高収入を稼げる高いスキルレベルの通訳者になる為にすべき事


今回のテーマは、

高収入を稼げる高いスキルレベル
の通訳者になる為にすべき事

について紹介します。

通訳というのは、

通訳スクールを修了した
からといっても、

それで必ずしもプロの通訳者
になれる訳ではありません。

通訳案内士は例外として、

通訳には国家資格はありません。

つまり逆に言えば、

資格やライセンスががなくても
「私は通訳者です」と名乗れば、

今日からあなたも通訳者になる事が
できるということです。

しかし、通訳者を名乗るだけでは
どんなに待っていても仕事は来ません。

高収入を稼げる高いスキルレベルの
通訳者になる為にすべき事
戦略や考え方をシェアします。

スポンサーリンク

通訳者が仕事を得る手段

基本的に通訳の仕事は、

エージェンシーの登録し、
その組織を通じて与えられた
仕事をして経験を積むのが王道です。

通訳の仕事を依頼する側も
まずエージェントに連絡を取る
事が多いからです、

特定の部門に強いと言われる
エージェントもあるようなので、
チェックしてみると言いでしょう。

他にも自分でクライアントを捜し
仕事をしていく、フリーランスとして
働くだけでなく、

企業で企業内通訳者として働いたり、
派遣会社を介して通訳を
行う事も可能です。

そう言う意味では、

仕事の始め方やタイミング
は人それぞれなのですが、

やはり積極的に仕事をもらい、
チャレンジし経験を積んでいく事
が大切な事です。

高いスキルレベルの通訳者になる為には

通訳を目指す人の場合、

もちろん、基礎学力を固めることが
第一の要素です。

その上で、可能ならば通訳の
専門技術を習得できるような
学校などに通い、

そこで頭角を現して、認めてもらう

それが最良の方法でしょう。

独学で語学力を付けるのも
不可能ではないですが、

通訳に特有の専門技術を
身につけるならば、

やはり専門家の指導を
受けるのが一番ではないでしょうか。

通訳養成学校のレベルが高く
しっかりしている所は、

ほとんどが東京大阪に集中
しているようです。

が、こういったしっかりした学校は
関連会社なども多く、

翻訳、通訳サービスを扱っている
場所も多いので、

後で仕事を獲得したいときに
有利になりそうです。

日本にも、わずかながらですが

大学内で通訳技術を学べる
所もあるようです。

英語以外の通訳も高収入を稼げる

ほとんどが英語でしょうが、

アメリカやカナダの学校では、
通訳になるコースがある学校も
少なくないのですが、

それ以外の言語の場合、

学習機会を見つける可能性は
少ないのが現状でしょう。

だからこそ、英語以外の言語で
通訳ができるプロの需要は
高まってきています。

もちろん、学校に通わず、

実力に自信のある人が仕事を探す
可能性もない訳ではありません。

この場合、仕事の前に
通訳の試験をしているエージェント
が、より実力を評価してくれるでしょう。

道場破りをする意気ごみで
挑戦してもいいかもしれません。

このような考えを持つ人は

帰国子女や海外赴任の経験が
豊富な人に多いと思うのですが、

ガイド通訳や通訳技能検定試験など

資格を取っておくとより有利になると思います、

高収入を稼げる通訳者になるには

最終的には、
どんな仕事であっても

お客様が求めるものを
よく考えてそれを提供できるか?

にかかっています。

通訳の仕事もサービス業であり

どれだけ人間関係や
コミュニケーションができるか?

にかかっています。

どれだけ語学力があっても
そこに人が介在する通訳は
人にかかっているのです。

多少実力が劣っていても
人から好かれているほど

次の仕事に繋がり、
指名される事が多いようです。

こうなれば仕事も安定し
高収入を稼げるようになるでしょう。

通訳の仕事というのは、

人前で立って話す機会や、
専門語がわからず緊張で頭が白くなる

など、最初は失敗も多いでしょうが、

慣れてスキルアップ、
場を踏むごとに上手くなるでしょう。

日常レベルの通訳ができる
人は多いでしょうが、

本当のプロと呼べる人は
ほんの一握りしかいません。

だからこそ、高度な技術を
身につけた人材なら、

ハイレベルの能力を有する
通訳者の需要はどんどん増えていくでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>