イチロー、本田圭祐、石川遼の少年時代の恐ろしく明確な夢

イチロー、本田圭祐、石川遼の少年時代の恐ろしく明確な夢
今回のテーマは、

イチロー、本田圭祐、石川遼の
少年時代の恐ろしく明確な夢

について紹介します。

前回まで、コーチングにおける
目標設定の極意について紹介してきましたが、

いかがでしょう、
あなたの目標はうまく設定できましたか?

目標は具体的であればあるほど
パワフルに効果を発揮します。

漠然とした生き方をして
気がついたら山の頂きに立っていた…

なんて言う事はありません。

目的と目標を持って生きる事が
成功への第一歩となるのです。

しっかりした目標設定さえできれば、
後は自動的に目標に進んでいきます。

そこで今回は目標設定の際に参考になる、

イチロー、本田圭祐、石川遼の
少年時代の夢について紹介します。

彼らの少年時代の恐ろしく明確な夢に
私たちが学ぶことはたくさんあります。

スポンサーリンク

イチロー少年の夢

アメリカ大リーグで活躍するイチロー選手。

彼は小学校六年生の時に書いた作文で
恐ろしく明確な夢を語っています。

驚くほど冷静かつ、志の高い
目標設定をしていることが分かります。

……………

「僕の夢」

僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学、高校と全国大会に出て
活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには、
練習が必要です。

僕は、3歳の時から練習を始めています。

3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが、
3年生の時から今までは、

365日中、360日は激しい練習をやっています。

だから、一週間で友達と遊べる
時間は、5~6時間です。

そんなに練習をやっているのだから
必ずプロ野球の選手になれると思います。

そして、中学、高校と活躍して、
高校を卒業してからプロに入団するつもりです。

ドラフト入団で、契約金は1億円以上が目標です。

6年2組  鈴木一郎

…………………

いかかでしょうか?

内容を見てみると、
小学生らしからぬ明確な目標だと思いませんか?

将来の目標はプロ野球選手

と書く子供はたくさんいると思うのですが、

「契約金1億円」

と書く子供はそういるものではありません。

ここまで具体的に書くことで、

イチロー選手の夢実現に必要な
コンフォートゾーンの現実感が
一層強まったのでしょう。

イチロー選手は、小学校のころから
しっかりと自分のアイデンティティを持って
いたからにほかなりませんね。

しかも彼の高校時代、寮生活をしていたたしいのですが、
野球部のチームメイトがワイワイ騒いでいても、
気づかれないよう外に出て、素振りをして

何食わぬ顔で戻ってくることがあったそうです。

さらにそのメンタルもずば抜けていて、

プロになるだけじゃつまらない、

有名な選手になって皆から
あいつみたいになりたいと言われるのが目標

とも言っていたそうです。

イチロー選手の目標設定から
学ぶことはたくさんありそうですね。

本田圭祐少年の夢

また、ロシアリーグを経て
イタリア・セリエAの名門「ACミラン」に入り、

今や日本サッカー界を引っ張るスターである、
本田圭祐選手も

少年期に、恐ろしいほど明確な
将来の夢を描いています。


…………………

「将来の夢」 本田圭佑

ぼくは大人になったら、
世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。

だから、今、ぼくはガンバッている。

今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって、
ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。

そしてレギュラーになって10番で活躍します。

一年間の給料は40億円はほしいです。

プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、
世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを
買って行ってくれることを夢みている。

一方、世界中のみんなが注目し、
世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍しているぼくは、
日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。

この得点も兄と力を合わせ、
世界の強ゴウをうまくかわし、

いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

honda
…………………

私は彼の文章を見て
3つとても大切なことがあると思いました。

一つ目が、先ほども言った
明確な目標です。

金額や国など恐ろしく具体的に
書かれています。

二つ目が、

「したい」ではなく「する」
と書かれている所です。

子供のころはほとんどの人が

「○○したいな、」「●●ができたらな」

という思いを描いて夢を語りますが、

かれは「する」という強い言葉を使っています。

これは強い決意が見られます。

まるで決意表明のような文章です。

願望は決意に変わった時、
私たちは目標に向かって
自動的に進むものなのです。

三つ目が、ヘタと認める所、

何より凄いのが

「今はヘタだけれど
ガンバッて必ず世界一になる。」

という部分です。

普通の子供は、自分が下手だと
思ったら諦めるところです。

でも、本田選手は今は下手と認めながら
それでも夢を叶えると考えています。

自分が下手というのを
きちんと受け入れていた。

だから、彼は諦めると言う事をしなかった…

だからこそどんな壁に当たっても、
確実に上手くなっていったのでしょう。

『自分はできるはずだ!』

と可能性を信じながらも

上手くいかなかったときには

「今の自分はこんなもの」

冷静に受け入れる力、

その繰り返しで、成功への道は
開けて行くのでしょう。

大変参考になります。

石川遼少年の夢

またプロゴルファーの石川遼選手も
かなり具体的な夢を少年期に抱いていました。


…………………

「将来の自分」 石川遼

二年後・・・

中学二年生、日本アマチュア選手権出場。

三年後・・・

中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。

四年後・・・

高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。

六年後・・・

高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。

八年後・・・

二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝

これを、目標にしてがんばります。

最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。

それも二回勝ちたいです。

みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。

でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

みんなが一生懸命練習しているなら、
ぼくはその二倍、一生懸命やらないとだめです。

ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、
「もっとあのときにこうしていれば・・・」とか
後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

来年には、埼玉の東京GCで行われる
「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。

今は優勝とか関係ありません。

中学になってからそういうことにこだわろうと思います。

高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。

その試合で世界から注目される選手になりたいです。

ぼくは勝てない試合には今は出ません。

ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、
世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

…………………


日本のゴルフ界の至宝、
最年少記録を次々と樹立していった
石川遼選手ですが、

彼の少年時代の夢も
怖ろしいほどに明確ですね。

また彼の夢から見えるのは、
目標を達成するための

練習のイメージが臨場感を持って
描かれていることです。

目標に向かって努力をする
その裏付けが自信となっている
セルフイメージの高さを、

彼の文章から学べます。

どの分野でも才能を発揮し、
突出した結果を出した人から
学ぶべきことはたくさんありますね。

イチロー、本田圭祐、石川遼の少年時代の夢を動画で。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>