成功の邪魔をするスコトーマ(盲点)の心理学的意味とは?


今回のテーマは、

成功の邪魔をするスコトーマ
(盲点)の心理学的意味とは?

について紹介します。

観点と言うのは物の見方のことです。

この言葉は「何かを通して見る」
事を意味しますが、

何が見えるかは、何を通して
見ているかによって変わります。

例えば汚れた窓を通じて
何か外を見ようとしても、

まに写るものは「汚れ」であって、
向こう側にあるものは見えません。

外を見るには「汚れ」を拭かなけれ
ばならないのです。

これは人間の心理も同じなのです。

コーチは常にクライアントの
問題に対して相手と異なった観点を
持つことになります。

これはコーチが問題の当事者
ではない為で、

コーチは異なった観点を与えることが
できるためです。

ここで、

スコトーマ(Scotoma)

と呼ばれる心理学用語をご存知でしょうか?

このスコトーマというものが
あなたの成功を邪魔する要因となるので、
しっかりとこの概念を理解して下さい。

Scotomaと言うのは、もともとは
ギリシャ語で暗闇という意味なのですが

心理学的に、スコトーマとは「盲点」という意味で、
人間には誰しもが自分の目に見えない様な部分、
つまり盲点の部分があるという事です。

スポンサーリンク

目に見えないところは気づかない

例えばかつて、ウィルスというものが
目に見えなかった時代、

病気にかかる原因は
微生物やウィルスなど細菌によるもの
とは考えもつきませんでした。

だからこそかつては
祈ったり祈祷したりして病気を治す
という事が当たり前に信じられていました。

しかし顕微鏡が発明され

目には見えない小さなウィルスが
存在する事が分かるようになり、
医学界は発展しました。

目に見えない部分は気づくことが出来ない。

これもスコトーマの一例ですが、

私たち人間の視野では後ろは見えません。

物理的な視野があるように
心理的な視野と言うのも存在します。

大人から見れば子供の行動は
危なっかしく感じますが、

それは経験や知恵を積み重ねて
成長しているからでしょう。

しかしどれだけ発達しても
必ず人には盲点が発生します。

これは、成長や変化を目指す
私たちにとってもかなり重要な部分です。

そして実は、

このスコトーマの部分にこそ、
画期的な変化をもたらすための
ヒントが隠されているのです。

人は空を飛べない?…

このスコトーマに気づくことはかなり重要です。

人という生き物は知れば知るほど、
学べば学ぶほど、気がつかない事が出てくるものです。

そして、その呪縛にとらわれていると

あなたの中に眠る能力は
活かすことができなくなってくるのです。

例えば文化や常識もひとつの観点です。

その文化や常識に縛られると
他の有益な観点が覆い隠れて
しまうことがあります。

例えば、

「人間は空を飛ぶことはできない」

・・・

飛行機が開発される前の人類にとって
この現実は当たり前のことでした。

この常識にいつまでも縛られていたら

人間は今でも飛行機を生み出す事は
なかったかもしれません。

しかし、ライト兄弟は、
他の人には見えないものを見ていました。

世間では非常識な空を飛ぶという世界も
彼らからしたら、常識の範囲でした。

しかし彼ら以外の世間では、
人間が空を飛ぶと言う事を
口にする事すらはばかれていた時代です。

彼らは「空を飛ぼうとする」ことを
一笑に付されただけではなく、

変人扱いされ、挙句の果てには
神を冒涜する異端児として
家に火までつけられたこともあったそうです。

我々現代人から見れば、
「空を飛ぶなんておかしい」とする
当時の常識の方が奇妙に見えますね。

しかし、当時の人たちにとって
それは当り前で常識だったのです。

そして現代人ももちろん、
常識というフィルターで隠された
様々なスコトーマがあるのです。

スコトーマがあなたの成功を遠ざける

常識の中に横たわるスコトーマに気づくからこそ、
人も大きく飛躍ができるのです。

そして自分では気づかない
からこそ「盲点」なのです。

盲点は他人に見てもらう必要があり、
その役割を担うのもコーチングの役割です。

前回の最後に、

「気づいたら目標達成してた…」

という話をしましたが、

そんな話を聞いた多くの人が、

「まじか?」「絶対嘘だ!」

・・・などと考えることが
あなたの脳裏によぎることと思います。

ただ、これも一種のスコトーマです。

これから紹介して行くコーチング理論というのは

最先端の科学的アプローチと膨大な人の
実践によるデータの積み上げが元となっています。

なので信憑性は非常に高いというものなのです。

適切にコーチングを実践さえすれば、

あなたの中に眠っている能力を限界まで引き出し、
無限とも言える才能を発揮させることも可能なのです。

そういう意味でも今回紹介した
成功の邪魔をするスコトーマ(盲点)
に気づくという概念は非常に重要です。

逆にこのスコトーマによって
自分の能力を使わせないまま
サビつかせてしまう人もたくさんいます。

このスコトーマを発見することは、
これから紹介するコーチング理論の
最も大切なポイントにもなるので、

ぜひ、期待して楽しみながら
コーチング理論を学んでいって下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>