外国語、語学をネイティブの先生に学ぶメリットとデメリット


今回のテーマは、

外国語、語学をネイティブの
先生に学ぶメリットとデメリット

について紹介します。

一般的に日本の
大手語学学校や英会話教室などは、

ネイティブの教師をそろえている

という所をアピールしている
場合がほとんどですし、

「語学はネイティブに学ぶべき!」

という神話のようなものが語学学習者の
中でも常識化していますが、

実は一概に、
語学はネイティブに学ぶべきと
アドバイスするのは問題があると思います。

ネイティブの先生に学ぶのは
メリットもデメリットもあるのです。

スポンサーリンク

語学をネイティブの先生に学ぶデメリット

日本では中学校から大学まで
10年間学んでも英語を
話せない…

日本の外国語教育には
大きな欠陥があるという
意見は良く言われる事です。

学校教育における、

発音もできない日本人教師、

文法の細かさや正確さだけを
重視した重箱の隅をつくような授業、

受験の為だけの
知識の詰め込み教育、

これらの教育には弊害がある、

それは確かに一理ある意見ですが、

だからと言ってネイティブに
語学を学べば良い!

というのは論理の飛躍でしょう。

語学教師はバイリンガルであるべき
という私の信念を前回紹介
したのですが、

つまり、

英語の教師であろうとするならば、

英語ができるのは当然として、

同時に、英語を母国語とした人に
日本語が教えられると言う事です。

この方針から行けば、

日本国内の語学教師は
プロが少ないと感じるのです。

例えば、英会話学校などに行くと
たくさん外国人教師がいますが、

彼らは日本語がしゃべれないどころか
教授法も知らない、

ただネイティブなだけの人も
多く存在します。

もっとひど場合、ネイティブですら
ない場合もあるのですが…

このような教師についてしまった場合
語学の上達はかなり困難になってしまいます。

むしろ語学学習の妨げになる
デメリットとなる事もあり、

お金を払い、時間を使い、
上達しない…では、

外国語に対してトラウマが
身に付く事にもなりかねません。

ネイティブの先生の欠点とデメリット

ただネイティブなだけの語学教師…

彼らはほんの少し日本語が出来ても
正確ではない日本語を使い
文法構造も全く理解していません。

それどころか、母国語の
英語に関しても、

音素や、表現法、教授法を
全く理解しておらず、

自分にどういう訛りがあるかを
自覚していないような、

中途半端な知識を持った人
を多く見かけることがあります。

TESL、TEFL

といった第二言語としての英語を
教えるための必要な国際資格
があるのですが、

それを持っている人でも、
日本語が出来ていない、

或いは第二外国語をマスター
していない人は

私はあまり信用していません。

そのような外国人教師には
多くを期待しないほうが賢明と思います。

外国語を教えるのは高度なスキルが

ネイティブだけの人に
言葉を学ぶ事のデメリット、

逆に考えれば分かると思います。

あなたは日本語のネイティブのはずです。

では何の予備知識、前提知識もなしに
外国人に日本語を教えられますか?

簡単な会話や単語を教えるのは
もちろんできるでしょう。

しかし日本語がどう成り立っていて
どういうプロセスで教えるのか?

よく分かっていないはずです。

そうです。

言語を教えるというのは
想像以上に専門的な技術が必要なのです。

スポーツの世界でも

「名選手は名監督に非ず」

という言葉があるように、

「できること」と「教える事」
はまったく違うスキルなのです。

特に語学の世界ではこの
傾向が顕著にあります。

給料とビザの為に適当に
日本で遊んで暮らしたいと言う

教育の心のかけらもない
マジメとは言えない外国人に
言葉を学ぶよりも、

日本人でしっかりとした
プロセスを踏んで外国語を習得した

日本語も外国語もできる

あなたの先輩のような人に学ぶ方が、
よほど為になるはずです。

とは言え、語学の上達に関して、
ネイティブの上手い活用法もあります。

次回はネイティブを活用した
語学学習法について紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>