高収入を稼げる高いスキルレベルの産業翻訳家になる為には


今回のテーマは、

高収入を稼げる高いスキルレベル
の実務(産業)翻訳家になる為には

について紹介します。

出版翻訳より地味な分野ですが、
本当は遥かに仕事の需要が多いのが、

産業翻訳(実務翻訳とも呼ぶ)
の分野です。

フリーの翻訳者が、

企業などから直接に、
或は翻訳会社を通じて

依頼を受けて翻訳に取り組み、

原稿料の形で報酬を受けるものです。

翻訳されたものは依頼した
企業や機関の名前で、

限られた人たちに配布されます。

翻訳者の名前は明記されないのが普通で、

印税のようなストック収入ではなく、

原稿料と言う一回きりの
フロー収入である事が通常です。

あるいは実務翻訳の仕事の
ひとつとして、

収入を確実に得られるのが
社内翻訳もあるでしょう。

企業の社員、あるいは派遣会社
からの派遣で、

社内の業務として翻訳の仕事をして、
給料の形で報酬を受け取ります。

そんな産業、実務翻訳家として

高いスキルレベルの高収入を
稼げる仕事をするための
戦略や考え方をシェアします。

スポンサーリンク

実務翻訳家の仕事の需要

産業翻訳の需要は、

特に分野によっては爆発的に
増えています。

経済の国際化の範囲と深さによって
収入額も変わってくるでしょう。

この辺りの先見性を持つ事が
この分野で稼ぐには大切です。

例えば、

1980年代までは、
製品の輸出入、貿易の分野は
需要が多かったですが、

最近ではソフトウェアの
分野が増えたりと、

経済の浮き沈みがあるのが特徴です。

産業翻訳家を目指す人への
アドバイスとしては、

もし既に翻訳の実力がある
という人は、

自分で営業活動をし
仕事を取って行くのも良いですし、

エージェント登録して
そこから仕事をもらうのも良いでしょう。

ただ、ふらふらしないためにもどちらかに
方向性は決めておく方が良いと思います。

産業翻訳家、実務翻訳家として
基本的な語学力が必要なのはもちろん、

専門を絞る事が、

高収入を稼げる産業翻訳家に
なる為には必要でしょう。

日本語でもあらゆる分野の
文章を理解できる人は
いません。

判決文を理解できるのは
法律の専門家だけでしょうし、

そう言った法律の専門家が、

パソコンの最新技術、
競馬の予想記事、最近のファッション
などは分からないでしょう。

なにかどれかひとつかふたつ
位なら理解できるでしょうが、

興味のない文章であれば
良く理解できなくて当然です。

万能語学屋さんでは
稼げる人にはなりません。

分野を絞り込んで
オンリーワンの技術を持つ事が
高収入を稼げる産業翻訳家になる
為には必要な考え方です。

高いスキルレベルの産業翻訳家になる為に

また、そもそも語学力、

自分がまだ翻訳家として
実力が十分なのか分からない人は

翻訳会社に応募して試験を受けたり、

翻訳学校の講座を取り、講師に
実力を判定してもらうと良いでしょう。

そこで太鼓判を押されれば、

後は営業活動を進めるのみです。

ただ、もし自分に実力がないと
感じる人は、

もちろんですが、

実力を磨くのが先決ですね。

もし、まだ翻訳家として

実力が足りないと感じるならば、

翻訳学校に行くのも良いですし、
もし知人に既に翻訳家として
活躍している人がいるならば

あなたの比較的得意分野で
簡単な仕事の下訳などをさせてもらい

実力を見てもらいながら、
レベルアップに励んでも良いでしょう。

この段階では、

語学力がそもそも不十分なのか、

日本語の訳文が稚拙なのか、

専門語や分野特有の
文体になっていないのか、、

などなど、自分に欠けている
部分を明確に知ることは重要です。

自分に足りない部分を知ることにより、

次にどうすればそれを克服できるか
考え、実行していけるのです。

高収入を稼げる高いスキルレベルの
業務翻訳、産業翻訳家になる為に
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>