韓国語、朝鮮語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ち

韓国語、朝鮮語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ち
今回のテーマは、

韓国語、朝鮮語の能力を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ち

について紹介します。

韓国で話される「韓国語」と
北朝鮮で話される「朝鮮語」とは、

方言的な際が若干あるだけで、
同じ言語です。

15世紀に作られた
固有の文字「ハングル」を用いて
書き表されます。

日本語と同じく、中国語から
取り入れた大量の漢語が使用されますが、

現在では、両国とも
漢語を記すために漢字を使う事は
ほとんどありません。

日本語の「訓読み」に当たる漢字の使い方は
朝鮮半島の言語にはありませんでした。

韓国と北朝鮮を合わせると
人口は7000万を越え、

アメリカ、ハワイ、日本に
定住する韓国人や

中国の吉林省自治州に住む
話者180万人を合わせると

この言語の使用者は
イタリア語やフランス語の話者と
同じくらいの数であり、

世界でも有数の大言語と言えます。

日本と韓国は隣国どうして
これからも密接な関係があり続けるでしょう。

仕事の需要もそれだけ
多くあると言う事です。

スポンサーリンク

韓国語(朝鮮語)の成り立ちや特徴

韓国語の単語の多くは、
長い年月にわたり中国からの
影響を受けているものが多いです。

しかし中国語のような
音の上り下がりのある言語ではなく、

発音は簡単で分かりやすいです。

日本語と韓国語の音の面では
かなりの違いがある事が分かります。

韓国語はどちらかと言うと
発音が平板的と言う印象があります。

アクセント以外にも
日本語と韓国語の音には
かなり違いがあり、

全体としての韓国語の発音は
日本人にとっては少し難しいです。

母音は8つで日本語より多く、

子音は「平音」と言う日本語と
同じ種類の子音の他に

「濃音」と「激音」の区別があります。

ところが音と違い、
文法は日本語と韓国では
驚くほど似ています。

語順が基本的に日本語と同じで
日本人にとっては習得しやすい
外国語の一つです。

そして韓国語にも日本語にも
同じ複雑な敬語があるのが
共通点です。

日本語と韓国語の文法は
良く似ている所から、

両言語の祖先は同じではないかと
考える人もいますが、

隣接した地域で使われているので
その可能性はありますが、

言語学者はその証明は
できないと考えているようです。

韓国語(朝鮮語)を活かして仕事をするなら

韓国語、朝鮮語の仕事についてですが、

通訳や翻訳など、仕事の
需要はかなり多いと言います。

お隣の国ですし、交流も多いので、
必要なことは確かに多いでしょう。

しかし、

この仕事の大半は、
韓国人がやるのが特徴です。

前回中国語について話ししましたが、

日本語に堪能な韓国人の
割合が多いのです。

そして、韓国人に依頼知る方が
値段は安いので、どうしても
重要の格差は出てきます。

なので、ここでも韓国語で
仕事がしたいならば、

何かしらの得意分野を
身に付ける必要があります。

語学教師の需要も、

残念ながら多くはありません。

ネイティブの教師が圧倒的に
有利な世界です。

なので、韓国語に関しては、

ひと工夫しないと、

韓国、朝鮮語の語学力のみ
の商品でプロとしてやっていくのは
やや難しいのが現状でしょう。

韓国語だけでなく、

何かしらあなたを輝かせる
得意分野を持つ、

これを徹底に考えて
そのスキルを磨いて下さい。

そうすれば、

必ず、必要とされる人物に
なることが出来ます。

日本人にとっての韓国語(朝鮮語)の関係

韓流ブーム以来、
韓国のテレビドラマが

日本でも放映される機会が多く、

韓国語に触れうる機会は
格段と増えました。

朝鮮半島の情勢は、
まだまだ安定しているとは言えませんが、

今後とも日本とこの地域の
関係が密接であり続ける事は変わりません。

韓国での呼称は「韓国語」、
北朝鮮での呼称は「朝鮮語」、

日本では現在「韓国語」は
韓国の言語を指す呼称として用いられ、

南北を区別しない呼称としては
学術的に「朝鮮語」が用いられています。

この言語名が統一される日が来るのか、
未来の事は分かりませんが、

韓国語をマスターして
仕事に活かす事はさまざまな
観点から有意義と言えるでしょう。

<韓国語の簡単な挨拶>

こんにちは

안녕하십니까?
アンニョンハシムニカ
(目上の人に使う敬語)

안녕하세요?
アンニョンハセヨ

はじめまして

처음 뵙겠습니다.
チョウム ペプケッスムニダ

元気ですか?

건강하십니까?
コンガンハシムニカ

など耳にして言葉もあるでしょう。

以上、韓国語、朝鮮語の能力を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ち

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>