理想的な外国語、語学習得のメソッド、学習環境とは何か?


今回のテーマは、

理想的な外国語、語学習得の
メソッド、学習環境とは何か?

について紹介します。

これまで、いくつかの語学習得メソッド
を解説してきたのですが、

これまで紹介して、

じゃあ結局どの学習法が良いのですか?
理想的な語学習得のメソッドとは何か?

と言う質問があると思います。

なので、これからもう少し具体的に

私がお勧めする語学学習プロセスを
紹介したいのですが、

結論から言えば、

その生徒の、語学学習歴、日本語能力
モチベーション、学習に当てられる時間

など、様々な角度から
その生徒に最もふさわしい学習計画を
作るのが理想です。

理想の語学習得メソッドがあるのではなく、

あなたにとって最も
合うメソッドが一番なのです。

スポンサーリンク

二つの基本的な語学習得の環境

その選択肢として色々と
種類がある事は覚えておくと良いでしょう。

外国語の学習環境は
基本的に二つあります。

フォーマルな環境とインフォーマルな環境です。

目標とする言語を話しながら
外国語を身につける事が出来る環境、

これがインフォーマルな環境、

教科書を使ったり先生から
学習する環境がフォーマルな環境です。

そしてそれぞれ
メリットデメリットがあります。

留学をするなど、

習得したい言葉を母国語として
話している国へ行き、

外国語を学習する場合、

一歩教室の外に出た場合
学習学習者の思った通りに
会話は進みません。

教室で学ぶような
一定の順序で文法や語彙が
提示される訳ではないからです。

ここで挫折を感じる人も多くいます。

しかし、周りは皆
外国だけを話している環境なので、

語学習得の動機づけとして
最も重要な「コミュニケーション」

自分の意志を伝えたいと言う
欲求が大きい事になり

無限の学習機会が与えられる事、

それを掴めば効果も大きいです。

一方で教室に通い、先生に習う場合、

外国語に関する知識は豊富になっても
それを使う機会がなかなか無く、

その外国語を使っての
意思の伝達がなかなか出来ない
と言うデメリットがあります。

しかしメリットとしては、

文法的な確かさに注意を払い、
学習者は規則をいつも意識する事で

自分の間違いに気づき
それを訂正する事が出来るので、

確実にスキルを伸ばす事が出来ます。

真に理想の学習習得メソッドとは?

語学の学習を志す、
特に成人した人は

こうした学習環境のどちらが
効果が高いかを気にする傾向にあります。

教室で外国語を学習すべきか、
外国へいき生活をしながら覚えるべきか、

…しかし答えはどちらでもありません。

そうです。

これと言った究極のメソッドが
ある訳ではありません。

学習者と言うのは、様々な動機で
語学を学習しようとします。

専門家を目指したい人もいるでしょうし、
仕事上やむを得ず学ぶ人もいます。。

ただ旅行に行った時に
フレンドリーに話せるようになりたい人もいます。

そしていずれの場合も、
24時間勉強に打ち込める環境にある訳ではありません。

国際化が進む現代社会では、
わずかな学習時間を確保するのも
大変な犠牲を払わなければいけないのですから。

なので、わずかな時間で少しでも効率良く
しかもできれば楽しく学習者が勉強できる
そんなメソッドがベストですね。

フォーマルな環境も
インフォーマルな環境も

どちらもあった方がベストでしょう。

やはりその場合も、目的に合った
スタイルを目指すべきです。

様々な角度から見て自分に合った方法。

これが究極の方法なのでしょう。

このサイトの情報も参考にしながら
あなたのオリジナルのベストメソッドを
ぜひ作っていってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>