海外留学の必要性を考える、語学学習のメリットとデメリット


今回のテーマは、

海外留学の必要性を考える、
語学学習のメリットとデメリット

について紹介します。

ここで海外留学の必要性を
真剣に考えてみましょう。

江戸時代までは日本では
海外留学と言えば、
国を挙げての一大プロジェクト、

実際に海外に行って
勉強できる人はエリート中のエリートで
特殊な事でした。

しかし現代では、
誰でもある程度海外留学ができる時代、

留学さえすれば
語学力は身につくと
思い込んでいる人も見受けられます。

もちろん留学できるならば、
それはそれに越した事はありません。

でも実は、これには大きな
落とし穴があります。

決して安くはない費用をかけて
時間を費やして行うのが留学です。

安易な考えで留学をすることは
メリットよりデメリットの方が
大きくなる可能性もあります。

海外留学の必要性を考える

特に次のような事に注意して下さい。

まず、外国に住んでいれば
自然と外国語が出来るようになるとは
思わない事です。

特に、プロとしての語学力を
身に付けたければ、

外国留学と言うのは、あくまで
サブ的な条件でしょう。

外国に行ったとしても、

所詮は机での勉強をしっかり
やらないと実力は伸びません。

留学して現地に住み、
語学学校に通えば語学マスターできる。

というのは幻想に過ぎません。

そして例えば、プロとして
翻訳家としてやっていくのであれば、

日本語の表現力を磨く事が大切です。

いくら外国語が理解出来るとしても
それをうまく日本語で表現できなければ
プロとしては失格なのです。

目的意識を持って必要性を
考えて行わないと、

何も学べない事になります。

とはいえ、

外国に住んでみると言うのは
その国の実態を肌で感じられたり

ある種の語感が養成されたりして、

たいへん刺激になり、

モチベーションを保つには
かなり役に立つものです。

だから留学の機会を持てるのでしたら
もちろんそれは素晴らしい事です。

価値観の変容や人脈、
経験などは大きな財産になりますから、

留学にはもちろんメリットがあります。

とはいえ、

語学習得だけを目的として

二年三年と長期にわたって滞在する事は
あまりお勧めできません。

プロとしてやっていくならば、
留学よりも早く現場に飛び込んで
実践を積み重ねる方が良いからです。

早期留学、語学学習の弊害

特に最近では、

親が「我が子を留学させたい」
と考えている人が増えています。

親の仕事の都合で現地の学校に入る
子供の意志で海外の大学や大学院に行く

のではなく、

「語学(特に英語)を学ぶのは
早ければ早い方が良い」

という思い込みから、

幼稚園、小学生の頃から
英語を勉強させて留学させよう
とする親御さんもいます。

もちろん、家の教育方針が
それぞれあるのでしょうし、

「幼児向け語学教育に効果なし」

とも一概には言えません。

が、英語や外国語より先に
やるべき事がたくさんあります。

私の知り合いで子供が小学校3年生の頃に
イギリスに留学させた例があります。

これからの時代英語ができれば有利だし、

どうせなら格調高い
クイーンズイングリッシュを
学ばせたいとの事でした。

私は、子供の意志や
早期留学の弊害、

どうせ行くならこれからの時代
アメリカの方が良いのでは、

などそれとなくアドバイスを
したのですが、

聞く耳を持たず実行してしまいました。

そして7〜8年ほど経ち、

子供が大学に入ろうかという時期に、

成績不信で大学受験資格が
得られないと言う話を聞きました。

外国語、語学ができる事と
頭のよさや勉強の出来不出来は
まったく違うのです。

確かにその子の英語は一見
ぺらぺらのように見えますが、

英語のテストを受ければ
TOEICで450点程度、

それどころか、

日本語も会話はできるものの、

漢字も知らないし、
会話の内容も幼すぎます。

帰国子女として育つのも、
メリットとデメリットがあります。

留学のメリットとデメリット

親が夢見た

「イギリス名門大学入学」

ですが、

それが適わない現実に直面して、

親は嘆き悲しんでいましたが、

当の子供本人は、
人ごとのように我関せず…という感じでした。

「外国語は母国語以上にならない」

と私自身は思っていますし、

言葉が上達するかどうかは、
本人の意志や努力次第なのです。

日本人の多くは語学目的で
留学をしがちですが、

留学の真の目的はあくまで
経験や価値観、人脈など、

それぞれのビジョンや目的意識を
叶える為にあるのです。

語学の習得は全て自己責任であり、
自分の努力次第で決まるものです。

もちろん幼い頃から留学して
素晴らしい経験を通じ、

複数の言葉を巧みに操り
教養やマナーを身につけ、

グローバルに活躍する子もいます。

が、ただ留学すれば良い
という安易な考えでは、

子供の頃からでも大人になってからでも

身に付かないどころか弊害も生みます。

貴重な時間やお金をむだにしないよう。

以上を参考にして、海外留学の
必要性を真剣に考えるようにしましょう。

留学をして語学学習をする事には
メリットとデメリットがあるのですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>