言語の欧州の歴史を見る英語の語形の変化や特殊性に関して


今回のテーマは、

言語の欧州の歴史を見る英語の
語形の変化や特殊性に関して

について紹介します。

今や国際語としての
地位を確立しており、

日本でも当たり前のように
学校で勉強するものですが、

英語と言うのはかなり特殊な言語です。

そんな英語の特殊性に関して
今回は私なりの意見をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

言語の欧州の歴史を見る英語の特殊性

英語というのは、

欧州の歴史的な事情で、非常に多くの
言語の要素を含んでいる

色々な言葉が混じった
折衷的な言語です。

もともとEnglishは

5〜6世紀のゲルマン系の
アングロサクソン人が
使用していた言語で

「Anglaland」アングルの土地

という言葉から始まっています。

8世紀から400年、

欧州はバイキングによる
奪略が続き

それから中世のバイキングが
イギリスを占領いていた時代、

イングランド人と、北欧の
バイキングたちが

ブリテン島に共存していました。

ここで二つの文化は混合されます。

バイキング系の言葉である
中世北欧語と、

英語の基礎になっている
アングロサクソン語は

いとこのような関係の言葉で、

語彙がかなり通じやすり状態だったので、

彼らはお互いに自分の言葉で
話をしたとしても、

当時は意思疎通が可能でした。

英語の語形の変化や語彙の確立

イギリスでは871年に
ヴァイキングを討伐した
アルフレッドが、

イギリス発の王となります。

その時代の英語は、

語彙のほとんどがゲルマン系でしたが、

ケルト語、ラテン語、
北欧語空の借用後もあり、

名詞、代名詞、形容詞、
数格によって変化し、

動詞も時制、法、人称なども
変化がありました。

それからイギリスでは
支配者階級がノルマン人となり、

公用語はフランス語となり、
フランス語が用いられる時代もありました。

1215年のマグナ・カルタ
によってイギリス支配階級は
母語に目覚め、

再び英語が公用語になり、

この時代から文法や語彙、
時制の変化なども整理されていきます。

こうした歴史の流れから

様々な言語の影響を受け
英語は成り立ってきました。

ただそれぞれの言葉が使っていた
細かい語尾の変化などで、

会話上うまく理解が出来なかったため、
急速に語尾の音がなくなって行ったのです。

で、結果的にどうなったか、

ご存知かもしれませんが、

現在の英語では、他の西洋言語
に比べて著しく語形変化が少ないのです。

例えば、

代名詞の格変化の名残が
若干あるほか、

いわゆるアポストロフィーエス ‘S

と呼ばれる名詞の属性と、

動詞の三人称単数現在の
語尾だけが残されているのです。

だから、多くの日本人が悩まされる
英語と言うのは西洋語族の中では、
比較的簡単な言語とも言えます。

国際語としての言語と英語

12世紀にオックスフォード
ケンブリッジ大学が誕生し始め、

庶民の識字率や言語の意識も
どんどん高まるようになり、

今の英語のような形に
なりつつありましたが、

その後、エリザベス女王一世以降、
移民や植民地によって領土が
拡大し、

大英帝国の時代とともに、
英語の使用範囲が世界中に広がります。

そして、1776年のアメリカの独立、
そしてアメリカの時代が台頭していき、

国際語となっているのです。

ただ、イギリスの標準英語は

BBCなどで使われる発音が
「容認発音」と呼ばれますが、

標準英語を使う人は実は少なく、

イギリス英語も方言だけで
かなり多いものです。

またアメリカでも、
北部、中部、南部のアクセントに
大別されますが、

中部、中西部のものが
「一般アメリカ英語」と呼ばれ
アメリカ人の過半数が使われます。

さらに数多くの人種や文化が影響して
どんどん言葉の質も変化しています。

これからも変わっていくでしょう。

一言で英語と言っても
その特殊性などをあげれば興味深いです。

以上、言語の欧州の歴史を見る
英語の語形の変化や特殊性に関して
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>