闇雲にやっても英語はうまく上達しない、無駄のない学習法

闇雲にやっても英語はうまく上達しない、無駄のない学習法
今回のテーマは、

闇雲にやっても英語はうまく
上達しない、無駄のない学習法

について紹介します。

私は周りから、英語が出来ると
思われています。

が、、

実は正直に告白すると、

私は英語に対して未だに
不自由さを感じています。

英語が分からない人にとって、

私は外人並みと思われているのですが、

それは実は誤魔化すのがうまいだけで、
実はたいしたことはないのです。

外人を目の前にすると緊張しますし、
適切な言葉がでなくなり、
文法もめちゃくちゃな時があります。

「映画とかも字幕なしで分かるんでしょ」

…と聞かれますが、
そんな事はありません。。。

活用方法が上手いだけと
自分では思っています。

スポンサーリンク

闇雲にやっても英語はうまく上達しない

とは言え私は、英語が嫌いではないし、
学生のころから英語が好きでした。

英語をマスターしたいと思って
学校や仕事も選びました。

社会人になってからも、
英語の猛勉強をしました。

単語カードが、ゴミ袋3袋分になるほど
溜まった事もあります。

英語に関して、長年苦労してきましたが、
その結果分かった事があります。

英語はどれだけ勉強しても
間違ったやり方をすればいつまで
たっても出来るようにはならないと言う事、

勉強すればできると考えるから、
無駄な努力をするのです、

これから、
いかに無駄なく、英語をマスターしていけるか
そのコツについて話して行きます。

ただ闇雲に英語の勉強をするのでなく、
コツを掴んで効率的に行きましょう。

一生懸命努力すれば英語はマスターできる?

あなたは、
一生懸命努力して英語を勉強すれば、

自然と口から言葉が出てくるようになり、

外国人の友達が増え、
海外で仕事が出来るようになる…

そう思っていませんか?

幻想です。

まあ、、幻想は言い過ぎですが、
真剣にやればそうなれる人も
いると思うのですが、

その為には、あなたが想像する以上の
努力と精神力が必要です。

だからこそ、英語を徹底的に勉強しようと

思う程、実は、、
他の夢や目標が犠牲になる。

そういうジレンマに陥ります。

他を犠牲にして、英語が出来るようになれば、
今度はただの語学屋、英語屋として利用され、
実質的な仕事が出来なくなったりします。

もちろん語学のプロとして
通訳や翻訳を目指す事は素晴らしいです。

しかしコミュニケーションツールとして
語学、英語を活用したいならば、

無駄のない学習法が必要になります。

英語を使い国際的に活躍する道

このジレンマをどうすれば、解消できるか?

このジレンマを解消し、

つまり、今のあなたの夢や目標を
犠牲にすることなく、

最短距離で、英語を使えるようにする事。

これがここからお伝えする
コンテンツの目的です。

英語が目的ではなく、ツールとして
活用できる為に、

英語を利用してビジネスをして
成功して行く為に、

国際的に活躍する人が
これからたくさん増えるよう、

何かしら気づきを与えれるならば
これほどうれしい事はありません。

闇雲にやっても英語は
うまく上達しないのです。

無駄のない学習法を利用していきましょう。

その為のテクニックやノウハウ
これから紹介して行きます。

楽しみながらリラックスして
読み進めていって下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>