女性が外国語、語学を活かし仕事でお金を稼ぎ活躍するには?


今回のテーマは、

女性が外国語、語学を活かし
仕事でお金を稼ぎ活躍するには?

について紹介します。

あくまで私の経験上ですが、

語学で生計を立てたい、
仕事をしたい、

こう言う思いを持つ人は、

圧倒的に若い女性やOLさんが多い。

私はそう感じます。

ここであくまで男性の目線で、

女性が語学を活かし仕事で活躍する
ためのアドバイスをしたいと思います。

語学を活かして仕事をしたい人は
男性よりも女性が多い、

これは何故でしょうか?

外国語に対する興味が強い、

男性よりも海外に出やすい。

仕事の格差が少ない、

女性の方が語学の適性がある、

コミュニケーションが得意、

社交性がある

など色々と考えられます。

偏見ももちろんあるかもしれませんが、

確かに、語学の仕事では、
女性の方が臨機応変に仕事が出来る
面が多いと感じます。

女性の人生は、男性よりも、
比較的、予期せぬ変化が起こりやすいです。

結婚、出産、夫の転勤、姑の世話、子育て

など、、

そう言った中で、語学を生かした仕事と言うのは、
その状況に応じて仕事に変換できるのです。

スキルとしていつまでも残るので、

ゼロから働きやすく、
高収入を得やすいため、

外国語、語学力を身につけるのは
大きなメリットがあります。

女性が語学を活かし仕事するメリット

とは言え仕事として活用するなら、

中途半端な気持ちでは行けません。

しっかりと実力を磨き、
プロとして仕事をしなければ、

お金は稼げません。

女性だからと言って甘えは
許されない世界です。

仕事を持つ女性が
語学を使って仕事をしたい。

そう考えているならば
アドバイスとして言えるのが、

まず語学力の現状把握の確認を
することです。

今現在、自分がどの程度の
語学力があるかを客観的に
評価するのです。

そしてどの外国語を切り札にするか、
どの分野の仕事をしていくか

を決めていきます。

自分の適性が分からない内は
最初は何かあこがれや理想で決めても
大丈夫です。

語学業界で色々と情報交換
しているうちに、

自分がどんな適性があって
どんな業種に向いているかなど、

そしてどの程度需要があるかなど
分かってきますから。

そして大切なアドバイスとしては、

その過程でどんな学習をしていくにせよ、
その学習が無意味になる事はない

と言う事です。

翻訳の仕事でお金を稼ぎ活躍するのは多くが女性

ちなみに、、ですが、

翻訳業界というのは、
圧倒的に女性が多いです。

この傾向は年々強くなっており、

最近の新刊の翻訳者を見ると
ほとんど女性が目につきます。

読者からすれば、

男性でも女性でも変わらない、
と思うかもしれませんが、

原作者の方は、
男性作家の方が多かったりします。

これをほとんど女性の
翻訳者が訳すのは、

やはりバランスが悪いでしょう。

特に日本語の表現は

欧米言語にも中国語にもない、
終助詞というもので印象が変わります。

「その洋服可愛いね」
「その洋服可愛いな」
「その洋服可愛いぞ」
「その洋服可愛いわ」
「その洋服可愛いじゃん」

ではイメージがガラリと変わります。

この辺りの微妙な言葉で
男性訳者、女性訳者で変わるので、

ときどき一読者として、
男性に訳して欲しかった本というのも
ありますが、

外国語、語学を活かした仕事

特に通訳、翻訳の仕事は
女性の方が活躍しやすい世界と言えます。

女性が外国語、語学を活かすには?

語学の習得プロセスで

私自身は女性と男性では
大きな違いがあると思っています。

しかし、

本格的に通訳や翻訳の仕事をするなら、
何れにしても緻密な語学力が必要です。

ある程度語学力に自信がある人は、

どこかで実力を判断してもらい、

実際の仕事を通じて、
技術やスキルを磨いていくと
いいかもしれません。

この場合は最初からいきなり
肩の力を入れず、

正直に駆け出しであることを
クライアントさんに言って、

率直な評価をもらった方が
良いのではないでしょうか。

翻訳業界には、
試験をやっている会社もあります。

そう言った所で結果を教えて
もらうのもいいかもしれません。

自分の実力を冷静に判断できます。

特に通訳をする場合、

最初はやさしい仕事から始めて、
徐々に難易度を上げていくのが適切です。

とにかく気張りすぎないのが
駆け出しの頃の心がまえとしては
大切なのです。

以上、女性が外国語、語学を活かし
仕事でお金を稼ぎ活躍するための
参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>