英語をの能力を活かした仕事、需要や特徴、成り立ちやコツ


今回のテーマは、

英語をの能力を活かした仕事、
需要や特徴、成り立ちやコツ

について紹介します。

語学を生かして仕事がしたいと考える
人にとって、自分が勉強している言語に
どれくらい需要があるのか、

気になる所ではないかと思います。

これから外国語に関して、
言語別で翻訳市場が

どれくらい活気があるのか、

私なりの経験でお伝えしたいと思います。

まずは英語に関してですが、

学者によって違いはあるものの、

世界中にある言語の数は
4000〜6000ほどあると言います。

その中で言語人口の一番多い
言語は何かと聞いてみると、

多くの人が「英語」と答えるでしょう。

実際には言語人口だけを見れば
中国語が12億人、

英語は7億人なのですが、

英語を母国語として使う人と
第二言語として使う人の数を
合計すれば

ダントツにトップが英語となります。

英語は、イギリスに加えて、

アメリカ合衆国、カナダ
オーストラリア、ニュージーランドで
母国語になっており、

第二言語となっている国は

アイルランド、インド、香港、
パプワニューギニア、アフリカの一部、
西インド諸島などです。

が、教育や文化的にも
世界中で重要性が大きくなり、

英語は国際語となっており、
今や世界中で一定規模の英語を
喋れる人がいます。

スポンサーリンク

英語の特徴、成り立ち

さて、英語というのは
時代によって三つに区分され、

「古英語」「中英語」「近代英語」

に分かれます。

20世紀以降現在まで使われる
英語はさらに区分された「現代英語」です。

もともと英語をイギリスにもたらしたのは、

5〜6世紀のゲルマン系の
アングロサクソン人で

「England」というのは

「アングルの土地」Angland
ということです。

そしてラテンアルファベットを
もたらしたのは、

6世紀のキリスト教布教者たちで、

そのごヨーロッパでは
文化が混合されていきます。

古英語は、ゲルマン系が基礎となり、

ケルト語、ラテン語、北欧語の
借用が見られます。

そして現代の国際語としての
英語の地位を築いたのは、

アメリカの独立と発展、
及びイギリス帝国による植民地の
増加にともなった

英語の広がりが上げられるでしょう。

14世紀から18世紀にかけて
文法や語彙がしっかり形成され
今の近い形になったようです。

英語をの能力を活かした仕事、需要

英語の翻訳市場は、
言うまでもなく最大にして多岐に渡ります。

それだけスペシャリストが
多く、競争も激しいので、

中途半端なスタンスでは
もはや通用しないのが
正直なところでしょう。

英語の語学力を武器にするなら、
市場をもっと細分化して
臨まなければいけないでしょう。

逆にいえば、英語市場と言うのは、
それだけ可能性が大きい市場でもあります。

例えば翻訳ならば、

特許専門とか、医学専門とか、

切り口がマニアックなほど
営業活動も絞りやすいでしょう。

直的には仕事をしやすいと
言えるでしょう。

もちろんその業界については、
常に最先端のニュースを仕入れて、

学ぶ必要はありますが、、

英語で生計を立てたい、特に
英語教師として仕事がしたいなら、

残念ながら、多くの企業は
ネイティブの教師を希望します。

でも最近では、多くのビジネスマンが

アメリカ、イギリス、オーストラリア、
などへ行く事も多くなりました。

その際、中学を卒業してから、
ほとんど英語に触れていない、、

そんな人にとっては、

いきなり日本語のできない
ネイティブの教師に英会話を
教わろうにも、無理があります。

日本人が英語を活用するコツ

アメリカはるつぼ英語と言われ、

様々な文化が融合、同化して
新しい形が形成されています。

アメリカニズムの影響が大きく、

文化、物流、人的交流が
ますます盛んになり、

日本人にとっても
英語を活かしていく事は重要でしょう。

特に語学のスペシャリストとして、
活躍するのであれば、

私個人の意見としては、

こういった学習者に対して、
やり直し英語を学ぶ際、

本当に良いメソッドを持つ
優れた日本語教師が存在するなら、

かなり重要はあると思うのです。

でも、一般的な語学学校や
書籍などの

やり直し英語のカリキュラムなどを見ると、

私たちのうんざりした学校英語
受験英語の域を出ていないものが
多々あります。

そう言った、複雑な英語を教わったり、
日本語のできないネイティブに習う

と言うのが一般化している状況で、

優れた日本人の英語教師と言うのは
かなり重要のある市場だと思うのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>