年齢を重ね大人になってからも外国語を習得し仕事もできる


今回のテーマは、

年齢を重ね大人になってからも
外国語を習得し仕事もできる

について紹介します。

いくつになっても
チャレンジを忘れない事は
脳にとっても大切なことですし、

リタイヤしてから
外国語を活かして仕事をするのは
素晴らしい事です。

外国語を学習するのに
一番良いのは子供の時であるとか、

年齢が低いほど外国語の
学習が簡単だと一般には考えられていますが、

確かに、子供の時に取りかかれば、
それだけ長く学習できる事は事実です。

子供と大人を同じ教室と言う
学習環境の中においた場合、

子供の方が大人より習得が早い
とは必ずしも言えません。

むしろ、年齢を重ねた大人の方が、
子供より有利な点がたくさんあります。

・大人の方が記憶力が良い
・情報を効率的にまとめられる
・集中力を長く持続させる事が出来る
・良い学習習慣を持つ事が出来る
・複雑な知的作業が出来る
・学習意欲が子供より強い

…などが上げられます。

特に年齢を重ねた大人は

外国語を自分の教育や仕事に必要なもの
であると言う目的意識を持つ事が出来ます。

これは非常に有利です。

スポンサーリンク

外国語の学習において年齢がマイナスに働く場合

大人は一般的に
外国語を早く習得したいと考えますが、

子供は何年にも渡る時間を
費やす事が出来るのです。

これは子供の大きなメリットでしょう。

また大人は簡単な会話が出来ても
それだけでは十分に表現し尽くせないような
複雑な伝達内容を持っています。

例えば、

議論をしたり、人を説得したり、
ある時は心配する気持ちを表したり、

反論したり、何かを説明したり、
或は人生、趣味、仕事、教育と言った事について
複雑な事を伝えなければならない事があります。

年齢を重ねた大人は誰でも
自分を馬鹿と見られたくありません。

だから、間違いを恐れたり、
自分の意志がうまく伝わらないのではないかと
思ってしまったり、

そう言う理由で学習量を
少なくしてしまう事が良くあるのです。

また大人は学習している
外国語を話す初対面の人と
打ち解けにくいと言う事も、

年齢は関係していると言えるでしょう。

しかしそう言った事を乗りこえれば

やはり年齢を重ねた大人ほど
外国語習得はプラスに働きます。

さらに一番大きな点は、

習得した外国語を
仕事に活かしやすい環境にあると言う事でしょう。

年齢を重ねても外国語で仕事をする場合

年齢を重ねた大人が
外国語を取得し仕事をしたい

と言う気持ちは非常に素晴らしい事です。

大人になってからも学ぶ気持ちは
本当に大切です。

が、いくつか注意点もあります。

世の中不況な事も原因かもしれませんが、

熟年世代の方が、よく
翻訳をやりたいと、

定年或いは、会社を中途退職して
翻訳家としてフリーでやりたい人、

或いは会社で培った語学力
を生かして小遣い稼ぎをしたい

と色んなタイプがいます。

こう言ったタイプは、

既にある程度の外国語に自信があり、
昔取った杵柄になるケースが多いのですが、

確かに腕前は確かな方が多いです。

即戦力として仕事が出来るケースも
多いのですが、

中には、外国を一念発起して
退職後からやり始める人も稀にいます。

ただ、

私の意見を言わせてもらえば、

熟年者が翻訳の仕事をする場合、
気を点けるべき事がいくつかあります。

一つは、道楽気分でやらない事。

実際、

翻訳会社などには、

「安くてもいいからと、」

熟年層の方が仕事を得るケースもあるのですが、

経歴に余裕がある人ほど、
切迫感に欠ける人が多く、

急ぎの仕事でも、急遽
キャンセルされたり、

担当者泣かせの場合が多いのです。

こう言った方に限って、

「翻訳料はいくらでも良い…」

などと言いがちなのです。

しかし仕事はどんなものであれ
真剣にやらなければいけないのは
当然の事なのです。

外国語を習得し仕事をする

年配の方が、リタイヤしてから
何かしら語学力から稼いでいきたい。

そう言う時に気を付けるべきポイントは
他にもあります。

文体や口調などを気を付けるべきです。

年齢を重ねるほど専門分野に
偏る事が多いです。

例えば法律関係や契約書のように
硬い文体のもにはめっぽう強いものの、

ファッション雑誌の記事のような
柔らかい文体モノだったり、

流行りに関係の物の場合、

訳が硬かったり、時代遅れな訳になってたり

中にはリライトが必要なほど
ひどいものもあり、

担当者泣かせの事も多いそうです。

このような傾向がある人ほど、

若い時には語学の鬼として
評価が高かったことが多く、

自信過剰気味な事で

プライドが高く、仕事を頼みにくい
と言うケースもあるそうです、

また時代の流れに対応している事も
極めて重要です。

例えば、今なら

パソコン、インターネットはもちろんの事
スマホなどを操れる事も、

翻訳業界では必須です。

こう言ったものに弱い場合は
致命的にもなりかねません。

以上の事に注意して、

あくまでもビジネスと言う事を忘れず、
社会の動きにアンテナを張っておけば、

翻訳会社から重宝される
あなたになることはいうまでもありません。

厳しい事も言いましたが、

外国語を学習するのに一番いい時期は
いつになっても遅くはありません。

大人になってからも遅くありません。

外国語を学ぶ必要性がはっきりし、
学習に避ける時間があるとき、

つまり外国語学習に一番いい時期は
「今」であると言えます。

年齢を重ね大人になってからも
外国語を習得し仕事もできるのです。

頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>