イタリア語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

イタリア語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ
今回のテーマは、

イタリア語の能力を活かした仕事、
需要や特徴、成り立ちやコツ

について紹介します。

イタリア語は

イタリア人とスイスの一部、
フランス、地中海の島々

西アフリカの一部の人々に

おおよそ6000万人の
人々に話されている言葉です。

イタリアの領域内の

サンマリノ共和国、
バチカン市国でも
公用語としてイタリア語が使われます。

他にも、ブラジル、アルゼンチンに住む
多くのイタリア人、

アメリカのイタリア移民350万
の人々に使われて、

イタリアンアメリカンの
学生たちの間では、

自分たちの先祖から
伝承してきているイタリア文化を
学ぶ人も増えており、

イタリア語を使った仕事の
幅は広いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

イタリア語の成り立ちや特徴

イタリア語は世界の中でも
美しく、メロディのある言語とされています。

音楽やオペラの分野でも
良く知られています。

イタリアの首都は、
古代文明の香りが未だに残る
ローマですが、

イタリア語はローマで使われていた
ラテン語の直接の末裔の言葉です。

現在私たちが知る
ラテン語の主要文献は、

まさにこのローマの
ラテン語で書かれたものなのです。

しかし現代イタリア語の標準語は

ローマで話されていた
方言をもとにしたものではなく、

トスカーナ地方の
フィレンツェの方言が元になっています。

日本語やフランス語は
首都の方言をもとにして作られていますが、

そう考えると
イタリア語の標準語事情は
いささか不思議なものですね。

この経緯は、

イタリアは古い歴史を持つ国で
様々に分化した方言があり、

北部方言と南部方言は
お互いに通じないくらい異なる
言葉を使っていたそうです。

それが中正になり、
イタリア語で文学作品が
書かれるようになると、

それぞれの方言使用者が
自らの独自性と優位性を主張するようになります。

ローマには教皇庁があっても
実質的な支配をイタリア全土に
及ぼしていた訳ではなく、

ローマ方言が各地に
浸透する事は無かったそうです。

一方で13世紀ルネサンスが始まり、
その中心地はメディチ家の支配するフィレンツェ

移行イタリア文化の優位性は
フィレンツェが決定的になり、

書き言葉が標準語の地位を
獲得するようになります。

ただし話し言葉のレベルで
イタリア全土に標準語が普及するのは

19世紀後半にイタリア国家の
統一が実現してからと言います。

イタリア語を活かして仕事をするなら

イタリア語というのは、案外仕事の
需要が多い分野でしょう。

需要が多いが、それを供給できる
優秀な翻訳家の人材は
不足しているようですので、

狙い目の市場とも言えるでしょう。

NHKラジオやテレビで
イタリア語講座もやっていますし、

イタリア文化に興味がある人も多く、

イタリア語学者数は
増えています、

しかし、翻訳や通訳をする
レベルの人は少なく、

実力を持った人は、仕事が
ひっきりなしでくる事でしょう。

もちろん他のヨーロッパ語

フランス語やドイツ語、スペイン語
などに比べたら、市場は小さいのですが、

仕事で翻訳するレベルの人は、
少ない状況です。

それに対して仕事量は多いのです。

だから、イタリア語の人材は常に
不足しがちで仕事オーバーフローしているそうです。

イタリア語、イタリア文化に
興味がある人は、

ぜひ狙ってほしい分野ですね。

翻訳の内容も多岐にわたっており、

あらゆる分野の文献が仕事として
あります。

友人の話によると、

法律関係の文章は特に
難しいようですが、、

日本とイタリア語の関係

日本人にとってイタリア語は
英、独、仏に並びなじみのある
外国語の一つです。

音楽の時間に覚えた

andante(アンダンテ、歩くような速さで)
da capo(ダ・カーポ、最初から)
soprano(ソプラノ)

など音楽用語のほとんどは
イタリア語ですし、

spaghetti(スパゲッティ)
pizza(ピッツァ)
risotto(リゾット)
minestrone(ミネストローネ)

など良く知られたイタリア料理の
名前ももちろん由来です。

イタリア語は母音が日本語と
だいたい同じで、

単語も母音で終わるものが多い点で
日本語と良く似ていると言われます。

南北格差、失業、マフィアなど
イタリア政治の抱える問題は多いですが、

世界に誇るべき文化遺産があり、

スーパーカーを生み出した産業があり、
何より美味しいイタリア料理があります。

イタリア語をマスターしていかせば
仕事の幅は間違いなく広がるでしょう。

以上、イタリア語の能力を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

あなたの語学習得の
参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>