コーチングが教える絶妙なゴール設定のアドバイスとやり方

コーチングが教える絶妙なゴール設定のアドバイスとやり方
今回のテーマは、

コーチングが教える絶妙な
ゴール設定のアドバイスとやり方

について紹介します。

誰しもが新年などには

「今年の目標」などを決める
のではないでしょうか?

しかし、そのほとんどは
実現しない事が多いと思います。

実は、目標設定、ゴール設定には
適切なやり方があります。

コーチング理論の中で重要な概念として

ゴール設定

というものがあります。

ゴール設定というのは
ある種のスキルであり、

上達していく才能でもあるのです。

アメリカ史上類をみないほどの
成功者として知られる

W・クレメント・ストーンは
こう言いました。

“願望や目標を持つのは義務であって、
決してぜいたくなことではないのです。

願望とは、夢を見る事ではなく、
夢を現実に変えて行くことなのです。

夢を持って、その夢の実現のために
代償を払う用意のある人は、幸せだと思うのです”

…古今東西の成功者が
口を揃えて言う、

大きなゴールの重要性について
じっくり考えていきます。

スポンサーリンク

スケールのでかいゴール設定をしよう

今後、コーチングにおける目標設定に
ついても詳しく解説していくのですが、

まずここで覚えておいて欲しいのが、

スケールのでかいゴール設定

をして欲しいと言う事、

イメージとしては
そのゴールに自分が引っ張られる位、

エネルギーが高いゴールを
作って欲しいのです。

大きい夢であるほど、
その人の心の中に大きな
エネルギーを生みだします。

「今の自分でもできそう」

という程度の現実的な
小さなゴールでは、

生涯に渡ってモチベーションを
刺激し続けるのは難しいですし、

行動のエネルギーが足りなくなって、
燃料切れを起こす事になります。

多くの人は失敗を恐れて
現実的な目標を立てがちです。

が、それはうまいやり方ではありません。

大きな夢を語って、
笑われたって構わないのです。

他の誰の為でもなく
あなたの人生はあなたのものです。

あなた自身が設定した目標を達成し、
夢を現実のものにすればいいのですから、

大人のゴール設定と子供のゴール設定

もし私がコーチとして、
子供に対するアドバイスをするなら

ゴールをあらかじめ社会の中に設定して
その中から子供が自分で自由に選択できる

ようにした方が良いとアドバイスします。

まだ想像力が鍛えられて
いない子供は

発想は豊かかもしれませんが、

そのゴールを設定したからと言って
行動が変わる風にはなかなか
いきません。

だから現実的な、

プロ野球選手や社長になりたい

と言ったゴールを持っても良いのです。

しかし大人向けのコーチング理論としたら
本当はこれでは足りないのです。

前に紹介した、
タイガー・ウッズの例でいえば

彼は幼少期のころから

ゴルフの訓練に励み
望むと望まざるにかかわらず

自分のゴール目標を

「世界一のゴルファーになる」

という選択肢を選びました。

そして多くの子供たちの場合も、

自分の夢を野球選手や、
サッカー選手、歌手やタレントなど、
既存の職業から選択します。

情報や知識がない子供たちの場合、

与えられた選択肢からゴールを選ぶのは
ある意味仕方がない事です。

そして大人が社会の中である程度の
方向性を見出してあげる事も
大人の責任として当然の事です。

しかしこうしたやり方が
大人に当てはまる訳ではありません。

あなたはナンバーワンになるのです。

しかし大人のゴール設定の場合、

自分の夢やゴールを既存の選択肢から
選ばないほうが良いのです。

既に存在しているゴールというのは
全て他人が作り上げたものであって、

別にあなたが目指すべき所ではありません。

自分の中から湧き出る
エネルギーではない場合、

人の行動力は発揮されません。

現実的に考える大人は

「昇進したい」
「収入を上げたい」
「TOEICで○○点取りたい」

…などとゴールを語りますが

「それはなぜですか?」

と聞くと、黙り込んでしまい

「同僚が同じ事をやったから」

などと答えてしまいます。

しかしこれでは脳は働きません。

他人に作られた夢を追いかける
のは良いやり方ではないのです。

あなたは、あなたによる、あなたのための、

そして、

あなたがナンバーワンになる

そんなゴールを設定しなくてはいけません。

既存のゴールを目標としてしまう事で、

社会や会社にますます縛られて、
自分の能力をどんどん発揮できなくなります。

まずは頭を真っ白にして、ゼロから
フレキシブルにあなたのゴールを
考えてみて下さい。

ゴールはあなたが創造するもの

コーチングを受けたことがある人は、

「自分の夢や目標、ゴールを何にするか?」

そう問われたことがあると思います。

しかし、

そこで設定したゴールが本当に適切だったか、、

もう一度考えてみて欲しいのです。

コーチからしてみても、

ゴールがなければアドバイスの
しようもありません。

だからどんなものでも
ゴールを設定してしまいます。

しかしです。

それがもし、既存のもの
から選択した現実的なゴールでは、

自分の潜在能力をフル活用
することはできないのです。

人間というのは、

今ここにないもの

を生み出すことのできる珍しい存在です。

既存のものからゴールを設定すると、

あなたはそれを超える事は
少なくともできません。

ゴールというのはあなたが
創造するものなのです。

それはなぜか。。

そして絶妙なゴール設定のやり方
というものがあります。

次回から、このメカニズムについて
詳しく説明して行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>