抽象度を上げる方法、抽象的思考を鍛えるトレーニングや訓練

抽象度を上げる方法、抽象的思考を鍛えるトレーニングや訓練
今回のテーマは、

抽象度を上げる方法、抽象的思考を
鍛えるトレーニングや訓練

について紹介します。

才能や思考パターンと言うのは
もちろん生まれながらの部分もありますが、

後天的に磨くことは可能です。

筋力や記憶力と同じく、

抽象度の高い思考と言うのも
トレーニングによって鍛える事が可能です。

抽象度の高い思考が一度身に付くと、

仕事面で上手くいくのはもちろんのこと、

一度に複数のことができるようになったり、

今までの十分の一の時間の
学習時間で試験に合格出来たり、

さらにどんなスポーツでも
上達できるようになったり、

今まで一年かかったものを一日で
マスターする事も不可能ではなくなります。

つまり、

「思考の抽象度の高さこそ
その人の能力を決定付けている」

…と言っても過言ではないと言う事です。

本を読んで知識を付けたり、
資格の勉強をしてテストを受ける

というのももちろん良いですが、

言うなればこれは左右の知識が広がる
水平思考の鍛え方です。

物事の深みやレベルを鍛える垂直思考が
できる人はなかなかいません。

だから、しっかりと
時間とエネルギーをかけ

抽象度を高くするための
意識を持つ事は大切です。

そして物事を抽象度の高い存在として捉える
トレーニング、訓練をする事によって、

抽象度の高い思考を身に付ける事も可能です。

その為のトレーニングの方法を二つ紹介します。

スポンサーリンク

抽象的思考を鍛えるトレーニング

まず、なんでもいいので、

目の前にある全ての物に対して
解釈を重ねていく訓練をします。

例えば、

それがいつ、どこで、どんな理由で
作られるようになったのか、、

原材料はなに?どんな効果があるの?
似たものは何なの?

と説明する訓練をすると良いです。

具体的にいえば、

ノートパソコン「レッツノート」
が目の前にあるのであれば、

パソコンの歴史や、パナソニック製品で、
パナソニックはこんな会社で
どういう機能があって、

など、

こうしてひとつのものに対して
解釈や説明を深めていき、

何も知らない子供に教えるつもりで
細かくするトレーニングをしてみるのです。

そして今度はそれを、

一度目をつぶって、開けた瞬間に
解釈や説明した内容が目に飛び込むように
イメージトレーニングを繰り返します。

つまりひとつのものを
複数の視点から見て、

その視点を深めて行くと言う
訓練方法です。

何度もこの思考訓練を繰り返すと、
いつの間にか、抽象度の高い思考
と言うのが身に付くのです。

このトレーニングは、

身近にある様々なものでやると
驚くような効果があるでしょう。

抽象度を上げる方法や訓練

もうひとつの方法が、

単語カードを用意して
そこにランダムに単語を書き出して行きます。

「りんご」「キリン」「はしご」「パソコン」

…など何でも良いので、
名詞をそこにランダムに書きます。

理想的にはトレーニングパートナーを作り、
書いてもらう方が良いです。

次に、無作為に3枚選び、

その三つを組み合わせて
なんでもいいから

「商品化」します。

それが使えるか、作れるか、
はひとまず置いておいて、

必ずその三つを作った商品アイデアを作ります。

「りんご」「キリン」「はしご」

であれば、

「リンゴをもぎ取るキリン型のハシゴ」

「時計」「コーヒー」「くつ」

であれば、

「セットした時間に、コーヒーの
香りが漂ってくる靴を開発!

朝コーヒーを飲む余裕がない人も、
通勤中にコーヒーを飲んだ気分になれます。」

…などなど単語を組み合わせて
奇抜な発想につなげるのです。

この訓練のポイントは
売れるアイデアを考えると言うより、

抽象的思考を鍛える事になるのです。

リンゴ=食べ物
パソコン=仕事道具

などと一方的な発想を外し、

三つものの抽象度を上げ下げしながら
組み合わせる事ができます。

どんなものでも抽象度を変えれば
共通点が見つかるのです。

こうした訓練を続ければ
抽象的思考を鍛える事ができるのです。

抽象度を上げる事であなたは成功できる

実はこのアイデア訓練を実践したのは
ソフトバンクの孫正義社長です。

彼がアメリカの大学生だったころ
お金を稼ぎたかったが、

あまりに勉強が忙しい…

そこで一日に5分だけ、
自分に勉強以外の時間を許そうと決意します。

しかし5分で金を稼ぐには、
肉体労働や時給でお金を稼ぐ方法では不可能です。

そこでどうするか?…

一日5分発明して、特許を取ろうと考えます。

そして毎日毎日、先ほどの組み合わせを
「アイデアバンク」と呼ばれるノートに
発明を書き記していき、

「これを一年間やったおかげで、
大きな自信につながった」

と孫正義さんは語ります。

そして結果的に、

孫さんは在学中に世界初の
音声付き電子翻訳機を発明し、

シャープと1億円の契約を交わしています。

トレーニングや訓練を続ければ
気づかないうちに抽象度を上げる
事になり、

IQを高める方法となり
思考力が高まるのです。

あなたの夢を実現する為に、

抽象度の高い考え方と言うのを
引き出せるようにコーチングすることが出来れば、

物事の本質を理解して、
その人の持つ可能性を飛躍的に
高める事も出来るのです。

最初は慣れなくても徐々にできるようになります。

ぜひ、抽象度を高めるトレーニングを
習慣にしてやってみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>