帰国子女の語学力と日本語の実力、母国語の基礎力の重要性

帰国子女の語学力と日本語の実力、母国語の基礎力の重要性
今回のテーマは、

帰国子女の語学力と日本語の実力、
母国語の基礎力の重要性

について紹介します。

帰国子女の語学力は優れている

という一般的なイメージがあると思いますが、
一概にそうとも言えないのです。

語学力の基礎には母国語の
重要性が潜んでいます。

外国語がどのくらい習得できるか?、、

というのは日本語がどれだけできるか
にかかっていると言っても過言ではありません。

たまにいるのですが、

アメリカからの帰国子女のお母さんが

「うちの子は英語は困らないんですが、、
漢字は書けないんです。。

英語で話す方が楽なんです」

と嬉しそうに話す人もいますが、

実は、

このような子供は日本語でうまく
仕事をするのは難しいのです。

それだけでなく、
アメリカや英語圏で仕事をして
成功するのも、

かなり難しいものです。

語学力というのは母国語の
基礎力に重要性があるのです。

スポンサーリンク

帰国子女の語学力と日本語の実力

日本人語学学習者にとって、

理想のイメージとして持つのが、
帰国子女たち、

例えば幼い頃から
英語圏で暮らしていた帰国子女にとって、

英語は第二の母語です。

「ずっとアメリカで過ごしてきて
日本語はちょっと怪しい」

なんて言う発現も憧れを持ち、

最近では帰国子女のアナウンサーや
タレントさんも増えていますから、

彼らが英米人並みの
流暢な英語で海外の要人に

インタビューする姿も目にします。

その姿に憧れて、

「やっぱり英語は小さいうちから始めなきゃ、
自分は無理だったけど、自分の子供は…」

という人も多いです。

もちろん、仕事の都合上など
目標を持って海外に暮らすのは
素晴らしい事ですが、

語学力という事に関して言えば、

彼らをロールモデルにするのは危険です。

例えば、

そういった帰国子女の
中学生、高校生たちは、

話す発音は素晴らしいのですが、
話しぶりはアメリカ人の話すような英語のまま、

ネイティブ並みの発音を操ります。

英語がわからない人が
目をつぶって聞くと、

相手は日本人ではないと言う
くらい流暢かもしれません。

でも、実際に内容を聞くと

日本語で言えば、

「あの子チョー、イケテル」
「なにそれ、うざーい」
「だりーぜ、やってらんねーぜ」

というくらいしか話していないケースが多く、

英語で高度な内容を話せる訳ではありません。

そしてで文章を書かせると、
子供の日記のような調子で、

スペルの間違えも多い、、

というありさまである事も多いのです。

さらに、英語は理解出来ていても、

それを日本語には直せない、
それをどうしても日本語で説明できない

と言う事にもなります。

日本語も英語も実は中途半端な
実力を持った人もいます。

そうです。

人にとって母国語と言うのは
本当に大切な事なのです。

母国語以上に外国語はできない

まだ言葉も話せない
子供の頃から英語を教え込み、

「将来はバイリンガルに」

と夢見ている親は、
日本には多いですが、

母国語教育、つまり日本語をの実力
見落としているのではないでしょうか?

言語というものは、
それがどこの国であろうと、

日常生活の中で磨かれ、
少しずつレベルアップし、

やがて高度な内容も話せ、
且つ読み書きができて行くはずです。

人間が二つの言語、
あるいはマルチリンガルとして
複数の言語を話せるようになっても、

自ずと「メインになる言語」
母国語がベースになるのです。

言い換えれば

「外国語は母国語以上の
レベルにはならない」

という事です。

もちろん複数言語を完璧に
操る事も可能でしょうが、

それには常人ではない努力が必要です。

だから一般の人にとっては、

ベースになる母国語をしっかりしないうちに
外国語を教えたりする事は、

非常に危険なのです。

言語能力は思考力にまで
影響を与えます。

幼少期から二兎を追おうとした為、
どちらの言語も中途半端になり、

ひいては思考力の乏しい
大人になってしまえば、

仕事に活かせる事はできません。

語学力を磨き、バイリンガル
トリリンガル、マルチリンガルでも、

語学を習得するには、

まず母国語の力を伸ばし、
幅広い知識や語彙、
コミュニケーション力を身につける事、

日本語の実力を高める事が
第一に必要だと思います。

日本語の実力、母国語の基礎力の上に
第二言語としての語学力を磨くべきです。

母国語で考える力、基礎力の重要性

日本ではなぜか

「英語ができる人は頭がいい」

という根拠不明のイメージを持ちます。

だから英語が出入るだけで
数学や歴史も強く、

仕事もできると思われがちです。

あたり前ですがこうした能力と
語学力はまったく関係ありません。

日本の大学入試では
英語の配点が高かったり、
帰国子女に特別枠を設けていたり、

なぜか特別な意識があり、

これが日本人の英語コンプレックスを
強化している面もあるでしょう。

一方で帰国子女にしてみれば、
逆に苦労や悩みも多いらしく、

見た目も国籍も日本人なのに
TOEICの点数が低いと

「帰国子女なのになぜ?」

と思われたり、

日本語ができないと

「日本人なにになぜ?」

…と思われてしまうそうです。

帰国子女で会話に困らない
流暢な発音をするというだけでは、

通訳も翻訳もビジネスネゴシエーション
もできません。

専門的な知識が必要だからです。

そして専門知識は、英語であれ、
日本語であれ、

いずれかの語学でしっかりと
考える力、基礎力が必要であり、

常に学び続け実力を
磨かなければ身に付きません。

テレビで活躍するような憧れの
活躍している帰国子女の人は

人知れず努力をして実力を磨いているのです。

これは誰にとっても同じです。

海外で暮らせば自然と語学力が身に付く…

と安易に考えていると
悲惨な落とし穴にはまる可能性もあります。

日本語の実力、母国語の
基礎力の重要性をここでもう一度
しっかりと考えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>