外国語、語学は最初は外国人教師より日本人教師に習うべき

外国語、語学は最初は外国人教師より日本人教師に習うべき
今回のテーマは、

外国語、語学は最初は外国人教師
より日本人教師に習うべき

について紹介します。

「外国語は最初は日本人に習うべき」

とアドバイスすると
多くの人に驚かれます。

多くの人が未だに、

「外国人に外国語を習うのが
最も効率的である」

という幻想があるようですね。

広告宣伝が功を奏し、

特に英語やヨーロッパの言葉なら

金髪白人の外国人と
会話をしているだけで、

それだけで外国語が上達する
というような錯覚に陥る人がいますが。

実際に語学が上達のためは、

ケースバイケースで日本人教師と
外国人を使い分けるのが賢明です。

特に学習の最初の時期には大切です。

スポンサーリンク

外国語、語学は最初からネイティブに習う?

ある外国語学校で働く
外国人教師の間の悩みや
フラストレーションとして、

日本人はニヤニヤ笑っているだけで
ちっとも積極的に話そうとしない、、

簡単な文法も理解していない、、

単語も全く知らない、、

…と言ったフラストレーションを
抱えている人がいるそうです。

とは言え、日本人の生徒の立場からすると、

いきなり話せと話言われても、
何もならっていないのに話せるわけがない。

そもそも話せないから習いに来たんだ、、

と不平不満を持っています。

そしてもちろん、教師の言っている事が
分からないとなると、

生徒にとっては授業と言うのは、
苦痛以外の何物でもありません。

やがてドロップアウトしてしまいます。

高い授業料だけ払い
やがて通わなくなるという人も
多いと聞きます。

現実問題として、

日本人の語学初学者が、

母国語しか分からない
ネイティブスピーカーに
様々な疑問点を伝えたり、

彼らの説明を理解する事は
非常に困難を伴います。

語学は外国人教師より日本人教師に習うべき

確かにネイティブの外国人教師は、

発音のモデルとして、
或は会話の練習相手として、

日本人講師より望ましい部分はあります。

(実際には発音や文法にも
怪しい外国人教師もいますが、、)

それでも、大人の学習者にとって、

発音の練習や指導でも、
日本人教師が説明する方が、

生徒は早く伸びるのです。

なぜなら生徒の発音に
問題があっても、

ネイティブスピーカーは
どこがどのように違い、
どこが難しいのかが

説明できず、

英語であれば

「repeat after me」

で済ませてしまい、

生徒の側は消化不良の
まま終わってしまう事が多いからです。

逆に考えて見ましょう、

私たちは日本語のネイティブですが、

外国人に以下の日本語の発音を
適切に教えられますか?

「ここ」「煌々」「高校」「国庫」「国交」

これらの発音の区別は
日本人であれば誰でも簡単ですが、

外国人には至難の業でしょう。

語学は最初は外国人教師より日本人教師

入門レベルでの基礎的な事は、
日本人の優れた先生に習うのが
私はベターだと思います。

またダイレクトメソッドと言う教授法ですが、

前にも言った通り、

欧州言語のような同系統の
言語間であればともかく、

導入部においては、

日本人にとってはあまりにも、
学習者に負担がかかり、

学習効率は最悪です。

特に、欧米の教科書と言うのは、
主に欧米の学習者を想定しているのです。

こうした教科書を使うなら
なおさら非効率的と言えるでしょう。

そもそも多くの日本の
語学学校に勤務する外国人教師は

そういった教授法の
訓練すら受けていないケースもある
ということも、

忘れては行けません。

ともあれば、

最初は外国人教師より
日本人教師の方が効率的です。

さらに言えば、

このサイトで紹介するような
独学を極めるべきでしょう。

どんな先生に学ぼうと、
外国語は自分で訓練する、

インプットの訓練が不可欠です。

その上でアウトプットの場として
外国人教師、ネイティブスピーカーと
接する機会も作って行ければ、

上達の道は早いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>