通訳ガイド試験に突破、合格する秘訣、スクール、勉強法のコツ


今回のテーマは、

通訳ガイド試験に突破、合格する
秘訣、スクール、勉強法のコツ

について紹介します。

語学の勉強と試験に合格する為の
勉強というのは、

似ているようで違いがあり、
違いがあるようで似ている所があります。

特に語学の場合は、
習得に上限がありません。

新しい言葉専門用語は
常に増えていくものですから、

言うなればおわりなき学習の継続が
必要なものです。

とは言えもちろん、

勉強量、学習の質によって
レベルが上がるのは言う間でもありません。

しかし試験に合格するというのは
あくまで目的が明確だという事です。

一定の傾向や基準があり、

それを超えなければどれだけ
外国語で会話できるとしても

点数がとれなければ合格できません。

点数をとる為に効率よく
学ぶことが求められます。

この辺りを上手く
考えながら学ぶことが秘訣です。

通訳ガイド試験に突破するためのスクール

とにかく試験に突破して、
合格したいならば、

スクールに通って
効率的に学ぶのが効率よいでしょう。

代表的な通訳ガイドの
専門スクールとしては

ハロー通訳アカデミーや
富士通訳ガイドアカデミーなど
があります。

ハロー通訳アカデミーは
通訳案内士試験の受験専門予備校として、

合格者全国ナンバーワンを誇っています。

教育理念は

「合格に必要な事は何でもする。
必要ない事は一切しない」

という一次試験から二次試験まで
合格突破する為の授業が
提供されています。

英文読解、英文作文など
英語に関する受験指導以外も、

日本地理、日本歴史、一般常識
についても指導され、

外国人講師が実践的な
口述試験対策授業を行ってくれます。

通学コースも、通信教育コースも
あるようですから、

興味がある人は問い合わせを
してみてはいかがでしょうか。

通訳ガイド試験の合格者による勉強法のコツ

もちろん独学で学ぶことも良いでしょう。

ガイド試験の合格者に聞いてみると、

たいてい自己採点では90点くらい
取れたと思う、と言います。

まず過去問等を入手してから
あなたの受験言語の問題を解いてから、

自己採点をしてみましょう。

90点以上取れなかったら、

どの分野の実力が足りないか
分析してみます。

私の周りの話を聞く限り、

受講者全般に言える大きな壁が
作文力と語彙の不足です。

語彙に関しては努力次第でなんとか
成るでしょうが、

作文力は大きな壁になります。

独学では向上させるのが
難しい分野でしょうね。

作文ができる人は、解釈において
読み誤りも少ないので、

そのまま精進すれば、
必ず一次試験をクリアできます。

その素地は十分に持っているので
そのまま頑張って下さい。

ガイド試験の二次試験である
会話の二次試験は、

一次をクリアできるくらいしっかりした
文法力、語彙力が会話で使用できれば
楽にクリアできるはずですが、

私の知り合いで二次試験に
落ちてしまった人もいます。

翌年無事クリアできたのですが、

こういう人は、読み書きは良くできるが
会話を勉強する機会が少ないのです。

このタイプの人の勉強法のコツは、

時間的、経済の許す限り
現地の学校などに3カ月ほど行って、

感ず目になって会話やヒアリングの
練習に励めば、

すぐに楽に話せるようになるでしょう。

外国に行けない人は、

練習台になってくれる
ネイティブの友人を見つけ

集中して会話して勉強する
事をおススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>