イチロー選手はなぜ成功できたか?才能よりも独特の思考の違い

イチロー選手はなぜ成功できたか?才能よりも独特の思考の違い
今回のテーマは、

イチロー選手はなぜ成功できたか?
才能よりも独特の思考の違い

について紹介します。

日本が世界に誇るスーパースター

誰しもが天才と認めるであろう
大リーガーのイチロー選手、

確かのその有り余る才能は
誰もが認める所ですが、

彼の突出した結果は才能だけでなく、
その独自の「思考」にも現れます。

そして才能は真似できませんが、
思考は我々も参考にできます。

イチロー選手が、
日米通算2000本安打を記録した時、
彼はこう言っています。

「もっと、もっと、うまくなりたいです。」

…いたってシンプルのこの言葉に

イチロー選手の成功の
秘密が隠されていると感じます。

超一流の野球選手として
実績を積み重ねてきている彼の
思考と才能の秘密を探っていきましょう。

スポンサーリンク

ポテンシャルを引き出す法則

プロとしての心構えについて
記者から聞かれたイチロー選手は

「力を出し切ることは難しいですよ。
苦しくて、苦しくて、倒れそうになります。

でも、それをやめてしまったら終わりです。
プロの資格はなくなりますね。」

と答えています。

こう言った言葉から、
一流と並みのアスリートの
違いが分かる気がします。

やはり最終的に結果を生むのは、
才能よりもメンタルの力が差を分けるのです。

人と言う動物は、

普通の感覚でゴールを設定してしまった場合、

例えば、100メートル走るなら、
90メートルからは流してしまうものです。

つまり、普通の感覚だと、

90メートルを走った時点で、
「もうゴールしたも同然」
と思ってしまいがちなのです。

しかし、この感覚が、
凡人と成功者を分ける差の可能性があります。

イチロー少年が見ていたもの

例えば、
イチロー選手を見てみると、
「普通のゴールで終わり」という感覚の
そこにはとどまってないように思います。

イチロー選手の幼少期の夢では、

ただ「プロ野球選手になる」というだけでなく、

「周りの選手かたあいつみたいになりたいと思わせたい」

とゴールをさらに先に設定しているのです。

こうした思考が、イチロー選手には
若い頃の時点で身についているからこそ、

プロの世界に入って、
メジャーに舞台を移しても数々の記録を残し、
素晴らしい活躍ができるのでしょう。

才能VS思考

イチロー選手は、もちろん多くの
才能を持って生まれてきた事でしょう。

しかし、

人間の才能というのもは、

そのそも才能の違いだけで、人の何倍もの
結果が出せる程の違いがあるほどの差はありません。

別にイチロー選手は、普通の人に比べて
身体の大きさが2倍あるわけでもなく、
脳みそが3倍の大きさある訳ではありません。

でも結果は大きく変わる。

その差は決して才能だけでなく、

要は、

いかに自分の思考をうまく活用したか。
それだけの違いなのです。

意識の差がレベルを変える

もちろん、野球の才能がなくて
メジャーリーがになることは無理でしょう。

しかしそれはあくまでも
必要条件でしかありません。

なにより、満ち溢れた才能を持ちながら
一流のアスリートになりえなかった人物
の方がはるかに多いことからも、

それは分かるでしょう。

才能があるのに越したことはありません。

しかしそれだけでは成功できないのです。

一流と二流を分ける差は、
才能の差ではなく意識の差

才能の差は人それぞれ10~20%
くらいしか変わりません。

でも、意識の差は3倍、5倍、
10倍以上の違いを生むのです。

さらに意識というのは
一瞬で変えることができるのです。

「私は才能がないから…」

と夢や成功をあきらめる人が多いですが、
これはとてももったいない事です。

才能のチェンジは無理ですが、

意識のチェンジは今日からでも可能です。

そして意識のチェンジが
行動のチェンジを呼び起こし、

行動のチェンジがあなたを
成功に導いてくれるのです・。

私たちは、この一路選手の思考を
ビジネスや仕事の成功に応用しなければなりません。

イチロー名言集ビデオ↓

イチロー思考を目標達成に応用する

ぜひ、これまでのあなたの目標を
ここでもう一度見つめ直し、

「このゴールでいいや」という妥協の目標でなく、
目標のさらに先に設定できないか?
考えて書き出してみて下さい。

このページを読んでくれているあなたも
持っている可能性は無限にあります。

しかし、現状であまり自分の
思うような成果が出せていないならば、

それは自分の中の固定概念によって
勝手に限界を作ってしまい
自らのその可能性を狭めてしまっているのです。

良く思考は現実化すると言われますが、

自分で成長の限界を決めてしまえば
成長はそこで終わります。

そういう意味でも、

コンフォートゾーンを高く設定し、
あなたの夢を拒むバイオパワーに毒されないようにする

そんな姿勢が大切なのです。

イチロー選手はなぜ成功できたか?

これまでのコーチング理論と合わせて
彼の才能や思考を参考にしてみましょう。

今までの話をよく理解して

もう一度あなたの目標を見つめ直して見て下さいね。

実践こそが何よりも大事なのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>