効率よい外国語、語学の勉強のため時間を決めて行うとよい


今回のテーマは、

効率よい外国語、語学の勉強の
ため時間を決めて行うとよい

について紹介します。

私たち人間にとって
時間と言うものは平等に与えられています。

大富豪も貧乏人も、
時間だけは24時間平等です。

賢者と愚者の違いは
いかにその時間を有効に活用するか。

語学をマスターするうえでも
この時間管理は重要です。

だからこそ外国語、語学の
勉強は時間を決めて行うとよいです。

特に時間に追われる社会人は、

どのように語学学習の
時間を作る出せば良いか?

できるなら効率の良いやり方を…

と考えたくなるのも
無理は無いですが、

結局は外国語を上達させる早道は

できるだけ多く外国語に接する
勉強時間を作り出す事でもあります。

スポンサーリンク

時間を決めて集中して勉強する

第二外国語を学ぶ日本人学習者の場合、

ほとんどが初歩から学ぶ人です。

そのような人たちが、
外国人教師による、ダイレクトメソッド
の効果である程度のレベルになるのは、

基本的な発音のマスターや、
最低限の語彙の暗記
文法の運用能力

と言ったものがどうしても必要です。

あなたの気が向いた時間に
いつでも学習できますよ。

というフレックスタイムを
取り入れた学習スタイルの存在しますが、

フレックス=暇な時、

気が向いたとき、、と言う風に
なりがちです。

そんなモチベーション、気が向いた時
に勉強をするという方法では、

仕事の関係などでどうしても
この方法しかない、、と言う人が
いる事も分かりますが、

外国語は気が向いたときだけ勉強する
と言う感じで習得できるほど甘いモノ
ではありません。

やはりある時期に、ストイックに
勉強することを避ける事は出来ません。

なので、このフレックスタイムを
もちいた学習方法も

効率的な学習法とは私は思えません。

語学勉強のゴールデンタイムとは?

ではどの時間にやれば良いのでしょうか?

人にはそれぞれ生活のリズムがあり、
大きく分けると、

朝型と夜型に分かれるのは
言うまでもないですが、

朝型の方が、脳の効率が良いのです。

人間の脳細胞には脳波が

アルファ波に変化する時間
(脳が物事を最も吸収しやすい時)

とベータ波に変化する時間
(反対に最も脳の働きが鈍くなる時間)

とがあります。

この脳波がアルファ化する時間帯は
平均的に午前中であり、

夜になると半減していきます。

これは統計的な見方であり、
誰にでも当てはまるとは限りませんが、

朝起きて約1時間後から午前中にかけて、

体調も頭の調子も良く、

語学の勉強に最適な時間と言えるでしょう。

効率よい外国語、語学のために
朝のゴールデンタイムを
活用すると良いでしょう。

成功するビジネスマンの多くも、

スケジュールで重要な事を
朝型に持ってくる人が多いです。

私自身も語学の勉強は

体調が集中力の最もある
朝にスケジュールを組んでいます。

社会人の場合であれば、

夜にスケジュールを組むと、

残業や誘惑なども多く、
日中の疲れが出てしまい

1時間の時間ですら
自分の時間を作るのが難しくなります。

しかし早朝であれば、
身体も疲れておらず、

邪魔も入らないで、
時間も作りやすいのです。

最近では、社会人のための
英会話学校も早朝クラスを準備しており、
盛況と言いますが、

朝は語学を覚えるためにも
ゴールデンタイムと言えます。

昔から言われるように
早寝早起きは健康のためにも良く、

余裕のある1日のスタートは
仕事をするにも集中力が増し、

充実した毎日を送る事ができます。

隙間時間にも語学の勉強を

決まった時間に、
特に早朝は勉強に最適ですが、

とはいえ、隙間時間に
語学の勉強するのも現代人には
必須と言えるでしょう。

朝早起きが難しければ、

通勤時間を利用するのも良いです。

たいていの人は通勤に
30~1時間ほど取られますが、

その貴重な時間を利用して
音声を聞いてヒアリングの練習に
充てるのも良いでしょう。

満員電車の中では勉強なんて無理…

と思うのであれば
一台電車を早めに乗るなど、

自分で工夫して時間を作り出しましょう。

またどうしてもまとまった時間が
作れない場合は、

会社の昼休みの15分や
帰宅後の時間を少しずつ利用して、

週末の余暇にまとめて集中して
勉強するようにしましょう。

30分も時間が作れない…

と言う人は、1日を振り返り
無駄な時間がないか探してみましょう。

必ず見つかるはずです。

勉強している本を常に持っておけば、

10分や15分の時間でも

短い文章を読んで覚えれるし、
3つくらいの単語を暗記する事もできます。

どんな時間でも

あなたの生活の中に語学の
勉強を織り込む習慣を持つのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>