外国語、語学のチャンスは専門学校より力を伸ばす先生の出会い

外国語、語学のチャンスは専門学校より力を伸ばす先生の出会い
今回のテーマは、

外国語、語学のチャンスは
専門学校より力を伸ばす先生の出会い

について紹介します。

語学の学習法に関して
このような質問をよくもらいます。

「専門学校や語学学校など
学校などに行かないと、

語学のプロとして食べて行くだけの
実力は付かないのでしょうか?」

確かに、

語学の勉強=学校でする

という考え方は常識的にあります。

結論から言えば、

同時通訳などの独自のスキルを
要するものは別にして、

専門学校に行かなければ
語学のプロとして食べていけない。。

と言うような事はありません。

むしろ専門学校すら、良い所は
なかなか少ないのが実情です。

「英会話学校に何年も通っているが
思うように上達しない」

と悩む人も多くいます。

しかし語学学校を上手く利用して
実力を伸ばした人もいるのです。

こうした違いについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

外国語、語学の専門学校のデメリット

多くの語学学校や専門学校は、
会社組織で成り立っています。

学校としての看板とは別に、

営利企業として利益の追求を
するのはもちろん当然です。

大手の学校は株式公開まで
果たしています。

こうなると、

多数の株主の監視のもと、
収益の拡大を目指さなければ
ならなくなります。

それは必然的に、

売り上げの増大、つまり生徒の獲得
を要求する事となり、

スタッフは生徒獲得数の
ノルマを課す学校もあります。

結果として、

勧誘が加熱したり、
甘い勧誘の言葉で入学を
進める事もあります。

「教育」よりも「利益」を
追求してしまってもおかしくありません。

「週に数回レッスンを受ければ
語学は上達する♪」

と言った甘い言葉で
生徒を勧誘する専門学校もあり、

たしかに、こうしたシステムは問題でしょうが、

それよりも甘い勧誘を鵜呑みにする
生徒の方にも問題があります。

語学の習得のチャンスは
どんな方法を使ったにしろ、

本人の努力を要するものです。

外国語は専門学校より力を伸ばす先生

私自身は、
外国語、語学上達のチャンスとして
専門学校には否定的です。

とは言え、

潜在的な能力を持った人が、

良い学校(正確には良い教師)に
巡り合ったことで、

大いに才能が開花し、

プロとして稼いで行くための
時間が大きく短縮される事はあります。

なので、ある意味、

運次第…とも言えるかもしれません。

自分の力を伸ばす先生の出会いが
あればあなたの語学の上達は
飛躍的に伸びるでしょう。

外国語、語学のチャンスは先生の出会い

良い先生に会える事は
重要になってくるのですが、

ではどんな教師が良い教師なのでしょうか?

私の定義で良い先生とは、

日本人教師であれ、
外国人教師であれ、

最低限、2カ国語話せる事、

そして、しっかりとした
教授法を持っている事が理想です。

ただネイティブだけの先生は
避けた方が良いと思います。

そして、

あなたの目的意識に合わせて、

目標やビジョンを達成する
手助けをしてくれる事、

自分が分かっている事、
自分が分かっていない事

をしっかりと分析出来て、

自分の分からない事は分からないと答え、
知らない事は知らないと言える先生

そんな先生が教師と言えると
私は考えています。

そう言った先生と出会いがあれば

あなたの外国語、語学力を
伸ばすチャンスが生まれます。

学校のカリキュラムや値段などより、

そう言う先生を捜す意識で
専門学校なども選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>