北欧諸語、フィンランド語を活かした仕事、需要や特徴、成り立ち


今回のテーマは、

北欧諸語、フィンランド語を
活かした仕事、需要や特徴、成り立ち

について紹介します。

スカンジナビアは
スウェーデン、ノルウェー、
デンマークの三国の事を指し、

同じく北欧の国にフィンランドがあります。

それぞれ、

デンマーク語はデンマークに住む
約600万人の公用語、

スウェーデン語はスウェーデンに住む
約830万人の公用語、

ノルウェー語はノルウェーに住む
約400万人の公用語、

フィンランド語はフィンランドに住む
約500万人の公用語として、

さらに移民が使う言葉として、
それぞれの言葉を話す絶対数は
少ない物の、

こうした国々と関係する
仕事をする上では欠かせない言葉と言えます。

スポンサーリンク

北欧諸語、フィンランド語の成り立ちや特徴

フィンランドは
西側ではスウェーデン、

東側ではロシアと
国境を接していますが、

スウェーデン語もロシア語も
インドヨーロッパ語族の言語である
のに対して、

フィンランド語はこれらの言語と
祖先が違っていて、

「フィン・ウゴル諸国」

と呼ばれる一派に属しています。

同じ仲間の言語としては
バルト海を隔てた南側で
話されるエストニア語や

もう少し南方のハンガリー語です。

フィンランド語がこの地で
使用されるようになったのは
紀元前12世紀の頃と言われています。

ローマの建国は紀元前8世紀ごとなので

それよりもずっと古い時期に、
既にフィンランド語がヨーロッパ大陸で
話されていたと言う事です。

スウェーデン語、ノルウェー語、
デンマーク語は非常に良く似ており、

それぞれの言語を話していても
お互いに通じるので、

同じ一つの言語の方言として

3つの言語を北欧諸語「スカンジナビア語」
と呼ぶべき一つの言語と見なす事も
可能かもしれません。

そうなればスカンジナビア語の
話者は全体で2000万を超える
かなりの大言語になるのです。

地理的に歴史的に、

スウェーデン、ノルウェー、デンマークの
三国は密接な関係にあり、

15世紀には「カルマル同盟」のもと、

一人の女王マルグレーテ一世が
三国を支配しており、

同盟解消後も、
ノルウェーは4世紀の間
デンマークの支配下にあり

その後は1905年の独立まで
スウェーデン国王を君主として
仰いでいました。

北欧諸語は

英語亜ドイツ語、オランダ語と同じ、
「ゲルマン諸語」に属しており、

英語やドイツ語は「西ゲルマン語」
に属するのに対し、

北欧諸語はアイスランド語や
デンマークのフェロー語とともに

「北ゲルマン語」を形成しています。

北欧諸語、フィンランド語を活かして仕事をするなら

ヨーロッパの言葉で
仕事をしたいなら有望な市場は、

実は、北欧諸語(デンマーク語、
スウェーデン語、ノルウェー語)
フィンランド語と言った所も

実は穴場市場としてオススメです。

こう言った言葉の翻訳は実は
お金になりやすいのです。

翻訳をするにしても
他にできる人が少ないので、

翻訳の報酬レートも英語の
3~4倍と言った所が相場です。

仕事という面から言えばかなり穴場市場です。

さらにフィンランド語は、

その難しさからできる人が非常に
限られています。

しかし、工業技術などが発展しているため
案外重要は多いのです。

そしてフィンランド語の兄弟言語
エストニア語なども、やっている人が少ないので
マスターしておいても良いかもしれません。

フィンランド語は習得に
かなり労力がかかるので

翻訳家は極めて限られています。

そこを狙えば、仕事として
困る事は無いでしょう。

日本人にとっての北欧諸語、フィンランド語

スカンジナビア諸語について
ほとんど日本では知られていませんが、

「スキー」
「スラローム」
「モーグル」

などスキー用語は
ノルウェー語がほとんどで、

「オンブズマン」や
長さの単位「オングストローム」
はスウェーデン語です。

スウェーデンといえば、
首都ストックホルムで行われるのが、

ノベール賞の授賞式、

ノーベル賞を決定するのは
スウェーデン科学アカデミーである事は
良く知られていますが、

15世紀に始めて大学
ウプサラ大学が創立されて以来という
学問研究の歴史を誇ります。

これまで日本人も数多く
ノベール賞をとってきており、

さらに作曲家のグリーグ、
画家のムンク、作家のアンデルセン、
哲学者のキルケゴールなど

日本でも良く知られた
芸術家や学者はたくさんいます。

また携帯電話や通信機器で
有名なエリクソン、

自動車メーカーのボルボは
スウェーデンの会社です。

フィンランドと言えば、

サウナ、トナカイの肉、東郷ビール、
そしてムーミンが有名です。

北極圏にあるラップランドには
サンタクロース村があり、

サンタクロースに手紙を出そう
と言う宣伝もフィンランド政府観光局は
行っています。

作曲家シベリウスが「森と湖の国」
と呼んだフィンランドも

世界をリードする携帯電話の分野を
中心にアジアへの進出を積極的に
進めており、

日本と決して無縁な国とは言えません。

2005年5月に日本と
ノルウェーの修好百周年を記念し、

天皇皇后両陛下が
同国を訪問しています。

優れた文化を誇り
高い技術力を誇る北欧、
スカンジナビア諸国と

日本の関係は今後も
良好に継続していくでしょう。

そう言った時代に、

ほとんどの日本人がマスターしていない
北欧諸語、フィンランド語を学べば、

十分に仕事にも活かしていけるでしょう。

以上をぜひ参考にして

北欧諸語、フィンランド語を
活かした仕事、需要や特徴、成り立ち
何ど学習してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>