フランス語の”ウイ”と日本語の”ハイ”英語の”Yes”は少し違う


今回のテーマは、

フランス語の”ウイoui”と
日本語の”ハイ”英語の”Yes”は少し違う

について紹介します。

言葉というのは奥が深いです。

ただ意味だけを考えれば、

フランス語で「ウイ oui」と言えば、

日本語で言えば「ハイ」
英語で言えば「YES」という意味ですが、

フランス語を知らない
普通の人でもこの意味は理解しています。

しかし、そっくりそのまま
フランス語の「ウイ」=日本語の「ハイ」
と訳すだけでは物足りないのです。

フランス語の「ウイ」と日本語の「ハイ」は
若干違うニュアンスがあり、

そういった繊細な言葉の違いを
理解することは、通訳で活躍する為、

語学力を活かして仕事をするうえで
非常に重要な要素と言えます。

フランス語の”ウイ・oui”はハイ?

通訳の友人の話でこんな
エピソードがあります。

フランス語の通訳として
セネガル人との商談をしていた
時の事です。

条件交渉の段階にきたとき、

相手のセネガル人商人は
通常の相場の倍近い値段を
吹っかけてきたそうです。

そしてクライアントさんである日本の
ある商社の部長さんは少しだけ
フランス語が出来たそうで、

ただの相づちとして

「ウイ、ウイ」

と答えたそうなのですが、

結局部長さんは

「それでは前向きに検討しておきます」

というので、

通訳の彼は、そのまま

「前向きに検討する」とセネガル人に伝えました。

すると、セネガル人は

「彼は「ウイ」と言ってるじゃないか!
ちゃんと通訳しているのか?」

と怒りだしたそうののです。

文化的背景と言葉の意味の関係

フランス語で「ウイ」とは
もちろん日本語では「ハイ」
という意味なのですが、

日本語では軽い相づちでも
「ハイハイ」というのに対し、

フランス語の「ウイ」には
もう少し強い承諾の意味があるのです。

このような会話が通訳の世界には
たくさんあることも良く理解して
おいて欲しいです、

という意味でも
通訳に向いている人として

性格的にはもちろん

明るくて人付き合いがうまい
積極的な人が向いているのは
言うまでもありません。

ですが、同時に通訳というのは、
サービス精神が旺盛でないと務まりませんし
相当の体力も要求されます。

異なる文化の背景を持つ言語間で
コミュニケーションを取ると言うのは
想像以上に大変な仕事なのです。

通訳の世界も奥深い

文化的背景を持たない同士の
クライアントさんの間に入って、

配慮をしながら瞬時に通訳していく
のは神経をすり減らす仕事です。

この為に、同時通訳というのは
重要な通訳の仕事だと、

一人で長時間続けて
通訳するという事は通常しません。

一人一時間程度、
2人のチームを組んで交代して
通訳をしていくのが普通なのです。

フランス語の”ウイ”と
日本語の”ハイ”英語の”Yes”は
やはり少し違うのです。

小学生でも知っている
初歩の言葉ひとつとっても、

色々な解釈ができるのです。

価値観や文化や習慣が違う

という事は単に語学力があるだけでは
通訳の仕事は勤まらないのです。

専門知識や専門用語の理解とともに、

幅広い強要や日本とは違う
外国の文化を理解する事が
必要なのです。

だから人間の異文化の
コミュニケーションは
興味深い事ですし、

語学ができる事、
あるいは通訳や翻訳の
仕事をする上でも、

意義のある事なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>