アラビア語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

アラビア語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ
今回のテーマは、

アラビア語の能力を活かした仕事、
需要や特徴、成り立ちやコツ

について紹介します。

アラビア語は世界で
最も古い言語の仲間に入る言葉で、

もともと7世紀頃、アラビア半島で
話されていた言語で、

イスラム圏の拡大によって
中近東地域、果ては西のスペインまで
広がりました。

現在では、アラビア語は
西北部のアフリカから東部の
中近東まで国境を越えて、

2億5000万人以上の人々の
母国語になっており、

20カ国以上の国々の公用語です。

また国連の公用語でもあります。

その広まり方からいって、
英語、フランス語、スペイン語に
比較しうる言語です。

仕事の需要もそれだけ
多くあると言う事です。

イラク方言、シリア方言、
アラビア半島方言、エジプト方言、
北アフリカ方言など

いくつもの方言に分化しており、

同じアラビア語と言っても
方言間にはかなりの差異があるようで、

シリアとアルジェリアのように
離れた地域で使われる方言の場合、

お互い意思を通じ合えない
場合もあるそうです。

スポンサーリンク

アラビア語の成り立ちや特徴

アラビア語の特徴として
重要なのが、

日常生活で使われる口語と

「コーラン」の文書に表される
文語に非常に大きな違いがある事です。

単語だけでなく文法も
異なっており、

文語の語順が

「動詞+主語+目的語」

であるのに対し、

口語は

「主語+動詞+目的語」

が基本です。

アラビア語の文語は
8世紀は半ばに始まるアッバース朝の
時代に規範が確立された

古典アラビア語を基礎としており、
現代に至るまで大きな変化は
生じていません。

文語に関しては
アラビア語使用地域全体で
ほぼ共通であって、

この共通の文語を通じて
イスラム世界の「汎アラビア主義」
が実現されているのです。

文語なので、
書き言葉として用いられるのは
当然なのですが、

それ以外でも

テレビ、ラジオの放送、
大学の講義、政治演説、宗教儀式
などの場面では、

共通語としての文語を
用いて話されます。

つまり、アラビア語を話す場合でも
公的な場面と日常生活で

文語と口語と言う2種類の
異なったアラビア語が使い分けられており、

日本や欧米諸国などとは
言語の使用状況が異なります。

アラビア文語を記すための文字は
サウジアラビアの国旗にも記されていますが、

「アラビア文字」であり、

横書きであり、右から左へ書く事、
母音を表すための文字が無い事、

語頭、語中、語末で
異なった字形を用いる事など、

アラビア文字の主要な特徴として
知られています。

アラビア文字は、アラビア語だけでなく、

ペルシャ語やパキスタンのウルドゥー語などを
書き表すためにも使われており、

現在ではローマ字を使う
トルコ語、マレー語、スワヒリ語も
かつてはアラビア文字で記されていました。

アラビア語を活かして仕事をするなら

日本人でアラビア語を
理解できる人は少ないでしょう。

しかし

「アッラー・アバクル」
(アラーは偉大なり)

などと言うアラビア語の表現は
誰しも耳にした事があるでしょう。

「アラー」は言うまでもなく
イスラム教の神であり、

アラー自身はアラビア語で語るとされます。

同時にイスラム教の経典「コーラン」
を記した威厳のある言語として

アラビア語はイスラム世界で最も広く
用いられる言語です。

しかし日本人にとっては
身近な言語ではありません。

しかし語学で仕事をする上で、

マイナーでニッチな言語ほど、
そう言った専門性を伸ばして行き、
付加価値を付けることで稼いでいけます。

文化的にもかなり
興味深い国の言葉なので、

ぜひ総合的な力を伸ばして聞くと
面白い仕事が出来て行くでしょう。

とくにアラビア語は、マスターすれば、

イスラム世界と日本文化をつなぐ
素晴らしい架け橋になれます。

今の所、お互いに不可解な
国同士という印象があるので、

そう言った所を打破する意味でも、
ぜひアラビア語にチャレンジして
活躍していく人が増えることを
期待しています。

日本人にとってのアラビア語とコツ

英語にはアラビア語が
語源である単語がたくさんあります。

alcohol:アルコール(al kohl)
harem:ハーレム(haraam)
coffee:コーヒー(qahwa)
suger:砂糖(sukkar)
camel:ラクダ(jamal)

科学や数学を始めとして
アラビア語を使う人は
西洋の文化に大きく影響を与えています。

一部のイスラム教徒による暴力活動が、

国際的に重大な問題を
引き起こしているのは事実です。

しかし歴史を遡れば、

古代に栄えた後、中世ヨーロッパで
伝統がほとんど断ち切られた
ギリシャ文明の成果を

アラビア語への翻訳と言う形で継承し、
近代に伝える事に貢献したのは
イスラム世界です。

我々がイスラム、
そしてその言語であるアラビア語に
負うものは大きいのです。

言語を理解すれば
相互理解にも通じ、

争いは減っていくでしょう。

今後も文化的、経済的な
交流を進めていく時代が来るでしょう。

そうした場合アラビア語を活かせば
仕事にも生活にも活かすようになります。

以上、アラビア語の能力を活かした仕事、
需要や特徴、成り立ちやコツ

あなたの語学学習の参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>