英語をツールとして活用し海外で国際的なビジネスをする方法

英語をツールとして活用し海外で国際的なビジネスをする方法
今回のテーマは、

英語をツールとして活用し海外で
国際的なビジネスをする方法

について紹介します。

例えば、あなたが将来的に
国際的なビジネスがしたいとします。

たいていの人は、

英語をうまくなってから、
海外でビジネスをする

…と考えますね。

しかしそんな常識にとらわれていると

英語がうまくなるまで海外で
ビジネスをする事は出来なくなります。

そんな思いを持ち続け、
いつの間にか歳をとり
チャレンジができなくなる。

そんな人を多く見てきました。

英語はあくまでツールとして
スタートを切ってしまえば良いと
いつも感じます。

スポンサーリンク

英語は誰でも仕事、ビジネスに活用できる

英語ができる事の
仕事やビジネスのメリットは
実は多くあります。

テストで点数をとって
上司に認められる…

というのも良いですが、

頭を柔軟に使えば
英語をツールとして仕事に活かす、
そしてビジネスに活かす。

その方法はたくさんあります。

そしてその為には完璧な
語学力は必要ありません。

なので、これから

ビジネスに取り組みながら、
自然と英語がうまくなるための学習戦略を
これからお伝えしたいと思います。

ビジネスでお金を儲けながら、
英語もうまくなる。

という一石二鳥の効果を狙うのです。

英語をツールとして活用する方法

英語を学ぶのでなく
英語で学ぶ

使い古された表現で言えば、

英語はあくまでもツールである

という事です。

この話はもう聞いた事のある
概念かもしれません。

しかし、じゃあ具体的にどうツールとして
英語を学ぶことが出来るのでしょうか?

英語を勉強し始めた途端、

発音が矯正され、文法のテストがあり、
辞書を引き、語彙を増やす。

そんな英語学習自体が
いつの間にか目的になってしまっていませんか?

で、結局

英語の勉強自体に興味が薄れていき、
やる気を失い、英語が苦手と思いこむ。。

そんなパターンを繰り返していまっせんか?

実は、

そんなパターンを打破すべく、
興味深い戦略も存在します。

英語力がなくても海外でビジネスはできる

私自身は、

何年もかけて英語を勉強したり、
海外でビジネスを成立させてきた
経験もあります。

確かに、

ある程度の英語力なしで、
それらの成果は上げられなたった事も
事実だと思います。

が、

同じように、ビジネスがうまくいかなかった
事例も分析してみると、

英語力はさほど必要としなくても
ビジネスは成り立つ事も見えました。

そんなパターンが見えれば、

最低限の語学力があれば、
ビジネスを成立させることは可能です。

海外で国際的なビジネスをする方法

逆転の発想をして欲しいのですが、

例えばひとつ例を挙げると

まずビジネスが成立する、

ビジネスが成立すれば
英語と触れる機会が増える、

海外では家に呼ばれる事もおいので
家族付き合いが始まる。

で英語を使う状況が生まれる。

このように無理なく英語を使う環境が生まれ、
気が付いた時には英語を使うのも当たり前、

ビジネスも拡大していき、
大勢の友人に恵まれ、

あなたの世界は自然に広がっていく。

そう言うパターンもあります。

こんな効率的なパターンを
あなたにも学んで欲しいのです。

成功者と普通の人は、
見方、視点が違うのです。

これまで私は世界で活躍し
成功する人たちの考えを学んできました。

そして自分なりに経験もしてきました。

これから世界に旅立ち
国際的なビジネスをする方法、

そして成功して行く人の思考法を
一緒に学んでいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>