オランダ語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

オランダ語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ
今回のテーマは、

オランダ語の能力を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

について紹介します。

オランダ語は、
本国オランダだけでなく

ベルギー(フレミッシェ地方)、
ルクセンブルグ、南アフリカの一部など

全体で約2400万人の人々に
話されている言語です。

また元オランダ領であった
インドネシア共和国や

アメリカのオランダ移民たちの間でも
話されているため、

多くの人々に話されている
言語の一つと認める事ができます。

英語、ドイツ語、フランス語、
イタリア語、スペイン語などに比べ

需要は少ないものの、

最近では国際貿易や旅行関係で
オランダ語の需要も伸びており、

仕事でも十分活かせる言語と言えるでしょう。

スポンサーリンク

オランダ語の成り立ちや特徴

オランダ語は系統的には
インド・ヨーロッパ語族に属し、

ドイツ語や英語と同じ
「ゲルマン諸語」の仲間です。

特にオランダ語とドイツ語は
非常に良く似ており、

同じ一つの言語の方言同士と
言っても良いくらいです。

ただしドイツ語の名詞では
男性、女性、中性という
三つの性が区別されるのに

オランダ語は男性と女性が合流した
「共性」と中性の二つしか無い事、

主語や目的語など名詞の
文法的働きに応じた語形変化が無い事、

人称、数、時制などによる
動詞の語形変化がドイツ語よりも
ずっと単純な事など、

ドイツ語よりも英語に
近い側面もあります。

またオランダ語の発音は

英語と違い綴りと発音がほぼ一致しており、

hijを「ヘイ」と読むような
文字と発音の関係を知りさえすれば、

書かれた文章を正しく発音する事は
難しくありません。

オランダ語を活かして仕事をするなら

ヨーロッパの言葉で仕事を
したいなら有望な市場は、

実はオランダ語だったりします。

こう言った言葉の翻訳は実は
お金になりやすいのです。

需要と供給のバランスが悪いので

仕事は簡単に見つかります。

翻訳レートが英語の3~4倍と
言った所でしょう。

現代日本でオランダと言えば、

風車やチューリップ、
ビールのハイネケン、

そして「アンネの日記」といった
定番化したイメージが強いですが、

しかしオランダは

ルネサンス人文主義の巨人エラスムス
哲学者スピノザ、
「中世の秋」の著者ホイジンガ

のような思想家や

レンブラント、ゴッホ、フェルメール
のような世界的画家を輩出した国です。

こうした文化的背景を学べば
より深い仕事ができるようになるでしょう。

また国土の約4分の1が
海面より低い事から、

環境問題に熱心に取り組んでおり、
EUの有力国であるオランダとの関係は
今後重要になるでしょう。

しかもオランダ語は、

ドイツ語と英語の良く出来る人にとっては、
しっかりやれば比較的習得しやすい言語です。

しかも、翻訳できる人はいないので、
仕事という面から言えばかなり穴場市場です。

日本人にとってのオランダ語

オランダと日本の関係が始まったのは
17世紀の初頭から、

鎖国の時期に西洋との
交流はオランダを通じてしか
行われなかったので、

日本とオランダの関係は
当時密接だったと言えるでしょう。

「蘭学」と呼ばれた学問は
西洋科学のほとんどあらゆる分野を
包括するものでした。

明治以前に日本語の中に
入ってきた外来語の中には

オランダ語起源のものも多く、

「ビール」「ズック」「オルゴール」
「ランドセル」「アルコール」「メス」

などの単語は、

現代日本語でも日常的に
よく使われています。

お風呂の蛇口に「カラン」と
記してある事がありますが、

「カラン」もオランダ語(kraan)
からの借用語です。

幕末から明治維新以降は

他の西欧諸国に押されて
オランダとの関係は漸次弱まっていきます。

政府がオランダ語の学習を
推奨する事も無くなり

蘭学の伝統は急速に終焉を
迎える事になります。

日本軍によるオランダ領東インドの
占領で知られているように

第二次大戦で敵国同士と
なってからは溝が決定的になります。

戦後もオランダとの疎遠な
関係はある程度は継続します。

近年は皇太子夫妻の
オランダ滞在など、

緑国の関係は以前にまして
良好になってきています。

今後仕事の需要も増えていくでしょう。

以上、オランダ語の能力を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ちやコツを
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>