時間がない社会人が英語、外国語をもう一度学び直す方法と秘訣


今回のテーマは、

時間がない社会人が英語、外国語
をもう一度学び直す方法と秘訣

について紹介します。

個人的には社会人は
自分の語学力に過信することなく、

適切に英語を学び直す方が
仕事に生かせると考えています。

何時になっても遅すぎる事はありません。

仕事が忙しく、学生生活から
長年離れた社会人が、

外国語や英語を勉強しようと、
意気込んだとしても、

やり遂げる事ができるだろうか、、

などと先々が不安になる
事もあるかもしれません。

そう言う場合には、
動機や意志の強さがものを言う
語学の勉強ですが、

いきなり猛勉強するのではなく、

最初はクイズ感覚で楽しみながら、

楽しんで英語の勉強を
やり直した方が、

長続きする方法と言えるでしょう。

スポンサーリンク

社会人が英語を勉強し直す場合

時間がない社会人にとって

欲張って1日3時間は
英語の勉強をしようなど計画を立てても、

社会人の場合、

生活の状況が変わりやすいため、

こうした計画は計画倒れに終わりやすく、

そればかりか簡単に英語の
勉強を諦めてしまう結果になる

と言うのは良く言われる事ですが、

最初は毎日30分、或は15分程度
語学の勉強に充てるようにすれば、

続ける事ができるでしょう。

要は、語学学習と言うのは、

英語にしろ他の何にしろ、
その外国語といかに長く関わる事が
できるかにかかっているのです。

また勉強と言うのは、

習慣のものなので、
最初は少し苦痛に感じるかもしれませんが、

自分の目的意識をいつも明確にし、
熱意を保てるように、

自分の生活や性格、習慣を
推し量りながらコントロールするのが
大切と言う事です。

社会人が英語を学び直す秘訣

では実際に勉強の習慣を
とうの昔に忘れてしまって、

英語はおろか他の外国語など
すっかり忘れてしまった社会人の頭から、

昔の記憶を呼びもどすには
どうすれば良いのでしょうか?

英語、外国語をもう一度学び直す
方法としては

まず頭のウォーミングアップから
始めるのが良いでしょう。

自分がどのくらい英語を忘れているか、

また思い出す事ができるかの
バロメーターになります。

まずどこの出版社でも良いので、

中学生用の薄い英語ドリルを買います。

あまり英語に自信の無い人は

中学1年、2年用と
学年で分かれているものを
購入しても良いでしょう。

いずれの場合でも厚い参考書ではなく、

章の始めに少し文法の説明が
あるドリルで、

しかもドリルの厚さは
薄ければ薄いほど良いでしょう。

なぜなら厚い本であれば、

1冊を仕上げるのに時間がかかり、
ドリルを開いただけで
うんざりして挫折してしまう
可能性があるからです。

とにかく学生ではないので、

テストがある訳でない
社会人の場合、

のんびりした気分で
パズルを解くようにそのドリルを
やってみましょう。

分からない箇所があれば
飛ばして先に進み、

全ページ解いてみましょう。

間違いが多かろうと少なかろうと、
全部できたらひとまず合格です。

そして、徐々に勉強の習慣をつけ、

分からなかった所は
基本的な文法書や参考書で

間違った箇所だけをやり直し、
しっかり理解するようにしましょう。

薄いドリルを1冊やるだけで
やり遂げたと言う満足感があり、

続ける事もできるでしょう。

社会人こそ英語を学ぼう

あくまでこういう傾向がある、
という話ですが、

学生時代に英語が得意で
成績が良かった人に限って、

その後、第二外国語を勉強
しなくなる傾向があります。

これは個人的には残念に思います。

今後また詳しく話していくつもりですが、

英語と言うのは、複雑な歴史を持った
世界の中でも特殊な言語です。

折角、語学に興味があって
才能があるのですから、

何か別の語学、

できればフランス語やドイツ語を
少しでも勉強してみると

英語の本質がより理解できる
と考えています。

逆に英語以外の外国語を
マスターしている人は、

大学に入ったり、社会人になってからでも
必ず英語は勉強しておいた方がいいです。

他の語学を勉強する際の
相乗効果も生まれますし

英語がやはり一番役に立つ
スキルになりますから。

いつでも英語の勉強と言うのは
学び直しができるのです。

時間がない社会人が英語、外国語を
もう一度学び直す方法と秘訣を
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>