日本語を教えるのは案外難しい、稼げる日本語教師のプロの道


今回のテーマは、

日本語を教えるのは案外難しい、
稼げる日本語教師のプロの道

について紹介します。

経験のある人は分かると思うのですが、
日本語を教えるのは案外難しい事です。

私たち日本人は誰でも
日本語をマスターしていて、

日本語を何不自由なく使うことができます。

しかし、

その日本語を外国人に教えるとなると、、

「?…これはどう教えれば良いのか」

と混乱するのが通常です。

世界で仕事をしたい、
海外で仕事をしたいと言う人に中には、

自分は日本語くらいしかできないから
日本語教師になろうと安易に考えてしまいがちですが、

日本語を教えると言うのは
しっかりした技術がなければいけないことを
まずは認識するべきでしょう。

スポンサーリンク

稼げる本格的な日本語教師になるなら

もしあなたが
日本語教師のプロを目指すなら、

前回の語学教師の道と同じく、

理想的にはまずは日本語教授法や
言語学の知識を身につけるのが良いでしょう。

もしあなたが高校生ならば、

日本語学科がある大学などに
進学するのもいいでしょう。

大学生や社会人の場合、
民間の日本語養成学校で

こうした技術や知識を身につけると
良いと思います。

日本語教師をあなたが目指すならば、

できるだけ自分が教える生徒が
話す語学をマスターしておくべき

と紹介したのですが、

また、グループで教える場合は、

ある母国語を話すグループで
絞ると言う事が良い結果を生むでしょう。

中国語の生徒だけに絞ったり、
英語国民だけに絞ったり

そういった対象の日本語教師が
ベストでしょうね。

仮に生徒に、

タイ人とインドネシア人の生徒がいるならば

せめて彼らの言語が
どのような発音をして、
どんな日本語発音が難しいか

タイ語とインドネシア語の構造を
比較して、どんな文法の違いがあるか

など、それくらいは調べておく
意欲を持ってやると良いでしょう。

それがプロの教師の役目です。

お金を稼げる日本語教師のプロの道

語学を愛する立場として

語学教師の理想は高く、

そうなって欲しいのが私の願いです。

そして以前にも述べたのですが、

可能な限り、

どこの国の人を中心に生徒にするか
あらかじめ決めておくのが良いでしょう。

そして、

中国人中心にするなら中国語を

英米人を中心にするなら英語を

海外に行って日本語教師となり
日本語を教えるのであれば、

その国の言葉をマスターしましょう。

日本国内で教える場合でも、

日本語教師に必要な知識を学ぶと同時に
学習者の母国語について、

できるだけ一定の知識を
持つことをおススメします。

ちなみに、外国人が日本語を学ぶ場合、

その学習者の割合は、

7割が、

中国語、英語、スペイン語

を占めるそうです。

日本語を教えるのは案外難しい

日本語の教師になろうとする
人の中には、

安易な考えでこの職業を
選んでしまう人がいます。

日本語なら母国語だし
なんとかなるでしょう、、

との思いで目指してしまいがち
なのですが、

そんなに甘いものではありません。

日本語を教えるのは案外難しい
稼げる日本語教師のプロの道は
厳しいものなのです。

きちんと勉強しなければ、
良い教師にはなれませんし、

結局、日本語教師として
ライフワークとしてやっていくのは
難しくなっていきます。

日本語教師の世界とは
かなり奥深いものなのです。

中途半端なスタンスでいては
ならないことを肝に銘じておくべきでしょう。

もし日本語教師になりたいと
思ったならば、

ぜひ試しに、友人の外国人相手に
などでいいので、日本語を教えてみて下さい。

想像以上に難しい事を
身にしみると思います。

稼げる日本語教師の仕事の探し方

さて、日本語教師として、

一定の実力がついたのならば、

次は仕事探しです。

もちろん、既存の学校で、
教師としての職場を見つけることは
可能ですが、

もし事情が許すのであれば、

数年外国に渡って教師をしてみる

と言うのは素晴らしい選択肢と思います。

若い人であれば、

海外インターンシップや、

海外協力事業団などで
経験を積むのもいいでしょう。

また、外国人ビジネスマンを
中心とした、ビジネス日本語を
専門にした教師の道も存在します。

このような可能性を探し、

自ら進んで営業活動したり

ビジネスの習慣や異文化コミュニケーションを
学んで、それを教える付加価値として
授業の中に加えれれば、

教師としての評価を
大きく高めることができるのです。

稼げる日本語教師のプロの道を
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>