コーチングで気づきを得て本来の力、潜在能力を発揮する方法


今回のテーマは、

コーチングで気づきを得て
本来の力、潜在能力を発揮する方法

について紹介します。

前回までの例より、

バイオパワーという社会的な外的要因
リミティング・ビリーフという個人的な内的要因

内と外の両面から成功の邪魔があり、
潜在能力を抑えられているという事。

つまり、私たちは、

自由を奪われる「バイオパワー」という
恐ろしい力に生活を取り囲まれていて、

社会から制限を受けていますし、

リミティング・ビリーフという
単なる思い込みによって信念を作り、
行動を制御してしまう。

そんな話をしてきたのですが、

この事に気づくことが、
成功そして幸せに生きる為の
第一歩目となります。

コーチングの役割=気づきを与える

私たちのパワーをそぎ落とす、
そんな恐ろしいバイオパワーや
リミティングビリーフに

もし気づかないままだと、

いつまでたっても、自分の潜在能力、
隠された力を最大限に発揮したり、

最高の自分に辿りつくことはできません。

このリミティング・ビリーフや
バイオパワーに縛られている事から
脱却することこそが、

まずはあなたの夢をかなえるための第一歩目です。

あなた本来の力、潜在能力を
発揮すれば必ず成功できます。

その為にはコーチングによって、

本来持っている能力を引き出すことが
どうしても必要なのです。

コーチングというのは
心理学を使った成功達成する為の
最強のテクノロジーの結晶なのです。

バイオパワーはなぜ生まれるか?

「人間の潜在能力を下げてしまう…」

なぜそんなバイオパワーというものが
生まれてしまったのでしょうか?…

この世界には特権階級の
支配階層の人たちがいて、

我々一般市民が余計なことをしないよう
動物園で飼いならされた動物のように
大人しくなるように仕組んで、

もっと巧妙に支配してやる…

という陰謀論的な考えもできますし、
そういう部分がある可能性を否定はできません。

しかし本当は、
これはあくまで私自身の考えですが、

人間の持つ本能(煩悩)

つまり、私利私欲を満たすための
競争を仕掛けて行く中で

自然発生的に生まれてしまったのが、
バイオパワーという概念だと考えています。

だからこそ、

人間同士がお互いに束縛し合ってしまう…
という不可能な状況になってしまった。

そう感じています。

だからこそコーチングで気づきを得て
本来の力を取り戻さないと行けません。

気づくことから始めよう

ただ、多くの人は、
自分にリミティングビリーフがあって
その思い込みが行動を制限している

という事に気づいていません。

自分がバイオパワーに
拘束されているとは、考えてはいませんし、
気づかないまま生きて行くことがほとんどです。

そして、目の前で生じている
無益な競争や争いごとを
何の疑いもなく受け入れて、

自ら進んで戦いに参加しよう
とすらしてしまいます。

こんなに悲しい現実はありません。

奴隷的人生を自ら進んで歩くようなものです。

なので、私たちはまず気付く
そこから始めないといけません。

多くの人の人生は、

大きな皮の流れに任せて進む
ボートのようなものです。

岩にぶつかりそうな時だけ
慌てているようなものです。

安全な時には何もせずただ
ぼんやりと浮かんでいます。

自分がなぜ川にいるかも分からず、
知らなくても今は困らないから

浮かんで流されることを選んでしまうのです。

川の流れに身を任せて良いのか?

考えずに流されるのは楽です。

コーチングではこれを
コンフォートゾーンと言うのですが、

この状態では成長もできず
川でボートを漕ぐ力も尽きません。

でも残念ながらそのうち
また岩は近づいてくるのです。

そして慌てて避ける、また近づく、
また避ける…

こんなことを繰り返しているうちに、

遠くの方からゴーッと言う
爆音が聞こえてきます。

この川の先には滝壺があると気づきます。

落ちれば必ず死んでしまいます。

やっとこさ事の重大さに気づき、
ボートを必死にこぎ始めても、

もう今更間に合わないのです。

その時になってようやく
自分はボートを漕ぐ力も
スキルも仲間にいないことを悔やむのです。

本来の力、潜在能力を発揮する方法

大きな痛みを感じるまで、
物事を先送りにし続けてきた代償です。

もっと早く「自分がどこに行きたいか」
決断すれば危険は回避できたのです。

そのと気であれば流れに逆らうような
厳しい状況ではなかったのです。

他人をサポートしながら早めに
岸に向かっていれば、

仲間に助けられたかもしれません。

サボらずオールを漕いでいれば、
ボートをコントロールする力が
ついていたのです。

人生はこの川の流れのようなものかもしれません。

滝に落ちる直前で慌てる…

あなたにはそうなって欲しくないのです。

コーチングで気づきを得て、
できるだけ早く本来の力、潜在能力を
発揮して欲しいと思います。

もちろん答えはありません。

先に滝はないのかもしれません。

それなら流されるままに
楽に人生を生きても言いかもしれません。

しかし、毎日同じ事を繰り返しながら
違う期待するのは無意味です。

運命は「よし、やってやろう」
と決断した瞬間に形作られます。

コーチングの理論をしっかりマスターし

あなたの持つ本来の力、
潜在能力を発揮して、

成功に進む人生を歩んで欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>