語学、外国語のマスターは目的意識によって学習方法は変わる

語学、外国語のマスターは目的意識によって学習方法は変わる
今回のテーマは、

語学、外国語のマスターは
目的意識によって学習方法は変わる

について紹介します。

外国語を学習する理由は
人それぞれです。

きちんとした理由をしっかりと
持っていれば、

習得の助けになる事は
間違いありません。

外国語を習得すると言う
複雑な作業を成し遂げるためには

多くの場合強い動機づけ
モチベーションが必要です。

外国語のマスターというは
目的意識によって方法は変わります。

モチベーションが高い場合
どんな学習メソッドであれ、

短期間で上達するでしょう。

一般的に外国語の学習者は
複数の学習理由を同時に持っており、

その理由は互いに相容れないものではなく、
むしろ相乗的な役割を果たします。

仕事上または学校で
外国語学習の必要性がある人が

その学習が自分の趣味のため
と捉えられた時に楽しく学習できるように
変わる場合もあります。

目的意識によって学習方法が
変わるのも当たり前です。

ここでもう一度あなたが
外国語を学習するための
目的意識を考えてみましょう。

スポンサーリンク

外国語をマスターする目的意識の種類

・仕事で外国語が必要

仕事で外国語が必要だから
学習する場合、

例えば、

国際的な仕事に従事する人、
外交官、通訳、外国語教師と言った

専門職の人は、
外国語でコミュニケーションする事が
仕事の一部と言えます。

・学校で必要

科目として外国語の取得が
義務づけられている場合、

或はテストの点数を
とる事が必要な場合、

・付き合いのために必要

身近にいる外国人と知り合い
良い関係を持ちたいと言う理由で
外国語を学習しようとする場合、

自分が住んでいる地域で

職場や学校で外国人に出会う機会は
ますます増えています。

海外旅行に行く人も多くなり
それに従って自分が言いたい事を
なんとか外国語で亜相手に伝えたい

そう言うニーズも高まっています。

・個人的な理由で必要

自分自身の知的、精神的生活を豊かにし、

ある国や文化に興味がある、
何か自分を満足させてくれるような
趣味を見つけたい、

自分のルーツを探してみたい、

など個人的な理由で
外国語を学習する場合もあります。

外国語を学習する理由、目的意識は
多ければ多いほど、

動機づけも高くなります。

そしてまさにこの動機づけこそが
長期間の外国語学習を維持するのに
不可欠な積極性を生み出すのです。

外国語習得の目標設定

外国語学習の成功率を高めるためには

自分の学習を自分でコントロールする事です。

具体的に言えば、

学習者である「あなた」自身が
学びたいものは何かを決定する事です。

自分の目的意識が
はっきりすればするほど、

どんな外国語のコースととれば良いかも
学習方法も分かってきます。

こうして時間の浪費も避けられます。

外国語の本を読む事が
目的の場合、

発音練習に意識を剥けるより、
語彙を増やす事にエネルギーを剥けるべきでしょう。

話す事が目的にしているなら
文法にも発音にも
力を入れる必要があります。

そして上達するに従って
目標が変わる事も

念頭に置いておきましょう。

以前は難しいと思っていた
目標が思ったより簡単に達成できると思える時、

自分の仕事や生活習慣が変わるとき、

また外国語に対する態度が
変わった時などには

柔軟に目標を変えなくては行けません。

現実的に上達するような
目標を持つ事がマスターへの道なのです。

最初から大きな目標を目指さず
出来るとこりから順番にやっていく事が
肝心となります。

そんな中でも限られた時間の中で
いかに効率よくできるかは

学習方法も考えなければいけません。

外国語のマスターの定義

そもそも言葉にマスターという
概念はあるのでしょうか?

私たち日本人は
何十年日本にいて、日本語を使い
日本語で生活をしてきているとはいえ、

知らない語句や言い回しなどがあり、

新しい言葉も生まれます。

そもそも完全に言葉を
マスターすると言うのは不可能で、

外国語を学びマスターする際も、
目的意識というのが大切になってくるのです。

例えば、留学をしようとする人なら
その国の大学で研究を行うのに十分な
語学力が必要です。

ビジネスマンなら、その言葉で商談が出来たり、
外国語でメールが書けることが必要でしょう。

でも、ただ旅行に行くだけならば、
片言でも話せて、その国で美味しいものを食べれる
それが欲しい語学力ですね。

だからこそ、目的意識によって
学習方法やメソッドは変わるものです。

しかし、最近の語学学校では、どこでも
画一的なメソッドを押し付けがちです。

また学習方法として、

全員外国人講師
いつでもあなたの好きな時間に学べます
ネイティブと会話しましょう

と言うようなキャッチフレーズで
メソッドを展開しています。

でも正直言って、私はこれらの方法
はすべて批判的です。

しいて言えば、この逆がお勧め
とも言えると言う事です、

例えば、何故「全員外国人講師」が
良くないかと言えば、

ごく一部の優れた教師を除くと
その講師のほとんどが日本語についての
分析能力を持っていないからです。

日本人がその言語のどこが理解しにくくて、
どうすれば習得しやすいのか

適切に指導が出来ないからなのです。

それならば、日本人教師に
学ぶ方がかなり効率的と言う事もあります。

次回から、外国語学習の方法について
詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>