深く自分自身を知る、自分を理解する方法とメリットと必要性

深く自分自身を知る、自分を理解する方法とメリットと必要性
今回のテーマは、

深く自分自身を知る、自分を
理解する方法とメリットと必要性

について紹介します。

リーダーと称される人たちや、
様々な分野で成功を収めている人たち

全員が共通して持っている特質の中で

最も重要なのが、

「己を知っている」

という事です。

つまり、自分自身の事を深く知っているのです。

彼らは、自分が何を信じ、
何を貫きたいかを認識しています。

逆に、多くの普通の人は

自分の目標や価値観や理想が曖昧で、

試行錯誤を繰り返しているだけで、
大した成果を挙げられません。

成功者というのは、
自分自身を深く知っているおかげで、

人並みの、、いやそれ以下の
能力やチャンスしかなくても、

偉大なことを成し遂げて行くのです。

深く自分自身を知ることは
大きなメリットがある訳です。

スポンサーリンク

自分自信を深く知る3つのステップ

これから、あなたの夢を確実に
達成に向かって行くための様々な
ツールを提供していくつもりです。

しかしどんなに強力な武器を与えた所で、

「その武器を使いこなす本人が
自分のことを何も分からない・・」

そんな状況では宝の持ち腐れになりかねません。

なのでテクニックを知って使う前に。
やって欲しい事があります。

まずは自分自身の事を深く知る作業をして下さい。

以下の三つのステップを
紙とペンを用意して律儀にやることで、

あなたは自分自身をこれよりも
より深く理解できるようになるのです。

ステップ1.人生の棚卸

ステップ1.

これまでのあなたの人生の棚卸をする。

例えば、

・あなたの長所・短所は何ですか?

・今満足している点、不満足な点は何ですか?

・もっと人生で向上したいと思う点は何ですか?

・心から楽しんでいるものは何ですか?

・心から嫌っているものは何ですか?

・もし望み通りの人生が送れるならば、
どのような人生を選択しますか?

・「失敗しない」という保証がされていたら
何にチャレンジしてみたいですか?

・1年後、5年後、10年後にやり遂げたい事は何ですか?

ステップ2.主体性を確かめる

ステップ2.

これまでのあなたの人生で起きた変化、
「自分が求めたもの」「自然に起こったもの」
に分けて考えてみる。

例えば、

・大学は自分の志望校に入りましたか?

・就職先は自分の第一志望でしたか?

・大学を卒業して就職した時
自分の考えや行動で変わった点はありますか?

・今配属されている部署は自分が望んだ所ですか?

・今住んでいる家は自分で探してきましたか?

・結婚は考えていた年齢でできましたか?

・子供は計画して出産しましたか?

ステップ3.ゴール設定

ステップ3.

次の七つの段階を踏んで、あなたのゴールを設定する。

1.目標を書き留める

2.明確かつ具体的な目標を立てる

3.最終目標をいくつかの短期的な目標に分ける

4.最終的な目標は叶えられそうなことでなく、
魅力的でチャレンジしがいのあるものにする

5.目標達成にたどり着くまでに
後退やアクシデントも織り込んでおく

6.進歩した時は自分を褒める

7.アファメーションとビジュアライゼーション
二つのツールで目標を支える

人の内面は外面に表れる

自分を理解する方法として
以上の3ステップをここでぜひやって下さい。

デール・カーネギーさんの言葉で

「その人が何において、
一番自分の価値を見出しているか
それを教えてもらえば、

その人の人生哲学の全てを
解き明かして見せよう」

と言いました。

一が何を考えているかは、
その人の生き方を見れば分かります。

前向きでポジティブで
内なる目標と未来を目指して
生きている人は、

たいていの場合、
幸せで実りの多い人生を享受しています。

そして、人が最も幸せを感じるのは、

外的世界での行動が、
内的世界の価値観と合致した時なのです。

自分にとって正しく、真実であることと
調和して生きているとき、

人はおのずと自分自身や世の中に満足し、
前向きな気持ちになるのです。

ぜひ上記の自分自身を深く知る方法の
エクササイズを律儀にやってみて下さい。

自分を理解する事にはメリットがあり

成功する為に必要性のある行為です。

なによりもこの作業が、
これからあなたの人生が幸せで
豊かになることの武器になります。

見えてなかった自分が見える

この作業をしてみるだけで、
これまでスコトーマ(盲点)として見えないで
隠れていた部分が明るみになってきます。

その為の成功のリソース、資源が
隠されているのです。

なのでこのとき注意して欲しいのが、

自分の人生を振り返り考えてみたときに、

過去の失敗や間違いを
客観的に把握するのは構わないですが、

誰かを非難したり、
批判したりしないようにして下さい。

そのような事をしても
それは何の解決にもならないからです。

スタート時点の現在の地自分を
出来るだけ正確に把握して、

それをどう変えていきたいかという
イメージを具体的に掴んで、

暫定的でも良いので
目標の設定を行う事が大切です。

「過去にこう言う事が起きたから
今こうなってしまっているんだ・・」

そういったネガティブな考え方は
捨ててしまって下さい。

どこまでも未来に目を向けて、
未来の幸せを確信することが大切です。

以上の方法を参考にして、

深く自分自身を知る必要性を知り

自分を理解する方法の
メリットを活かして行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>