フランス語の能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ


今回のテーマは、

フランス語の能力を活かした仕事、
需要や特徴、成り立ちやコツ

について紹介します。

フランス語は

フランスはもとより、
ベルギー、スイスカナダ
カリブ地方、中央、西アフリカ、

中東、インドシナ、
そして太平洋、インド洋などに浮かぶ
島々に暮らす人の

約1億人の人に使われている言葉で、

さらにフランス語は何万もの
人々の第二外国語、

文化的言語として
世界中に広まり、

仕事としての需要も高い言葉です。

スポンサーリンク

フランス語の成り立ちや特徴

発音が難しいとされるフランス語ですが、

英語とフランス語は共通の祖先に
由来する親戚筋にあたる言語です。

英語の祖先は
「ゲルマン祖語」と呼ばれ、

紀元4世紀後半に始まる
ローマ帝国へのゲルマン民族の
侵入よりも遥か前に、

恐らくきたヨーロッパ地域に
居住していた民族が使用していた
言語だと考えられています。

このゲルマン祖語と
フランス語の祖先であるラテン語は、

ともに「インドヨーロッパ語族」

と呼ばれる共通の祖先に
遡る事が知られています。

ラテン語を祖先とする言語に、

フランス語、イタリア語、スペイン語
ルーマニア語などがあり

「ロマンス諸語」などと呼ばれます。

「ロマンス」というのは

中世ヨーロッパの書き言葉
だったラテン語に対して

民衆が話していた言語を
総称するための名前であり、

時期は定かではありませんが、

恐らく6世紀くらいに
ラテン語とも他のロマンス諸語とも
異なった特徴を持つ言葉として

フランス語が成立した
と考えられています。

フランス語を活かして仕事をするなら

フランス語の翻訳市場は
そこそこの規模があります。

需要は多いもの供給側の
フランス語のできる日本人は
結構多いので、

フランス語の力だけで
仕事をしていこうとすると、

かなりの努力が必要になります。

ゼネラルなフランス語能力が
ある事に越したことはありませんが、

出来れば切り札的な専門分野を持つと
仕事の安定性は増えるでしょう。

教養や歴史、文化への造詣など

そう言った能力があれば
心強いですね。

通訳も同じことが言えます。

やはり私の知人のフランス語の
通訳者の方も、

相当勉強家で努力を欠かさない人です。

また、フランス語の通訳を目指す人は、

多少なりとも英語力を付けておくと
仕事を獲得できる可能性がかなり
高まります。

フランス語を活かして仕事をする場合

実は、一番困難な道は、

実は日本人でフランス語を
教えると言う道です。

その市場は決して大きくはありません。

根強い日本人のネイティブ
コンプレックスがあるので、

「会話はネイティブと」との思いから、

教養もパッションもない
旅行者のようなフランス人に

高いお金を出してレッスンを受ける
人もかなり多いのです。

でも、本来であれば
実際にこんな教師に習うくらいなら
日本人の優秀な教師に習うべきですね。

日本でもなじみのフランス語

フランス語の仕事の需要は
今後増えていくでしょう。

1066年にフランス語を使っていた
集団がイギリスを征服した事により

イギリスの支配階級は
その事フランス語を話していました。

その結果、英語には大量の
フランス語からの借用語があります。

tableやveryなど英語の日常語も
元はフランス語起源です。

18世紀から19世紀にかけて
洗練された文化を背景に

国際語としてヨーロッパに君臨し、

20世紀になっても
アフリカやアジアの植民地では
公用語として使用されています。

現在でも旧植民地の
ギニア、カメルーンなどのアフリカ諸国、
中米のハイチなどでは公用語です。

欧州連合の内部での
フランス語の威信は高いですが、

現在では国際語としての
有用性では圧倒的に英語に
遅れをとっていますが、

フランス語の一部は
世界中の国々がそのまま使い
それぞれの国で外来語として受け入れられています。

Oui(ハイ)
Bon voyage(良い旅を)
chic(シックな)
boutique(ブティック)
encore(アンコール)

などです。

以上、フランス語の能力を活かした
仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ

あなたの語学習得の
参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>