アルベルト・アインシュタインの両脳使い、閃き思考法の秘密

アルベルト・アインシュタインの両脳使い、閃き思考法の秘密
今回のテーマは、

アルベルト・アインシュタインの
両脳使い、閃き思考法の秘密

について紹介します。

以前、ユダヤ人のテーマでも紹介した
かの有名な物理学者、

アルベルト・アインシュタインさん

と言えば、、、

世界的に有名な天才の代名詞であり、

彼の脳の使い方、閃き思考法というのは
大変興味深い物があります。

学者の世界、

特に物理学の世界などでは
努力や研究の年月によらず、

ひらめきやある種のセンスが
突出しているからこその

偉業を出すことの多い世界と言います。

鍛錬して培うというよりも、

思索をめぐらすことが重要で、

恐竜絶滅の仮説を構築した
ミュラー教授や、

中性子説を唱えた
湯川秀樹さんも、

寝床の中での閃きが
研究発表に繋がったそうです。

日常の生活の中でも
想像力の自由な飛翔をさせ、

何にも拘束されることなく
空想にふけることが多いそうで、

その結果として空前の
大理論を編み出したのです。

そしてその一人が

アインシュタイン博士

特に右脳と左脳の両脳を効果的に使った
思考法の事例として

色々と彼から学べる事は多そうです。

スポンサーリンク

天才アインシュタインの功績

ドイツのウルムで生まれたユダヤ人である
アルベルト・アインシュタインは、

1905年に特殊相対性理論、光量子の理論、

1916年に一般相対性理論を発表し、

1921年にノーベル物理学賞を受賞しました。

ナチスによるユダヤ人迫害がはじまると、
彼は1933年にアメリカに逃れ、

プリンストン高等学術研究所の教授となり、
晩年を送りました。

原子力エネルギーの解放、
引いては核兵器の生産にもつながる
相対性理論の発見は、

世界科学史上における画期的な事件でした。

そんなアインシュタイン博士の
脳の秘密を探っていきましょう。

幼少期のアインシュタインは落ちこぼれだった

幼少期からボーッと
していることが多く、

言葉もはたどたどしく
同級生から「のろまな奴」
と言われ、

クラスでは異端児扱いされていたそうです。

また、暗記しなければ
ダメな科目は成績が悪く、

学校の詰め込み教育とは
まったくソリがありませんでした。

また、先生に何かしら
たてつくことも多く、

学校からは
退学を勧められるほど、

劣等生だったアインシュタイン、

また話し始めるのが遅く、
両親は医師に相談したことがあり、

癇癪持ちだったアルベルトの
妹は、ボーリングの球を
投げつけられた経験もあり、

「思想家の妹になるには
頑丈な頭蓋骨が必要」

という皮肉のような言葉を述べています。

学校生活からは
超天才の片鱗はまったく
見られないものの、

関心を持ったことへの
集中力の凄さは常軌を
逸していたそうです。

アインシュタイン博士の名言


「人格は美しい弁舌によってでなく、
労働と己の業績によって形成される」

様々な名言を残している
アインシュタインさんですが、

上記の言葉が私の最もお気に入りの言葉です。

誰しもが天才と呼ぶ、
画期的な発見をした博士ですが、

アインシュタインさん自身は

「私は天才ではない、ただ長く
一つのことと付き合ってきただけだ」

…と言っています。

このことばからも、
彼は口先だけの弁舌などではなく、

地道な労働の積み重ねによって
初めて真の人格が形成されると説いたのです。

彼はまた、自分について

「私には特殊な才能はない。
ただ熱狂的な好奇心があるだけだ」

と言っています。

好奇心というのは、どうやら
脳機能を高める秘密のようです。

アインシュタインさんの名言しびれますね~

アインシュタインさんの興味深い特性

右脳と左脳をうまく使うアインシュタイン博士
アインシュタインさんの特性が
垣間見れるエピソードはいくつかありますが、

凡人とはやはり違うようです。

彼が日本を訪れた時、

門司で開かれた宴会において、
同列した日本人がそれぞれ

義太夫、謡曲、長唄、それに
どじょうすくいなどの

かくし芸を披露した所

アインシュタインは熱心に見物し、

自分のそのお礼にバイオリンを
三曲演奏したそうです。

一方で、彼は自分の生活のリズムを
大切にする人でもありました。

日本滞在中も、

夕食後ホテルの自室に戻ると
誰が来ようと一切ドアを開けませんでした。

「自分が寝床に入る時は、
世の中の全てから完全に免れる時だ

いささかの事件も考えもすべて忘れて
ただ安眠のみを考える」

と言いました。

ロングスリーパーの代表として知られる
アインシュタインさん、

脳機能と睡眠や夢見との奥深い関係は
これまで色々と研究されていますが、

睡眠を大切にした彼のエピソードにも
脳を活用する秘密が隠されていそうです。

アインシュタインは妄想から偉大な発見をした

少年期のアンシュタイン少年は
数学で落第していたという話は有名ですが、

後々物理学というかなり左脳的な分野に
おいて歴史的大偉業を達成します。

また、一方で

バイオリニストとして、また画家として
優れていたことも知られています。

物理学者と言えば、

数式、数学、超左脳型・・・

といった印象がありますよね。

しかしアインシュタインさんは
どちらかというと、ひらめきや直感と言った
右脳をうまく使った人物のようです。

ここに私たちがこれから
脳力を開発して行く時の
ヒントがあるような気がします。

アインシュタインさん自身が
「相対性理論」が誕生したきっかけを
描写していて興味深いのですが、

ある夏の日に、

丘の上に一人でいたアインシュタインは
空想、妄想にふけっていたそうです。

そして、自分自身が太陽光線に乗り
宇宙の果てまで飛んで行くのを想像しました。

所がその時です、、

一方で心の目では、彼は自分が
太陽の方へ戻って行く姿を見たのです。

その一瞬の閃き、その想像は、
宇宙は屈曲している事を暗示していたのです。

空間、光、時間もまた
屈折していなければいけない。

ふとしたまどろみの空想の時間により、
そして「相対性理論」が完成したのです。

アインシュタインさんの
「相対性理論」を生んだきっかけは

左右両脳がシンクロナイズした
思考の格好の見本でしょう。

閃き、幻想や空想というのは、

シータ派やアルファ派が
関わる脳の状態の条件です。

そして、実はそれら脳波をうまく作りだし
両脳をうまくシンクロさせて学習して行く
方法も存在します。

こう言った方法を使う事で
アインシュタインさん並みの
大偉業が生まれる可能性もあります。

これからそんな興味深い学習法なども
色々と伝えて行きたいと思います。

一緒に奥の深い脳の世界を
探求して行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>