し、
分析するエクササイズをしましょう。

まず紙とペンを用意して、一番上に

「私は何を恐れているのか?」

と書きましょう。

そして次に、事の大小にかかわらず、
あなたが不安、恐怖を覚えることを
すべて紙の上に吐き出してみkて下さい。

・・・
・・

…いいですか?

自分の思考や行動に影響を及ぼしている
と思われる恐怖の対象をすべて書きだしたら、

次にそれを重要な順番に並べてみて下さい。

あなたの思考に一番影響を及ぼしているもの、

二番目、三番目と上位に入っている
恐怖心それぞれに関して

以下の質問に答えて下さい。

1.この恐怖は具体的に
どんなふうに自分の足を引っ張っているか?

2.これまで、この恐怖心が
自分の役に立ったことがあるか?

3.この恐怖心が情滅したら、
どんな事態になるだろうか?

このエクササイズで、
自分にとって最大の恐怖心を
客観的に検証することで

私は冷静にそれを消し去るための
第一歩を踏み出せたのです。

ブレない自分の軸、
粘り強さを身につけるために、

恐怖に立ち向かうのです。

そして恐怖というのは客観的に
把握が出来れば、

それは足を引っ張る敵ではなく、
あなたを守る味方になります。

以上のエクササイズを
まずはやってみてください。

では次に自分の軸を見つけるために
セルフイメージを強固にする方法を
紹介していきましょう。

強固なセルフイメージを作る方法

セルフイメージが自分の行動をつかさどる
という話は以前もしましたが、

自分の夢の実現にとって
最もふさわしいセルフイメージを作り
そのイメージを強固するために、

以下のエクササイズをしてみましょう。

例えば、

「オリンピックの水泳で金メダルを取る」

とういう事があなたの夢だった場合、

どういう自分であるべきかを考えるのです。

つまり夢を達成した時の
セルフイメージを考えると言う事です。

そしてもう少し具体的に考え、例えば、

1、金メダルを取るために世界記録を破る
2、各国のライバルよりも多くの練習をする
3、自分の練習を科学的に分析しておく
4、メンタルで負けないように心を鍛える
5、十分な練習が出来るように環境を整える

…など

こう言うように、大きな5本の柱となる
基準を設定します。

そして金メダルを取った時のイメージも
同じように5つ考えます。

1、金メダルを取り、全国から注目される
2、多くの人にお祝いをしてもらえる
3、今までの努力が報われる
4、多くの人が水泳の魅力に気づいてもらえる
5、歴史に名が残る

といった具合です。

こう言う事をやっていくと、

夢を実現する為に
今の自分がどうあるべきかと言う5つと

夢を実現した時のイメージ5つが

掛け合わされて、合計25個のイメージが

夢を実現するセルフイメージとなるのです。

こう言うセルフイメージが出来れば
あなたの夢実現は盤石になります。

粘り強さが身に付き、
自分の軸が強固になります。

セルフイメージがあなたをサポートする

このようなセルフイメージが出来ていれば、

何かしらのアクシデントがあった場合も、

北島選手のように、風邪で体調を
崩してしまったとしても、、

セルフイメージが完成していますから、

「このアクシデントを乗り越えて、
またいつものように練習すれば金メダルが取れる」

…と言うように、

具体的な条件が出来上がり、
それが維持されるようになります。

つまり粘り強さを身につける
ことが出来るようになるのです。

後はこれらを使って
アファメーションを作り上げていけば、

自分の夢をはっきりと見つけていくことが
出来るようになります。

そしてその夢に向かって
行動し続けられるようになります。

ここまでの話を聞いて、

「私は既に夢を見つけています
だから次の時点から始めます」

…と言う人が出てくるかもしれませんが、
ぜひこのプロセスから律儀に行ってみて下さい。

なぜかと言うと、

あなたにとって、本当のゴールが何か?

と言うのは意外と見つけにくいものです。

あなたが夢に向かおうとする最初の
段階での望ましいゴールは

いわゆるスコトーマ(盲点)に
隠れている可能性があります。

なので、まずは暫定的なゴールを設定してから、

進みながらセルフイメージを引き上げていくのが
最も効率的な方法と言えるのです。

ぜひこのエクササイズを実践してみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>