外国語の上達には強い意志、勉強のモチベーションが必要です


今回のテーマは、

外国語の上達には強い意志、
勉強のモチベーションが必要です

について紹介します。

もちろんやり方やテクニック、
記憶などが重要ですが、

外国語の上達には強い意志が必要です。

高い勉強のモチベーションが
どうしても必要なのです。

巷で騒がれているような、

一日10分で英語をマスター、

聞き流すだけで外国語が理解出来る!

などという甘いキャッチフレーズに
踊らされてしまっている人も多いようですが、

適切に外国語を上達する為には、

甘い考えを捨て去り、
適切な努力をする強い意志の力が必要です。

何度も言っていますが、

語学の勉強は、
積み重ねが大切であり、

決して短期間でマスターできる
と言ったものではありません。

繰り返しの長い時間の連続の中で、

誰もが自分が嫌になったり、
物覚えの悪さに落胆したり、
スランプに陥ったりする時期はあります。

しかしそこで諦めてしまった
今までの勉強や暗記した事が無駄になるどころか、

あなたの貴重な時間の損失になります。

時間と言うのは
取り戻す事ができないのです。

そして自信を無くし次になにに
取り組むにしろ消極的な気持ちになります。

語学の上達には強い意志が必要

だからこそ、
外国語の上達には強い意志が必要です。

勉強のモチベーションが必要です。

「仕事のために必要だから」
「海外赴任が決まったから」
「旅先で上手く話せるようになりたい」
「留学がしたい」

など、人それぞれに
具体的な動機があると思います。

外国語を上達させるためには
こうした明確な動機が大切なのです。

単に英語を学び直そうかな、、

と言う程度では余りにも
漠然としていて、

いずれはギブアップしてしまうでしょう。

社会人になって、
社会で働いている人は、

語学を必要とするような
責任に向き合っている人も多いでしょう。

そう言う場合は、
上達が早い場合が多いです。

だから実は、社会人で
大人になった方が、

語学の勉強は簡単とも言えるのです。

必要性と言うモチベーションが
生まれるからです。

結果を出す人の共通点

私たちの周りには、

無責任な一般論を無視して
事を成し遂げる人がいます。

それが、いわゆる天才と呼ばれる人や
成功者のやり方なのです。

彼らは周りの声に流されず
強い意志を持って自分の道を突き進みます。

彼らの姿勢から学べる事はたくさんあります。

語学の学習といえども
一つの事を成し遂げる事は
とても難しいですが、

彼ら結果を出す天才のやり方には
3つの共通点があり、

それぞれ理にかなっています。

1.自分の最も優れた能力を最大限に発揮する

2.計画を練り、要領よく遂行する

3.自分の決め方事を力強く集中する

特に大人であれば、

興味を持つ事は結果を出すための
大切な能力と言えます。

このサイトを読んでいると言う事は、

恐らく外国語に興味を持ち
マスターしたい人に違いないでしょう。

あなたは自分が多大な時間を
外国語の勉強に費やしても
無駄だとは思っていないはずです。

この気持ちこそが最後まで
やり遂げる第一歩につながるのです。

そしてあなたの意思の力は
将来の能力、スキルの一つにつながる事を
忘れては行けません。

志の高い人が外国語を上達させる

まだ実力は発展途上で
語学力には自信がない場合。

何処から始めるべきでしょうか。

こう言ったタイプの方は、

学習方法や、適正、市場の大小
などを検討するだけでなく、

自分が語学で生計を立てたい

という強い意志があるかどうか
を確認する必要があります。

なぜ外国語を上達させたいのか?

その動機をはっきりさせましょう。

勉強のモチベーションを
明確にするのです。

私の経験では、学生時代から
語学がとても得意だった人や、

帰国子女で日本語も良くできる

と言った人とは別で、

語学力で成功した人は、

どこかの時期、一心不乱に
努力した経験があるものです。

なので、まずは志は高く、

とにかく一年でも良いので、
自分にプレッシャーをかけ、

徹底的に自分を追い込んでみる。

そして語学の勉強に励んでみる。

まずは時間を区切って
強い意志をそこに注いでみる。

これを心がけて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>