外国語、語学の才能がないって本当?挫折、伸び悩みの対処法

外国語、語学の才能がないって本当?挫折、伸び悩みの対処法
今回のテーマは、

外国語、語学の才能がないって
本当?挫折、伸び悩みの対処法

について紹介します。

今回から、語学に関する
良く聞くお悩みについて、

私なりに考え方を述べて行きます。

「私には語学の才能がないんでしょうか?
伸び悩んでいます。。」

と言う悩みを聞く事多いのですが、

確かに多くの社会人が語学の
勉強を思い立ち、

そして挫折していったケースは
何度も聞いた事があります。

そしてたいていこんな言い訳をします。

「仕事が忙しくて勉強する時間がない」

「年を取って暗記できなくなってしまった」

「語学の勉強は、頭の柔らかい
若いうちにするべきだった」

…など、

挙げ句の果てには、

頭が悪いから
「語学の才能が無いから」

と言う自虐的な人もいます。

残念な事にこうした言い訳をして
語学の勉強を諦めてしまった人は、

いつまでもマスターはできないのです。

スポンサーリンク

語学に才能は必要なのか?

「語学の才能はあるのか?」

この質問に答えるのは、
簡単なことではありません。

心理学においても、
才能を定義するのはとても困難です。

が、

一つの目安として言えるのは、

ご自身の国語能力です。

国語能力と言っても、

学校であった、現代文や古文
の成績が良かった、、

・・といった意味での、
国語能力ではありません。

具体的にいえば、

活字を読むのが好きである事。

ものを書くことが好きである事。

そして、自分の言いたいことを
要領良く他人に説明できるか?

…と言ったごく当たり前のこと、

それが目安になるでしょう。

外国語は苦手であるが、

小説や週刊誌を読んだりすることが
好きな人ほど、

外国語をマスターするのも、
見込みがあると言えます。

語学の才能が無い人の特徴

流石に、

活字を日本語でも読む事は無い、、

普段全くしゃべらない、、

何を言ってるか分からない。。

そんな人が、外国語を覚えても
意味がないですね。

語学の才能は無いと言えます。

しかしそんな人はいるでしょうか?

…ほとんどいないはずです。

つまり誰でもできると言う事です。

語学の学習と言うのは、

一般的に言われるように
才能や年齢、性別、勉強する場所に
左右されるようなものではなく、

やる気さえあれば
誰でもどこにいてもできるのです。

伸び悩みを感じるかもしれませんが、

必ずまた突破できるのです。

語学上達の秘訣、挫折の対処法

ここで語学上達の秘訣は

「疑わないでそのまま受け入れる事です」

話術やビジネスの場合、
頭を使い別の角度から考える
何ど大切な事でしょう。

そこには才能やひらめきと言った
要素は重要になるでしょう。

社会人が勉強をする場合、

自分なりの意見や批判を
もつことも当然でしょうが、

語学の学習では

小学校1年生が初めて
勉強するように

全てを吸収するつもりで
暗記すれば良いのです。

「なぜ?」よりも「覚える」

事が肝心なのです。

どこの国の言葉でも

長い歴史を経て今の形になっています。

例えば英語の勉強をする際、

「この文法はなぜこうなるのか?」

などと疑い始めれば、
英語の成り立ちまで遡って
勉強したくなるかもしれません。

もしあなたが言語学者になりたいのなら、

言葉一つに気を使い
分析して、研究する必要があり、

その成果を認められるためには
才能も必要でしょう。

しかし、話せるようになりたい、
読めるようになりたいだけであれば、

余計な事を考えるよりも、

先祖が築いてきた言語を信じ、

疑いや迷い無く
とにかく覚える事に集中すれば、

より簡単で確実に
マスターできるのです。

楽観的に考えるのが
一番の対処法です。

億万長者になったり、
プロスポーツ選手になるためには
努力も才能も環境も必要でしょう。

しかし語学の世界は別です。

そこには才能は要らず
ただ努力のみです。

つまり平等に誰でも
フェアに確実に上達できるのが

語学の世界なのです。

だから余計な事を考えずに
練習を続けてみてください。

必ず成果が出る日が来るはずです。

外国語、語学の挫折、伸び悩みを
感じた時に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>