Googleというモンスター企業の成功の秘訣、創業時の考え方とは?

Googleというモンスター企業の成功の秘訣、創業時の考え方とは?
今回のテーマは、

Googleというモンスター企業の
成功の秘訣、創業時の考え方とは?

について紹介します。

いまから20〜30年ほど前に
タイムスリップしたとします。

1990年代にあなたは
やってきました。

そこであなたは人々にGoogleの
ビジネスモデルを話したとして、

どれだけ受け入れて
もらえると思いますか?

その当時の仕事のあり方と
今のあり方はまるで違います。

という事はつまり、

これから20年後の未来も
想像できないほど違う世界なのです。

前回紹介したコーチングにおける
ゴール設定のアドバイスですが、

Googleの成功から
その考え方を学べます。

「世界の情報を整理して、世界中の人が
アクセスでき使えるようにする…」

というミッションのもと、
1998年に創立されたGoogle社ですが、

今や時価総額3000億ドルを超える
モンスター企業になりましたが、

そんなGoogleの成功の秘訣とは何でしょうか?

スポンサーリンク

膨大な情報を整理する

当時はまだパソコンの発展が
黎明期と言える時代でした。

ようやく家庭でもちらほら
パソコンが普及していた頃

スタンフォード大学の
膨大な蔵書の電子化プロジェクトに
ある二人の学生が参加しました。

彼らは、デジタル化させる
膨大な情報の中から、

「どうすれば優れた情報を
見つけることができるか?」

というミッションを受け持ち、
様々な方法を探索しました。

そして彼らは

「優れた本は、類似テーマの
他の本から参照されている」

という事に気づきました。

この二人の学生は
優れた本を定義するアルゴリズムを
世の中のウェブサイトの優劣をきめるのに
大変有効だと考えついたのです。

この二人の学生の名は、
ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン

Google社の創業にまつわる物語です。

天文学的な数に上る世界中の
ウェブサイトをインデックス化する
というニーズに答える企業は他になく、

検索エンジンビジネスは
Googleの1人勝ちとなります。

誰がGoogleの成功を予測できた?

それまでのビジネスモデルは
ほとんどが形のあるものを
提供するものでした。

テレビや家電クルマなど

産業時代に終わりを付け
時代は情報化時代に突入し

パーソナルコンピューターで
富を築いたのは、

ビルゲイツなど今の時代の
富豪たちの特徴ですが、

中でもGoogleの
ビジネスモデルは特殊です。

当時、ホームページなど
インターネット上にある情報を

「整理整頓」するだけで
ビジネスになると分かっていた人は
ほんのわずかだったでしょう。

Googleの創業時の期待も
それほど大きくはなかったのです。

2005年にアメリカで発表された
興味深い予測結果があります。

・・・それは、

「2010年に選ばれるトップ5の
職業は2005年にはまだない職業である」

というものです。

これはスピードが
速くなっている現代社会において、

未来はこれまで考えもつかないような
仕事が人気を集め、なりたい職業、
就職したい企業ランキングなどの上位は、

今ないような企業が
トップを占めるだろうと言うものです。

そして実際そうなっていますね。

例えば、アメリカで今
一番就職先として人気があるのが

Googleです。

未来のビジネスモデルの考え方

Googleは1998年創立ですが、
わずか10年のうちに従業員は一万を超え、
売り上げは百億ドルを超える

名実ともにモンスター企業です。

しかし1998年の創業時点において、、、

どこの誰がそこらのネット検索会社が
そんな巨大企業となると予測できたでしょうか?

前回紹介した目標設定の秘訣も
この話に隠されているのです。

過去や現在など現実だけを
見ていても成功は出来ません。

今のGoogleの成功も
将来は変わっている可能性もあります。

Googleが創業した当時、

探索エンジンという
ビジネスモデルで収益が上がる。。

そんなこと誰も考えていませんでした。

その考えられないようなビジネスモデル
を行ったのが今や最も人気の高い企業
という訳です。

そして今は常識として
考えられないような仕事が

未来のスタンダードになっている
という可能性は大きいのです。

現在、鉄道ビジネスを始めて
富を築ける人はいません。

ビデオテープを売って
生計を立てる事など不可能です。

未来で成功したければ
未来のビジネスをやらなければ
いけません。

だとすれば私たちのゴール設定も、

この視点を加えなければならないはずです。

私たちが今現在のグーグルから
学ぶことは確かにあるでしょうが、

真似できない部分がたくさんあります。

しかし創業時の考え方は参考になります。

Googleに学ぶ目標設定

じゃあそもそもの話です。

もしGoogleの創業者

ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが

目標設定として、

当時のトップ企業を想定して
ゴールを置いたとしたら…

彼らのこれほどの成功はあったでしょうか?…

間違いなく成功はあり得ないですね。

そうです。

今、存在するものからゴールを
選択するのは想像以上に危険なのです。

あなたの選択するゴールは
最高のものでなくては意味がありません。

仮に、今あなたがGoogle社の社長になる

とゴール設定したとします。

確かに現在の一般の感覚からすれば、

誰もがうらやむような素晴らしい
ゴールと褒めてもらえるでしょう。

しかし、あなたが
ゴールに実際近づいた時には

既にGoogleは全く今と違う
企業になっているかもしれませんよね。。

モンスター企業の創業時、
Googleが生まれた過程から
目標設定について色々と学ぶ事はあります。

コーチングにおける目標設定

そして、コーチングにとって
それが最も重要な目標設定なのです。

ゴールは、今までの
既成概念を超えるような、

自分で決めたものから選び出し、

しかもリアルタイムでその時に、
その状況に合わせて変化させる

そういうものでないといけません。

これからの時代は、そういった
コーチング理論がさらに必要に
なるでしょう。

Googleの成功がその事例を
よくあらわしていると思います。

これまでの時代は、

マッキンゼー、MBAなど、

コンサルタント、コンサル会社が
世界経済で重要な役割を果たして
きました。

しかしこれまでのコンサルティング理論では
Googleの成功は説明できません。

むしろ反対の概念を示している
とも言えそうです。

過去の事例から分析して指導する

…そんなコンサルティングのパターンや
考え方はかつては役に立ったでしょう。

しかしこれからの時代では残念ながら
徐々に役に立たなくなってくるでしょう。

そしてこれからは今
存在しないものを生み出すような

コーチングの時代になってくるでしょう。

未来のスキルであるコーチングを
学ぶ事は大変価値のある事なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>