高収入を稼げる高いスキルレベルの文芸翻訳家になる為には

高収入を稼げる高いスキルレベルの文芸翻訳家になる為には
今回のテーマは、

高収入を稼げる高いスキルレベル
の文芸(出版)翻訳家になる為には

について紹介します。

一般に翻訳という時に
頭に浮かぶのが、

いわゆる文芸翻訳、出版翻訳でしょう。

本屋に行けば多くの
翻訳書が並び、訳者の名前が
書かれています。

そう言った翻訳書を眺めれば、

出版社に翻訳の需要が
ある事がすぐに分かります。

だから翻訳の仕事の中で、
最も目につきやすいのがこの分野でしょう。

もちろん出版翻訳にも
いくつも形態があるのですが、

一般的にフリーの翻訳者が
出版社からの依頼を受けて取り組み、

訳書には訳者名が明記され、

印税という形で売り上げに応じ
出版社から翻訳者に
報酬が支払われる仕組みです。

そんな文芸翻訳家が高収入の
仕事をするために

高収入を稼げる高いスキルレベルを得る
戦略や考え方をシェアします。

スポンサーリンク

高収入を稼げる文芸翻訳家はごく一部

出版翻訳の需要は
大雑把にしか分かりませんが、

翻訳書は年間に数千点発行
されていると言います。

このうちのかなりの部分は、
専門書として、

学者や研究者などが
専門家向けに訳するものなので、

フリーの翻訳者の仕事には
なりません。

職業としての翻訳家にとって
対象になるのは、

年間1千点を上回るほど、

正確な数字は分かりませんが、
もし数百人の翻訳家がいるなら、

一年に1冊、2冊と継続的に
出版ができる人はかなり少ないです。

実は、目につきやすい業界ですが、
需要そのものは多くありません。

もちろんベストセラーの翻訳
などができれば印税も増えるので
金銭的にはメリットがあります。

いかにそこに食い込むか?

が高収入を稼げる文芸翻訳家になる為に
必要な戦略と言えるでしょう。

実力だけでは稼げるかどうかは
何とも言えないのがこの分野でしょう。

高いスキルレベルの文芸翻訳家になる為に

文芸翻訳家を目指す人は、

産業翻訳と違い、実力さえあれば
仕事に恵まれると言う世界ではないので、

実力を蓄えておいて、
チャンスを積極的にとりに行く

という戦略を取る必要になるでしょう。

翻訳学校に行ける人は、
それが一番の近道でしょうから、

その学校内で実力を表せていけば
翻訳コースの先生などから、

下訳の仕事が回ってくる
事もあります。

また学校が出版社に紹介してくれる
事も良くあります。

また何かしら出版社とコネを
持つことができると

出版社側から、翻訳本の
翻訳依頼が回ってくる事もあるので、

こういう時に実力を示せれば
出版翻訳のチャンスが巡ってきます。

とにかく、実力を磨きながら、

チャンスを得るための
活動をする事が大切ですね。

稼げる文芸翻訳家になる為には

文芸翻訳の世界で成功したいなら

もちろん、自分で面白い作品を見つけ
翻訳し、出版社に持ち込む

という手もなくはありません。

が、これですぐに仕事していける
可能性は少ないかもしれません。

もちろん編集者が思いつかないような
面白い企画を持っていけば企画
されない事もないのですが、、

海外のブックフェアなどに行って
積極的に自分を売り込む人もいて、

そういう姿は見習うべきかもしれません。

が、一般の出版と同様に

採用される可能性は大きいとは言えません。

もしあなたがこれから大学受験しようとする
高校生ならば、まずは大学で文学などを専攻し、

或は専門+語学力のスキルレベルをあげて、

大学教授など研究職を目指すのも
良いかもしれませんね。

これはある意味オーソドックスな
方法とも言えます。

その研究分野で知名度が高まれば、

翻訳作品などを世に出す
チャンスは自然と増えて行くでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>