外国語、語学の試験や検定、資格のメリット意義や意味とは?


今回のテーマは、

外国語、語学の試験や検定、
資格のメリット意義や意味とは?

について紹介します。

英語であれば、英検、TOEIC、TOEFLなど

他の外国でも語学の実力を示す
様々な試験や検定、資格があります。

こうした試験を受ける意義や意味は
様々な意見があり、

否定的な意見もありますが。

私は上手く活用すべきだと思います。

以前私も良く利用していました。

また、

「ガイド試験や、検定試験に
受からないと翻訳や通訳の
仕事はできないのでしょうか?」

という質問もありますが、

そんな事はありません。

確かに観光ガイドの仕事をする場合
試験に合格し資格を得る事が
必須条件ですが、

それ以外に、語学において
資格が必要となる事はありません。

語学の試験や検定、資格の意義を
自分なりに考えることが重要です。

私自身現在は基本的に

こうしたテストなど受ける事は
ほとんどないのですが、

語学を使ってしっかり稼いでいます。

とは言え、

もちろんそう言った試験や資格を
持っていると有利になる事はあります。

スポンサーリンク

外国語、語学の試験のメリットとは?

また目標が明確になるので
モチベーションを保ちやすいと言う
メリットもあります。

○月○日までに

「英検1級をとりたい」
「TOEICでレベルAをとりたい」

など検定の目標をチャレンジにすれば、

試験の合格がそのまま
コミュニケーション力に繋がる
というではありませんが、

自分の動機づけになるなら
それはメリットになるでしょう。

しかし、試験でいい点数をとる
事にだけフォーカスしても、

それが直接実力アップになる
という訳ではない事に注意しましょう。

そしてなによりこうした検定で
高得点をとっておけば、

就職や転職でも有利なメリットですし、

友人や同僚にも自慢になります。

「英語が喋れるよ」よりも
「TOEICで○○点とったよ」

の方が明確で分かりやすいからです。

こうしたちょっとした自信がさらに
次の語学上達へのモチベーションになるなら、

それは意義や意味もあることです。

外国語、語学の試験で実力は測れない

とは言え、

検定試験などの点数は
実力判定にあまり参考にはなりません。

TOEICで800点以上とる人も、

翻訳能力は案外無かったりします。

検定試験は万能ではありません。

また目的意識によって
受ける試験も違うでしょう。

例えば、英語で言えば
大雑把に

英検=教養
TOEIC=ビジネス
TOEFL=留学

など、受ける試験の特徴は
しっかり認識しておきましょう。

語学力と言うのは、

様々な角度から実力を計るべきであって、

試験に秀でいてたからと言って、

通訳も翻訳も、受験も、英会話も
ビジネスも

すべてが出来ると言う訳ではないのです。

超有名な翻訳家の先生が、

50歳を過ぎて初めてニューヨークに言ったとき、

バーで、バーテンダーに
マティーニを頼んだのですが、

彼の英語はまった通じなかったと言います。

。。翻訳を完璧にできても
英会話が出来ない興味深い例だと思います。

試験や検定、資格の意義や意味とは?

だからいくら試験の点数が良く
多くの資格のホルダーであっても

それがそのまま実力を表す、

という訳ではないのですが、

ただ、それを踏まえた上で、

中国の故事にあるように

「敵を知り、己を知れば
百戦危うからず」のように、

戦いに勝つ為には、
敵を知る事と同様に
自分についても知る事が大切です。

語学に老いても自分の実力を
把握してく事は、

目標達成や今後の学習戦略を
組んで行く為にもメリットがあります。

だからまだ実力はないが、
語学力を伸ばしたい人は、

ぜひ試験を受けてみて、
自分の力を試すのは意義がある事です。

自分の現在の実力を
把握しておくことは、

今後、学習プランを立てるに
当たって必須の要素なのです。

今すぐ外国語、語学の試験を受けてみよう

しかしこうしたアドバイスをしても

「もう少し勉強してから」

などと受験を先延ばしする人もいます。

恐らく学校教育の弊害で
悪い点を取る=恐怖なのでしょう。

しかし語学は失敗してスタートです。

誰も最初から完璧ではありません。

失敗をして修正して上達するものです。

先延ばし癖のある人は、
1年後も2年後も10年後も

「もう少ししてから…」

と言っている恐れもあります。

今試験を受けてみて、

自分にとって厳しい結果が
出る可能性もありますが、

それで良いのです。

結果が良ければ良いなりに、
悪ければ悪いなりに、

自分の実力を把握する事は
メリットがあります。

そこから長期的な目標達成の為に
プランを立てる事が可能になるからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>