タイ語、ベトナム語を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ


今回のテーマは、

タイ語、ベトナム語を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

について紹介します。

東南アジアの諸語もこれから
どんどん需要が伸びる言語でしょう。

タイ語は中部地域の方言を
元にした

約6300万人が使用する
タイの公用語です。

中国南部、ミャンマー東部、
ラオス、ベトナムにも

類似の「タイ諸語」を話す人がいます。

タイ国内ではラオ語と
関係の深い東北部方言や

北部、東部、南部に
各方言があり、

言語系統の特徴としては
タイ・カダイ語族に属しています。

ベトナム語は、ベトナム社会主義
共和国で話される

8600万人の公用語で
使われる言語で、

クオックグーと呼ばれる
ローマ字で表記するのが特徴です。

19世紀後半にベトナムが
フランスの植民地支配下に
入ってから、

ローマ字化が始まったとされています。

スポンサーリンク

タイ語、ベトナム語の成り立ちや特徴

タイ語は中国語や他の
東南アジアの言葉と共通の

単音節型声調言語で

意味の持つ最小単位の音節は
「母音+子音」の形をとります。

また、文法に関しても

「主語、動詞、目的語」

の語順をとるシンプルなもので、

名詞の性、数、格によっての変化や
動詞の時制や人称による語形変化はなく
学びやすいと言えるでしょう。

ですが日本人にとって
発音しにくい言語であり、

この辺りの習得は困難かもしれません。

ベトナム語は、ラテン文字を使いますが、

F、J、W、Zは使用せず、
英語のアルファベットにない
文字も存在します。

そしてベトナムには6つの声調があり、
発音は極めて複雑です。

中国語と同じく
声調をコントロールしないと
違う意味に捉えかねません。

文法などはタイ語と同じく、
語形変化はないので比較的
シンプルと言えるでしょう。

タイ語、ベトナム語を活かして仕事をするなら

タイ語やベトナム語、など、
需要の多い市場です。

このの言語の翻訳の仕事は
最近増えつつあると聞きます。

通訳の仕事も増えているそうですね。

特に、技術者を対象にした
語学研修も増えているそうです。

このタイ語、ベトナム語、
と言った語学力を磨いて仕事をしていくなら、

人脈をきちんとつくれば、
しっかりと稼いでいけるでしょう。

東南アジアの経済はこれから
どんどん伸びていくでしょう。

そうなればさらに国際間の
交流も盛んになります。

また、語学だけでなく、
現地の人脈や環境、文化にも
精通することで、

総合的なビジネスアドバイザーとして
活躍もできます。

日本の貿易会社や、建設会社の

総合的なアドバイザーやコンサルタントとして
活躍している人もおいですね。

日本人にとってのタイ語、ベトナム語

タイ文字は、南インド系の
文字を起源とする

クメール文字を改良した
表音文字で、

見た目ではパッと理解できない
文字と言えるでしょう。

しかし話す言葉は

「マイペンライ」
(気楽に行こう)

「サワディカップ」
(こんにちは)

など耳にした言葉は多いでしょう。

日本語とベトナム語は
構造や性質がまるで異なる言語ですが、

似ている所もあります。

ひとつ目が日本語と同じく
ベトナム語にも多くの
漢語が含まれると事です。

例えば、

発表するというのはベトナム語で
「ファッビエウ」

国家という言葉は
「クオッカー」

などと発音します。

またベトナム語も日本と同じく、

目上の人に対して
言葉が変わるなど

相手に応じて話し方を
変えるという特徴があります。

ベトナム語は日本人にとって
親近感が湧きやすい
興味深い言語です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>