ポルトガル語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

ポルトガル語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ
今回のテーマは、

ポルトガル語の能力を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

について紹介します。

ポルトガル語は

ポルトガル本国と
旧ポルトガル植民地である

ブラジル、アゾレス諸島、マデイラ諸島、
サントーメ・プリンシペ、アンゴラ、
ギネアビサオ、モザンビーク、
ケイプベルデで使用されます。

またスペイン北部ガリシアでも
使用されるそうです。

15世紀から16世紀にかけての
大航海時代に、

ポルトガルは
アフリカや南米を始めとする
世界各地に植民地をおき、

結果的にポルトガル語は
これら植民地に普及します。

ポルトガル語の使用者は
二億数千万にのぼり、

仕事の需要も多い言語です。

ブラジルのポルトガル語と
本国のポルトガル語は

イギリス英語とアメリカ英語のように
少しアクセントが異なりますが、

お互いが理解し合えるほどのわずかな違いです。

スポンサーリンク

ポルトガル語の成り立ちと特徴

最大のポルトガル語の
話者数を誇るのが、

人口1億8000万を超える
ブラジルですが、

ブラジル以外に南米諸国は
ほとんどスペイン語の地域ですが、

ブラジルだけは、
スペイン・ポルトガル両国が
結んでいた条約に基づいて

スペインが領有権を主張せず、
16世紀初頭からポルトガル領となり、

以来19世紀以降の独立後も
ポルトガル語の仕様地域になっています。

ポルトガル語もブラジル周囲で
使われるスペイン語も、

ラテン語に由来するロマンス諸語の仲間で、

もともとイベリア半島の
言語だったので良く似た
特徴を持っています。

ただポルトガル語には
スペイン語に無い特徴があり、

発音の点では、
鼻にも空気を通して発音される
「鼻母音」と呼ばれる音が目立ちます。

同じような音はフランス語にも
使われていますが、

これがフランス語の
鼻にかかったような発音の特徴に
なっていますが、

ポルトガル語の鼻母音は
フランス語より種類が多いです。

ポルトガル語を活かして仕事をするなら

ポルトガル語の翻訳の
需要は意外とあるそうです。

一番多いのはやはり、
ブラジルのものだそうですが、

ポルトガル本国の物、

また、モザンビーク、アンゴラ
などの資料も翻訳として
仕事が回ってくるそうです。

日系ブラジル人の労働者が
日本に最近たくさん入ってきていますから、

日本語をポルトガル語へ翻訳する
仕事も増えてきているそうです。

彼らのために必要な
文章や観光案内の需要が
役所から求められているそうです。

語学の教師も、

ポルトガル語研修の需要は
結構多いそうです。

ブラジル赴任者、またその家族
を中心に需要が多いのです。

ブラジル経済はこれから伸びて行くと思いますので、
同じく、ポルトガル語の需要も伸びて行くでしょう。

またポルトガル語の翻訳家の
多くはスペイン語も翻訳もやります。

一つの外国語をしっかりと
和訳できる人は、

その必要能力が他の外国語に
応用できるので、

そう言った結果になるのでしょう。

ポルトガル語の翻訳が有能な人は、
スペイン語の翻訳もしっかりしている印象があります。

日本人とポルトガル語の関係

1543年に種子島にポルトガル人が
来航して以来、

日本人にとっては、
最初に接した西洋人はポルトガル人なので、

外来語として古くから
日本語に入っているポルトガル語が
いくつかあり、

「パン」「カステラ」「カッパ(合羽)」など

日本人にとっても
親しみが持てる言語と言えるでしょう。

現在のポルトガルと日本の
関係はそれほど緊密ではないですが、

ブラジルの発展とともに
今でもポルトガル語は世界でも
有数の大言語の地位を占めます。

ブラジル在住の日系人は約140万人、
日本に居住する日系ブラジル人は31万人と、

日本とブラジルの地理的関係は
真裏と言う遥か遠くの関係ですが、

人同士の関係は深いです。

今後もその関係は深まっていくでしょう。

ますますポルトガル語をマスターすれば、
仕事にも十分活かしていける事でしょう。

以上を参考にして、

ポルトガル語の能力を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

などをお役立て下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>