語学、外国語の単語の覚え方、語彙力を増やす学習法とコツ


今回のテーマは、

語学、外国語の単語の覚え方、
語彙力を増やす学習法とコツ

について紹介します。

外国語の単語、語彙を知らなければ

スピーキング、リスニング、
リーディング、ライティング

と言った基本的な
言語活動は出来ないものです。

だから、単語、語彙力を増やす
学習法と言うのは、

語学力、外国語マスターのための
最も重要な要素の一つと言います。

そしてその学習法は
一般的に二つの方法があります。

それぞれ紹介します。

スポンサーリンク

二つの単語、語彙の覚え方、学習法のコツ

単語、語彙の学習法には
大きく分けて二つの方法があります。

直接的アプローチと
間接的アプローチです。

直接的アプローチは
リストアップされた単語を覚えたり、

練習問題を解いたりする
学習方法です。

頻度が高く、サバイバル程度の
単語を覚える時は

この方法を良く使いますが、

この手法で覚えられる
単語数は限られています。

もう一つが
間接的アプローチです。

覚える単語が多い場合
直接的なアプローチでは
間に合いません。

単語や語彙というのは
聞いたり呼んだりしている過程で
身に付いていくもので、

リストの単語を片っ端から
覚えていってもなかなかマスターできません。

間接的アプローチでは
話したり、書いたりと

実際に外国語を使いながら
たくさんの単語を習得していくのです。

もちろんどちらも
メリット、デメリットがあります。

試してみて、
実際に効果のある方、
結果の出る学習法を続けると良いでしょう。

単語の学習法はどういったものがある?

では具体的に
単語の学習法にはどのような
ものがあるのでしょうか?

直接的、間接的アプローチ
それぞれ紹介しましょう。

直接的アプローチ

・記憶の定着テスト

どんな学習法であれ
100%覚えているか確かめましょう。

今100%覚えているものも、
翌日には75%、1週間後には
さらに落ちているかもしれません。

覚えた単語は忘れないように
テストして必ずチェックします。

・単語とその訳をカードに書く

カードに書いて覚えると
順番を変えて試せるので便利です。

学習している外国語の
カードが売られている場合もあるので、

それを利用するのも良いでしょう。

・何度も発音し、何度も書く

読むだけでなく、発音し、
書く事で記憶の定着力は高まります。

・覚えた単語で文を作る

覚えた単語で色々な分を作り
先生にチェックしてもらいましょう。

・聞いて覚えるなら単語と訳を録音する

録音したテープを何度も聴いて
記憶の定着を計ります。

・品詞別に色分けする

視覚的に覚えたい場合、

名刺、形容詞、動詞と言う順で記憶し
覚えたい単語を色で覚え
目立たせて覚えるようにします。

間接的アプローチ

・一つのテーマについていくつかテキストを読む

テーマが同じ記事、論文、
エッセイなどを読めば、

そのテーマに関する単語、語彙は
何度も出てきます。

複数のテキストで同じ単語に接すると
意味が分かりやすくなり覚えやすくなります。

・文脈から意味を類推する

読んでいて意味が分からない
単語や語彙があっても、

前後の文脈から意味が掴める
単語がいくつかあるものです。

・話しを分割する

単語を接頭辞、語幹、接尾辞
に分解すると

始めて見る単語でも
意味が分かる事があります。

これら学習法とコツを
ぜひ参考にしてください。

外国語の単語、語彙力を効率的に増やす方法

語学、外国語の語彙力を増やす学習法というと、

基礎●●語とか、出る順単語とか、

そう言ったタイプの単語本を
使っている人をよく見かけますが、

受験や試験勉強では
当たり前に使われる方法です。

ただこの方法は個人的には
長期的にはお勧めできません。

なぜなら、語彙と言うものは、

実際の学習の過程で、
接した語彙でないと身に付きにくい
ものだからです。

教科書や、参考書、実際の会話

授業などの際に、触れた
新種語彙をマメに自分で整理し、

自分用の辞書を作るような
やり方でないと、

本当の意味での、
つまり自在に使いこなせる

と言う意味での語彙力は増やせないでしょう。

なので、あくまでも、読んだり
書いたり、文法ドリルをこなしたり
そういった過程で語彙を増やすのが、

王道なのです。

それでも、劇的に語彙を
増やす助けになる方法はあります。

それが語源を学ぶことです。

語源を学ぶと言うのは、
言葉に対する想像力が

どんどん膨らんでいき、

語感が豊かになります。

訳読や作文、さらに細かい
会話のニュアンスなど、

言語の背景にあるその
民族の文化や価値観まで

よく分かるようになります。

語学、外国語の単語の覚え方、
語彙力を増やす学習法とコツ

ぜひお試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>