中国語、広東語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ち


今回のテーマは、

中国語、広東語の能力を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ち

について紹介します。

中華人民共和国の人口
約13億人のための公用語で、

その他にも台湾の1900万人近い人々、

そして南西アジア、アメリカなど
世界中の中国人移民の人々が使う言葉で、

世界で最も多く話されている
言語の一つです。

多くの地方語がある中、

中国語で漢語(Hanyu)北京語が
中国人の約85%が話す公用語で、

中国での教育に使われます。

その他に中国の地方語の中でも

広東語(広東州、香港など)
呉語(上海地方)
アモイ語(福建省、台湾、シンガポール)
ハッカ語(広東の一部、広西、福建省、台湾)

などがあります。

こうした地方語も5000万人以上の
人々に使われ、

日本人が仕事を使う上でも
重要な言語になるでしょう。

スポンサーリンク

中国語の成り立ちや特徴

中国語は「シナ・チベット語族」
に属する言葉で

チベット語、ビルマ語、タイ語
などと類縁関係にあります。

標準語としての普通語は

中国の首都北京の方言に基づき、
1956年に制定されたものです。

広東語も北京語と同様に
中国語の方言だとされていますが、
相互に通じる事はありません。

中国語の諸方言は
相互理解が非常に難しく、

この点で、イタリア語、
フランス語、スペイン語のような

起源は同じで似ているが、
異なった言語だと見なされるロマンス諸語と
同じような特徴を持っています。

8億人以上の母語話者を持つ
北京語と比べ物にならないものの、

全体として世界で8000万人の
話者を擁すと推定される広東語、

世界経済、文化への影響が大きい
香港の言語でもあり、

他の中国諸方言と違い
テレビ、ラジオ、新聞など
メディアで広く用いられている事から、

北京語に次ぐ威信を持つ
中国語方言と言えます。

中国と言う広い国家を
代表する言語は、

政府が文字言語として唯一
規範を与えている普通後である事は
疑いの余地がありませんが、

しかしながら
中国人民13億の人々は

実際は多様な文化と言語を
背景とする人間の集合体なのです。

例えば広東語の祖先は

秦を倒した項羽の
故事で有名な楚の方言からの
影響を受けたとも言われており、

広東語には中央に対抗する

地方勢力の息吹が
脈々と流れているのかもしれません。

中国語を活かして仕事をするなら

中国語の翻訳市場は
どんどん広がっています。

中国語市場というのは、
もともと大きな市場ですが、

一つ注目すべきなのは、

中国の本土の人、或いは台湾人で

日本語が堪能な人が増えており、

翻訳や通訳、コーディネーターとして
活躍する人が増えていると言う事です。

中には日本人より優秀に
日本語を使う人もいるので、

そう言った人が仕事をたくさん請け負う
という状況は多いのも事実です。

とは言え、

中国語の実力を持っていれば
仕事に困る事は無いでしょう。

また最近では、

共通語である普通語、北京語

だけでなく、

台湾語や広東語、上海語
の仕事依頼も増えています。

これらにも対応できるのならば、
仕事の範囲は大きく広がります。

中国語の翻訳の場合、

コンピューターで、文字を打つ
環境も必要です。

中国語の教師になりたい場合、

これも、ネイティブの教師の方が
有利になる傾向がありますが、

そのハンディを埋めるため、

日本語との、文法的相違
音声をマスターするノウハウを
身に付けておくと良いと思います。

日本と中国語の関係

漢字を使う言葉と言う意味で
親しみがある言葉ですが、

文法や発音はまるで違います。

中国語の特徴として有名なのが、

一つの音節の内部で
音調の高さが変化する「声調」
を持っている事です。

北京語の声調は4種類ですが、
広東語の声調は6種類あります。

北京語と広東語には

一部に語順の違いなど認められても

基本的には文法の仕組みは同じです。

従って同じ意味を表すのに
同じ漢字を当てれば、

広東語でも北京語でも
同じ文を書く事ができます。

しかし漢字の発音は双方で
そうとう異なっていますので、

書かれた文が同じでも、
発音されるとお互いに理解するのは
難しいです。

さらに北京語以外に
広東語は独自の表記を持ち、

使用される文字は1956年に
採用された「簡体字」を使う
北京語に対して、

広東語では「繁体字」と呼ばれる
旧来からの字体です。

また北京語にはない
広東語特有の単語、独自の
漢字が使われる事もあり、

一言で中国語と言っても
非常に奥が深いものです。

今後日本の中国の関係は
ますます活発になっていくでしょう。

中国語の能力は仕事でも活かせる
重要な言語と言えるでしょう。

以上、中国語、広東語の
需要や特徴、成り立ちを

ぜひあなたの語学習得の
参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>