ドイツ語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

ドイツ語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ
今回のテーマは、

ドイツ語の能力を活かした仕事、
需要や特徴、成り立ちやコツ

について紹介します。

ドイツ語はドイツだけでなく、

オーストリア、リヒテンシュタインの
唯一の公用語である他、

スイスでは全人口の
約65%が使用しているし

ルクセンブルグ、ベルギー
イタリアでも公用語の一つです。

フランス東部のアルザス・ロレーヌ地方の
かなりの部分は、

伝統的にドイツ語使用地域であり、

今でもドイツ語の方言を
日常的に話す人々がいます。

アメリカ大陸に移住した
ドイツ系移民も含めると、

全世界でドイツ語を
使用する人々の数は
1億2千万人以上に上がり、

この数は日本語を使用する人口と
ほぼ同じで、

仕事での需要もそれだけ
大きい言語と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ドイツ語の成り立ちや特徴

ドイツ語と言えば、

der,des,dem,den

と言う男性定冠詞の格変化を
思い出す人も多いでしょう。

ドイツ語は英語やオランダ語、
北欧諸語などと同じく

「ゲルマン諸語」に属する言語ですが、

英語よりもゲルマン語の
古い特徴を残しています。

名詞や冠詞が主語や目的語或は
所有などの働きに応じて
語形を変えると言う特徴もその一つです。

ドイツで話されている「ドイツ語」は

ドイツ本国ではDeutschですが、

英語ではGerman
フランス語ではAllemand
スペイン語ではAleman
イタリア語ではtedesco

と呼ばれます。

英語のGermanは

文字通り「ゲルマン人」に
由来する語形ですが、

フランス語スペイン語の呼び名は

ゲルマン人の一部族である
「アレマン族」に由来します。

一方でドイツ語のDeutsch
イタリア語のtedescoは

元来は「民衆」と言う意味を
表していた古いドイツ語の

thiudiskaと言う語を
紀元とするものだと言われており、

ある特定の地域の
名称をもとにした言語名ではありません。

中世ヨーロッパの文語である
ラテン語とは異なる

「民衆の」言葉ということで
こう呼ばれるようになったとされます。

このようにドイツ語と言う
言語の呼び名が、

ヨーロッパ各地で異なるのは、
ドイツ語を話す民族が中心となって
統一国家を形成する事ができたのが、

19世紀になってからだった
と言う事実が原因でしょう。

どこかの国や地域を中心として
使われる言語でなければ

「ゲルマン人」のような
包括的な民族名で呼んだり、

「アレマン族」のように
たまたま近接した地域にいた
部族名で呼んだり、

或はその言語を話す人々の
階層を表す言葉で読んだりと、

適当な呼称を工夫する
意外方法がありません。

こういった成り立ちを見ていくと

本当に言語と言うのは
興味深いものと感じます。

ドイツ語を活かして仕事をするなら

ではそんなドイツ語を使って
仕事をする場合、

どういったケースが考えられるでしょう。

ドイツ語というのは、

通訳よりも、翻訳の方が
大きな市場になっています。

そう言う観点から、

あらゆる分野で、ドイツ語の
実務翻訳能力がある人は

仕事には困らないのではないでしょうか?

イメージ的に、

ドイツ人はフランス人やイタリア人など
ラテン語族の人たちよりも、

英語が出来るから
通訳の仕事は少ないと言う人もいます。

が、それはあくまでイメージで
現状はかなり異なります。

実はヨーロッパ諸国で
平均すると、英語が最も通じないのは
ドイツというデータもあります。

平均というのはここでは、

ビジネスマンのようなエリート層や
直接外人と接する機会の多いホテルなど
観光客の比率が高い場所では

英語は通じますが、

一般庶民や郊外に行くと
通じなくなると言う事です。

私の経験でも、

シュトゥットガルトの郊外で
仲良くなったドイツ人は

「OK」

以外の英語を見事なまでに
知らなかったという事もあります。

なので、ドイツ語というのは
かなり重宝する市場とも言えるのです。

ドイツ語を勉強している人も多いですが、
何かしらの切り札を持った分野がある

そう言う人は特に
仕事がやりやすいでしょう。

ビジネスの知識を、ドイツ語の語学力
双方がある人は案外少ないです。

日本人とドイツ語の関係

明治以降の歴史において
ドイツと日本の関係は深く、

大日本帝国憲法は
当時のドイツ憲法の精神に基づいて
制定されたものですし、

高等教育もドイツの
教育制度を取り入れて整備されました。

第一次世界大戦では
敵対したものの、

ドイツ人捕虜を丁重に遇した
徳島県の収容所に関するエピソードなど

第二次世界大戦の同盟関係も含め
関係は概ね良好だったと言えるでしょう。

使用人口はほぼ同じですが、

ドイツ語と日本語では
学問の世界での影響力は大きく違い

カント、ヘーゲル、ゲーテ、
シラー、マルクス、ガウスなど

ドイツ語を用いて書かれた
世界的に有名な古典的著作は

学問芸術のあらゆる分野に渡っていて、

ギリシャに始まるヨーロッパの
学芸を近代になって華々しく
発展させたのは、

ドイツ語を用いる人が中心でした。

日本でも、森鴎外を始め
医者を志す人は当時、

ドイツに留学したものです。

戦前の旧制高校生は
ドイツ哲学に憧れ、

「メッチェン(娘)」
「シャン(美人)」

などドイツ語由来の
カタカナを愛用していました。

戦後しばらくは大学で学ぶ
第二外国語として選択されるのは
圧倒的にドイツ語が多かったそうです。

ドイツ語圏は西ヨーロッパの
中心部を占めるだけあって、

ベルリン、ミュンヘン、ウィーン、
チューリッヒなど

重要な経済、文化の拠点が多いです。

ヨーロッパにおける
ドイツ語の地位は低下しているかもしれませんが、

歴史的にドイツ語が果たしてきた
重要な貢献は未だに大きいです。

「アルプスの少女ハイジ」から
「資本論」まで、

日本でもドイツ語の影響は大きく、

マスターすれば仕事に
大いにに活用できるでしょう。

以上、ドイツ語の能力を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

などぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>