現地に語学留学する適切のタイミングとは?目的意識が秘訣

現地に語学留学する適切のタイミングとは?目的意識が秘訣
今回のテーマは、

現地に語学留学する適切の
タイミングとは?目的意識が秘訣

について紹介します。

教育の基本的なあり方として、

未知なるものや異質なものとの
出会いが重要です。

そう言った場合、

「留学」というのは
絶好の機会である事は間違いありません。

現に、教育トップレベルの
アメリカには、

世界中の国から優秀な学生が
どんどんアメリカへ留学します。

ところが最近では日本から海外へ
留学する人の数は減っているようです。

不景気で経済的な余裕がない
というのも理由のひとつでしょうが、

若い世代の中では海外に
飛び出す積極性や好奇心も
薄れているような気もします。

しかし海外に進路の選択肢を
広げた方が、

これからのグローバル社会を
生き抜いて行く力が身に付き、

自分らしい充実した人生を
送れる可能性が高まるはずです。

スポンサーリンク

現地に語学留学するタイミングとは?

だからこそ留学には大きな
メリットがあるのですが、

留学を成功させるには
準備というのが大切になります。

現地に語学留学する適切の
タイミングとはいつなのでしょうか?

今までのステップを終えたなら、

語学の基礎力がつくでしょう。

そうなったなら、
1ヶ月2ヶ月でもいので、

現地の会話学校に行って授業を受け、
放課後などは現地の方と友達になり、

実際に会話する機会を持つことは
語学力にとっても有意義な事でしょうし、

そこから将来の進路に結びつく、
目的意識を持ってやれば、

大学進学や就職など、

学ぶ目的もハッキリし、
効率のよう学び方ができます。

かなり労力が要りますので
根性が要りますが、

大きな学習効果があります。

語学留学に失敗する人、成功する人

社会人のスキルアップの為の
留学であれば、

目的意識がハッキリしているので
それほど心配はないですが、

若い人でまだ将来の
ビジョンがハッキリしてない段階で、

留学をしても、

日本人同士で集まってしまったり、
ついつい遊びがメインになったりと、

「とりあえず留学」思考では
失敗に終わるケースもあります。

また受け身的な姿勢の日本の

学習タイプを棄てきれず、
現地で馴染めない事もあります。

特にアメリカなどは
多民族国家なので、

日本のように相手がこちらの
気持ちを察してくれるような事は
ほとんどありません。

嫌な事もはっきりとノーと
言わないと伝わらない社会です。

こうした目的意識のなさから、
留学に失敗するケースは良くあります。

語学もできず、お金を使って帰ってきて、
スキルアップもできないで
帰ってくるという人もいます。

現地で暮らしていれば、
それ内に日常会話はできるようになりますが、

仕事で使えるスキルにはなりません。

だからまず日本で基礎的な力を付けましょう。

そして自分が何がしたいのかを
しっかりと棚卸ししておきましょう。

特に文法は現地では
なかなか学べません。

ここでしっかりとした語学力を
磨いてから留学をしたほうが

何倍も得るものが大きいのです。

早いタイミングで現地に語学留学
というのは得策ではありません。

現地に語学留学は目的意識が秘訣

現地に留学に行けない人は、

さらに日本で良い会話学校を
探してレベルの高いクラスに入ってもいいです。

この場合、多少のコミュニケーションが
出来るようになっていると思うので、

教師はネイティブを選ぶと良いですね。

経済的に可能ならば、
個人レッスンを受けたり、

友人を作ったりする機会を
作っていくと良いでしょう。

やりたい仕事がある程度決まっているなら、

安い給料でも良いので
その環境で働かせてもらい
雰囲気を味わい実践するのも良いでしょう。

今の時代日本にいても
できることはあります。

しかし日本にいては
できない事もありますが、

留学もタイミング次第で
経験を活かせるようになるのです。

そしてここまでくれば
モチベーションは高くなっていると思うので、

語学を嫌々やるのではなく、
自分の目的のために勉強しましょう。

金融関係の人なら、
金融関係の外国語を学んだり、

ビジネスマンならば
プレゼンやセールスを学んだり、

翻訳家を目指すなら、
通訳のスキルを磨いていくなど

目的意識にあった実力を磨いていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>