語学力で異文化の架け橋となる通訳の仕事の種類は多岐に渡る


今回のテーマは、

語学力で異文化の架け橋となる
通訳の仕事の種類は多岐に渡る

について紹介します。

日本と外国の距離は
ますます縮まっており、

世界のグローバル化は
加速しています。

そこで語学力を使った仕事の
需要はますます増えています。

今回紹介したいのは通訳系の仕事です。

翻訳の仕事と同様に、通訳の仕事も
種類がかなり多様にあります。

異なる言語を話す人と人の
間でコミュニケーションの
懸け橋となる通訳、

誰しもがテレビやビジネスシーンで
通訳を介して話をする
場面を見たことがあると思います。

スポンサーリンク

通訳の仕事の種類は多岐に渡る

現代のグローバル化した社会では、

共通言語となりつつある
英語が教育で重視されており、

企業によっては昇進、昇格に
TOEICのスコアが使われています。

また帰国子女も珍しくない時代、

簡単な日常会話くらいなら
なんとか外国語で話せる

という人も増えています。

しかし通訳者のレベルは
そこから遥かに高い所にあります。

しかし一言で通訳と言っても

その仕事内容は多岐にわたり、
それぞれの分野でその専門家がいるのが
一般的なようです。

外国人とのコミュニケーションの場
が増えている中、

文化や社会、生活習慣を
踏まえた上での

コミュニケーションは

ビジネス上の理解を深めるだけでなく
異なる文化を理解して

トラブルを防ぐ意味でも重要です。

異文化の架け橋となる通訳の仕事

通訳という仕事は、

外国語を自国語に訳す事が
主な仕事ですが、

言葉を直接置き換えるだけでは
真意が伝わらない事もままあり、

高度な語学力が必要です。

その人を取り巻く
社会や文化の違いも含めて、

日本語の表現力も求められる、
一瞬の判断力も求められていきます。

これから語学力を活かして仕事がしたい、

その道の一つとして
通訳の道を考えているのであれば、

まずは全体像を把握しておくことは
大切な事でしょう。

それぞれ解説をして行きます。

さらに、仕事のレベルや要求される
実力も翻訳以上に幅があると言えるでしょう。

何回かに分けて紹介して行きましょう。

通訳の仕事の種類、まずは花形

まずは代表的な種類の通訳の仕事と言えば、

1.国際会議同時通訳

同時通訳は、通訳界の花形です。

憧れる人も多いのではないでしょうか。

ただ、

言うまでもなく、語学力や専門知識の面で
最高レベルの知識が要求されます。

日ごろからの努力と、絶え間ない情報収集
体力と知力が必要です。

同時通訳への道は狭き門ですが、

アプローチ法は、いたってシンプル。

民間の同時通訳学校に行き、
そこで頭角を現すことです。

狭き門でしょうが、覚悟がある人は
ぜひ進んでみて下さい。

2.政府、官公庁の通訳

これも、同時通訳並みの高いレベルが必要な
道です。

ただ、同時通訳と違い、
民間がこの職に付くのは難しい

という点があります。

ただ、単発系なら以外と仕事もあるので、

官庁にコネの強い通訳会社で
実績を作るのが、現実的でしょう。

通訳の仕事の魅力は、

やはりこうした政治経済の最新の
情報や専門の知識に

直に直接触れられる点でしょう。

「歴史的と言える瞬間に立ち合えた」

「普段では合えないような
世界的な著名人に会う事ができた」

「個人では滅多に行けないような
素晴らしい場所や建物を訪れる事ができた」

など、経験を通じたやりがいが
この仕事の醍醐味といえるでしょう。

高度な語学力と文化や生活習慣の
違いを理解して、

日本と外国との架け橋となる
こうした通訳者は

いわば国と国を結ぶ
役割を果たす仕事と言えます。

責任とハードルは高いですが
ぜひチャレンジしてください。

次回からも語学力を活かした
多岐に渡る通訳の仕事の種類を
紹介していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>